brandブランド

世界のワイナリーとブランドをご紹介。ワインの造り手を知れば、もっとワインが好きになる!なかなか知ることが出来ないワイナリーの歴史から特長まで分かりやすく解説します。

おいしいお料理とワインは毎日の暮らしを彩ってくれます。少しだけカラダに気遣いながらいつまでもはつらつと暮らすライフスタイル。そんなバイタリティあふれるあなたにおすすめしたいのが、「ポリフェノール/有機酸でおいしさアップシリーズ」です!ブドウには過酷な自然から身を守るための知恵と生命力がたっぷり詰まっています。 毎日のグラス1杯の楽しみの時間を、うれしい時間に変えてみませんか?

ソムリエ、ワインテイスターとしてマルチに活躍する大越基裕さんが、サッポロビールのプレミアム日本ワイン「グランポレール」のアンバサダーに就任されました。 大越基裕さんにアンバサダー就任についてはもちろん、グランポレールの魅力や今後の活動について語っていただきました。

ふくろうのラベルが目を引くフランスワインのミティーク。アイコンとなっているふくろうには、ミティークのワインを造りだしている生産者たちの思いが込められています。今回は、フランス最大のワイン産地・ラングドッグ地方が送り出す、本格派ワインのミティークについて、詳しくご紹介していきます。

ビオマニア<オーガニック>は、サッポロビールのワイン開発チームが世界中のワイナリーから厳選したオーガニックワイン。オーガニックにこだわりのある「ワインマニア」も納得できる品質のワインに仕上がっています。今回は、まだオーガニックを試したことがないという方にもおすすめの、ビオマニア<オーガニック>の魅力をご紹介します。まずは、オーガニックワインとビオワインについての解説からスタートします。

フランスのワイン新興地であるガスコーニュ地方に、革命児ともいわれるワイナリー、ドメーヌ・タリケがあります。もともとはアルマニャックという蒸留酒を造っていたのですが、ワイン造りにも乗り出し、今では世界中のワイン愛好家から絶大な評価を得るワイナリーとして知られています。今回はドメーヌ・タリケの歴史と、代表的なワインをご紹介いたします。

「テタンジェ」といえば高級レストランで見かける機会が多いシャンパーニュ(シャンパン)です。世界ではシャンパーニュの代表的なメゾンとして高い人気を誇ります。 テタンジェの魅力は品質の高さとテタンジェ家による家族経営ならではの独自性です。どのようなメゾンなのか詳しく紹介しましょう。

南米の高品質でリーズナブルなワインとして、チリと並んであげられるのがアルゼンチンワインです。 今回は、アルゼンチンワインを語るうえで外せないワイナリー、「ファミリア・ズッカルディ」の魅力とともに、アルゼンチンワインについてご紹介します。

リーズナブルで飲みやすいと人気のオーストラリアのワインブランド[イエローテイル]。ワラビーのアイコンと、カラフルなラベルが特長の[イエローテイル]は、スーパーなどのお酒コーナーでよく見かけることができます。何度か目にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。 ここでは[イエローテイル]について詳しく知りたいという方のために、基本情報・ヒストリーなどをご紹介!また[イエローテイル]の赤ワイン・白ワイン・スパークリングワインの種類とそれぞれの特長についてもお伝えします。

2017年、チリワインの日本への輸入量がフランスを上回り、3年連続で1位を維持しています。 ワインショップではたくさんのチリの銘柄のワインを見かけるようになり、1位であることが実感できますよね!その中でも特に注目のワイナリー、サンタ・リタをご紹介します。

フランス南部に位置するプロヴァンス地方は、フランスで最も歴史のあるワインの産地として有名です。プロヴァンス地方は、世界でも有数のロゼワイン産地で、その実力は、ロゼと言えばプロヴァンスと言われるほど。 ここでは、そのロゼワインで有名なプロヴァンス地方の中でも、コート・ド・プロヴァンスの「クリュ・クラッセ」に格付けされている名門ワイナリー、「ミニュティー」の魅力について解説します。 ミニュティーと一緒に楽しめる、おすすめの料理もご紹介しますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

イタリアワインで高品質なものを楽しみたいなら、ピエモンテ州とともにトスカーナ州は外せません。 今回は、トスカーナ州のワインに焦点をあてて、その魅力をご紹介します!おすすめのトスカーナ産ワインもピックアップしたので、ぜひ試してみてくださいね。

ローヌワインは、ボルドーやブルゴーニュとともにフランスを代表するワインのひとつです。ローヌ川流域に広がる産地で、太陽の日差しをたくさん受けてブドウは育つので、“太陽のワイン”とも呼ばれます。 大きな特長は、気候や土壌などの違いから北と南でブドウ品種や味わいなどの個性が異なること。赤ワイン、白ワイン、ロゼワインもおすすめの、バラエティ豊かな産地です。 ボルドーやブルゴーニュ以外にもフランスワインでお気に入りを見つけたい!という方へ、ここではローヌワインの魅力とおすすめのワイン情報をご紹介します。

いまや、世界有数のワイン産地としての地位を確固たるものとしたアメリカ。カリフォルニア州を筆頭に、アメリカのワイン産地といえば、オレゴン州やニューヨーク州、そしてワシントン州があります。 今回は、ワシントン州の中でも最大級の規模を誇る代表的なワイナリー『コロンビア・クレスト』について、その魅力と輝かしい受賞記録の数々をご紹介します。

白スペインバルのブームなどにより、パエリアやタパスといったスペイン料理が身近なものになりました。スペインでよく飲まれるワインも気になりますよね。今回はスペインが原産地とされている、黒ブドウ品種であるテンプラニーリョ種と、それに合う料理をご紹介します。情熱の国スペインが生み出す香り高い深紅の赤ワイン、テンプラニーリョ種の魅力を存分に楽しんでください。

白ワインに使われるブドウの一種、リースリング種は、ドイツを代表するワイン用ブドウのひとつです。 ドイツのみならず世界各地で愛されているブドウ品種で、アメリカでは2008年からほぼ毎年夏に『Summer of Riesling(サマー オブ リースリング)』というリースリング種を主体にしたイベントも開催されています。 リースリング種は様々な季節やシーンにマッチする白ワインです。その魅力について、特長や合う料理を中心にご紹介します!

