デキャンタージュとは?向いているワインと向いていないワイン

デキャンタとは?ワインをデキャンタージュする方法を徹底解説!

レストランでワインを注文すると、ときどきソムリエから「デキャンタージュ」をすすめられることがあります。デキャンタージュの際に使うガラスの容器が「デキャンタ」です。
このデキャンタを使ったデキャンタージュ、なぜワインに必要なのでしょうか?ワインにデキャンタが必要な理由と、デキャンタージュの方法を紹介します。  

デキャンタとは?ワインをデキャンタージュする方法を徹底解説!

デキャンタとは?デキャンタージュと何が違うの?

デキャンタとは、ワインを移し替えるガラス容器そのものを指します。一方、デキャンタージュはワインをボトルからデキャンタに移し替える作業のことです。

デキャンタの容量や形状に決まりはなく、くびれのあるガラスボトルのようなものもあれば、アヒルのように横長のデキャンタもあります。見た目は様々ですが、ワインボトル1本以上の容量がポピュラーです。

デキャンタと混同されやすいものに、カラフェがあげられます。カラフェもワインを移し替える容器のことを指していますが、特長はワイン以外にも使用することです。

カラフェはワインの他にも水やジュースなど様々な飲み物の容器としても活用されています。例えばカフェの水差しとして各テーブルに置かれているものは、カラフェです。

デキャンタージュをするとワインがおいしくなる3つの理由

デキャンタとは?ワインをデキャンタージュする方法を徹底解説!

デキャンタージュをすると、ボトルから直接注いだ時に「ちょっと飲みにくいな」と感じていたワインが、おいしく感じるようになります。ワインを容器に移し替えただけで味は変わるものなの?と不思議に思う方は多いでしょう。

なぜデキャンタージュをするとワインがおいしくなるのか、そこには3つの理由があります。

1.ワインの中の澱を除くため

デキャンタとカラフェのもう1つの違いとして、ワインの澱を除く役目があります。赤ワインの中には澱が含まれており、通常はボトルの底に溜まっていますが、ボトルを持ち歩いたり横にしたりと動かした拍子に浮遊してしまいます。

澱が含まれていると、ざらついた口当たりになるためワインのおいしさを楽しむことができません。デキャンタで澱を取り除くことで、口当たりも楽しめるようになります。

2.味わいをまろやかにするため

抜栓した直後のワインは、飲みにくさを感じることもあります。特に渋味や酸味が強いワインに感じることがよくありますが、すぐに料理に使用したりせず、デキャンタ―ジュすることで、そのワインの良さを引き出すことができるかもしれません。

デキャンタージュによって空気が適度に含まれ、ワインの酸化を促すと、全体的にまろやかな味わいになります。

3.香りを開花させるため

抜栓しても香りが立たず、どこか閉じているように感じる時も、デキャンタージュがおすすめです。熟成期間が短いワインはデキャンタージュで空気に触れさせると香りが開くため、本来の香りや味わいを楽しめます。

ワインの香りの中には、不快に感じるにおいも少なくありません。デキャンタージュはこれら不快なにおいを和らげる効果もあります。

デキャンタージュに適している・適していないワインって?

デキャンタとは?ワインをデキャンタージュする方法を徹底解説!

デキャンタージュで効果を得られるワインもあれば、特に意味を成さない場合もあります。また、ワインを購入する時もデキャンタが必要かどうか判断するために、ある程度デキャンタージュに適している・適していないワインを知っておくと便利です。

この項目ではデキャンタージュに適しているワインと適していないワインそれぞれの特長を紹介しているため、ぜひ購入時の参考にしてみてください。

デキャンタージュに適しているワイン

熟成したワインは、熟成が進む過程の中で澱が発生しやすくなります。前述したとおり、澱は味わいや舌触りに大きく影響する要素の1つです。デキャンタージュで澱を取り除いておくと、熟成した深みのある味わいを雑味なく楽しめるでしょう。

例えばボルドーワインやポートワインなどは澱が沈殿していることが多いため、デキャンタージュに向いています。

ちなみに、澱を取り除いたり香りを開かせたりするデキャンタージュの効果を最大限に活かすことができるワインは、熟成したものだけではありません。若いワインもデキャンタに移し替えるとおいしく飲める場合があります。

多くの若いフルボディのワインも、デキャンタージュに最適です。若いフルボディのワインは抜栓後にタンニンが強く、香りが開いていないことがあります。飲む前にデキャンタージュで適度に香りを開かせると、おいしく味わえるでしょう。