白ブドウの品種といえば、シャルドネ種を思い出す方が多いと思いますが、ソーヴィニヨン・ブラン種も白ワインの人気品種の一つです。辛口白ワインの代表品種として名を馳せており、まず知っておくべき品種と言えるでしょう。そのフレッシュで爽やかな飲み口は、様々な料理との相性がよく、気軽に楽しむことができます。フレッシュで爽やかで飲みやすさのある白ワインからチャレンジしてみたい、というワイン初心者の方にも最適ではないでしょうか。 今回は、白ブドウの品種であるソーヴィニヨン・ブラン種について、その特長や産地、相性のよいお料理をご紹介いたします。

イタリアのスパークリングワイン、ランブルスコをご存知でしょうか。イタリアワインを楽しむうえでは外せないアイテムの1つなので、聞いたことがある方もいるかもしれませんね。 ここでは、ランブルスコの魅力について、おすすめの飲み方とともにご紹介しています。スパークリングワインは飲んだことがあるけれど、ランブルスコは未経験!という方もぜひ挑戦してみてください。

コドーニュ・グループは1551年創業の歴史あるワイナリーです。スペインで初めて生産されたスパークリングワインのカバは、スペイン王室御用達です。さらに、スペイン国内売上ナンバー・ワン!今回は、そんなコドーニュ・グループの特長とおすすめのワインをご紹介します。

フランス、ロワール・ワインの一角を担うギィ・サジェは、多くの個性的なワインを世に送り出しています。とにかく、いろんな味を楽しみたい!自分はどういった系統が好きなのか、研究してみたい!そんな時は、多様性に富んだギィ・サジェ社のワインに挑戦してみてはいかがでしょうか。

「ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」を2度受賞、歴史と確かな実力で選ばれるワイナリー「ピーター・レーマン」。140を超える契約農家が栽培するブドウは個性に富んでおり、ワインの多様性を生んでいます。今回は、そんなピーター・レーマン・ワインズの魅力についてご紹介します。

イタリアを代表するフルーティーな白ワイン、「ソアーヴェ」をご存知でしょうか?キャンティと並んで日本では有名なイタリアワインなので、ワイン好きの方であれば、耳にしたことがあるかもしれません。歴史も古く、古代ローマ時代から評判が高かったそうです。ここでは、ソアーヴェの特長や歴史、おすすめのワインを紹介します。

イタリアワインを代表する「バローロ」または「バルバレスコ」をご存知でしょうか?この有名な赤ワインの産地は、イタリア北部のピエモンテ州にあります。今回は、そのピエモンテ州にある老舗の名門ワイナリー「テヌータ・カレッタ」をご紹介します。

イタリアワインはあまり詳しくないという方でも、一度は耳にしたことがあるのがキャンティではないでしょうか。キアンティと記載されることもあります。とても有名なキャンティですが、どのようなワインかと聞かれると、イタリアの赤ワインということ以外話せない人も多いかもしれません。今回は、イタリアの超有名ワイン、キャンティに迫ります。

2018年で創業160年という長い歴史をもち、スペイン王室をはじめ、多くの著名人も魅了し続けてきたマルケス・デ・リスカルは、スペインワインを語るうえでは外せないワイナリーの1つです。 マルケス・デ・リスカルの歴史とワイン、そして合わせやすい料理もご紹介します。こちらを参考にワイナリーの歴史を感じながら、スペインバル気分を家でも味わってみてください。

マオリ語で「総本家」を意味し、ニュージーランドで初めてソーヴィニヨン・ブラン種を植樹したワイナリー「マトゥア」。フレッシュでおいしいニュージーランドワインの代名詞的存在です。ここでは、ニュージーランド マトゥアのこだわりのワイン造りと、どのようなワインがラインアップされているのか紹介します。

気分転換やリフレッシュにワインはおすすめの飲み物。しかし、数あるワインの中から選ぶのは難しくもありますよね。 そんなワイン選びに悩んだ時におすすめの、おいしく手軽に飲めるチリワイン、ペリートをご紹介します!

140年以上の歴史を持つナパ・ヴァレー最古のワイナリーである、「ベリンジャー」。世界で初めて赤ワインと白ワインの両方で“ワイン・オブ・ザ・イヤー”を獲得したベリンジャーの歴史やワイナリーの特長、商品についてご紹介していきます。

日本の風土を活かした世界に誇る日本のプレミアムワイン・グランポレール。風土を知り抜く栽培家が良質なブドウを育て、情熱とこだわりを持つ醸造家の手によってブドウの才能が開花して生まれるグランポレールについて、ここで詳しくご紹介していきます。 ぜひあなたもグランポレールの魅力を知って、その味を楽しんでくださいね!

ワインの生産地といえばフランス、次にイタリアやスペイン、カルフォルニア(アメリカ)あたりが思い浮びますよね。 最近ではチリやニュージーランド、オーストラリアといった、いわゆるニューワールドのワインもシェアを拡大しています。 その中でも人気の高いオーストラリアのワイナリー「ペンフォールズ」に注目してみましょう!