また、還元臭がするワインにも、デキャンタージュをするのがおすすめです。還元臭とは硫化水素による不快なにおいで、ワインの醸造課程の中で生じます。デキャンタージュすると還元臭も緩和でき、本来の味わいに戻る可能性があります。

デキャンタージュに適していないワイン

上記のようにデキャンタに移し替えることで舌触りや味わい、においの不快感が解消されるワインもあれば、デキャンタージュ自体に適していないワインもあります。

例えば白ワインはタンニンが少ないため、デキャンタージュするとかえって酸味が強まったり繊細な香りが失われたりするリスクが考えられます。スパークリングワインも炭酸が抜けるため、デキャンタージュには適していません。

赤ワインであっても、繊細な味わいの赤ワインは避けたほうが無難です。ピノ・ノワール種で造られたものなど繊細な香りが特長的な赤ワインをデキャンタージュすると、せっかくの香りが飛んでしまうことがあります。

おうちで試そう!デキャンタージュの方法

デキャンタとは?ワインをデキャンタージュする方法を徹底解説!

デキャンタージュの基礎知識を覚えたら、実際に自分でデキャンタージュしてみましょう。ここからはデキャンタの使い方を紹介します。注意点として、澱があるワインをデキャンタージュする場合は、1週間ほど前からワインボトルを立てて保管しておき、澱を瓶底に沈めておくようにしましょう。

1.キャップシールを全て外す

ボトルの口には、コルクを覆うようにキャップシールが巻かれています。ボトルネックの太くなっている部分のすぐ下側にソムリエナイフで一周切り込みを入れて剥がすと、コルク部分に触れないため衛生的です。

2.コルクを引き抜きボトルの口を拭く

コルクの屑がボトルに入らないよう慎重にコルクを抜き、ワインボトルの口をふきましょう。デキャンタにごみやほこりが入ってしまわないように注意してください。

3.利き手にワイン、反対の手にデキャンタを持つ

利き手にワインボトル、反対の手にデキャンタを持ってください。ワインボトルは下のほうを包むように、デキャンタはくびれている細い部分を持ちましょう。

4.ワインもデキャンタも傾ける

ワインとデキャンタ、両方を傾けてゆっくりとワインをデキャンタに注ぎます。

5.キャップを外したところにライトを当て、ゆっくりワインをデキャンタへ注ぐ

ボトルの下1cmほどの部分には澱が溜まっています。澱がデキャンタに入らないよう慎重に、でも途中で止まることなく行いましょう。ボトルのネック部分を下からライトで照らして澱がないことを確認しながら、慎重に移し替えることをおすすめします。ライトは、懐中電灯でも電気スタンドでも大丈夫です。

ポイントは、ライトとボトルのネック部分と自分の目が一直線になるようにすること。ソムリエでも気を使う部分ですので、ゆっくり慌てずデキャンタージュしてください。

番外編:澱(おり)のないワインの時は?

若いワインの場合、澱がほとんどないワインもあるでしょう。若いワインのデキャンタージュでは、澱を気にせず「たっぷり空気に触れさせる」ことに重点を置いてください。デキャンタにワインボトルを立て、勢いよく注ぐと味や香りが開きます。

おすすめのデキャンタをご紹介

デキャンタとは?ワインをデキャンタージュする方法を徹底解説!

デキャンタの形状は複数種類あり、用途別に大まかに分けると若いワイン用と熟成したワイン用の2通りです。

ここではデキャンタージュに挑戦してみたい方へ、おすすめのデキャンタ3種類を紹介します。

RIEDEL <デキャンタ> アップル

RIEDELデカンタ-アップル

その名のとおり、ボディが全体的にリンゴを思わせる形状をしたデキャンタです。戸棚や冷蔵庫に入れやすい高さに設計されており、置き場所に困らないメリットがあります。

リンゴのようにふっくらとしたカーブは可愛らしく、赤ワインを注ぐとテーブルを華やかに彩ってくれるデキャンタです。

WINE MARKET PARTY

テクノデキャンタ

機能性はもちろん、デザイン性にもこだわりたいという方におすすめなのが、こちらのテクノデキャンタです。注ぎ口を斜めにカットすることで使い勝手をアップさせつつ、すっきりとした見た目でおしゃれな印象を与えてくれます。

 

WINE MARKET PARTY

Birdy DC700 デキャンタ

プロの愛用品を真似してみたい!と考える方は、バーテンダーを中心に業界関係者から注目を集めているBirdyのオリジナルデキャンタはいかがでしょうか。独自の研磨技術によって内面に凹凸が施されており、ワインを素早くまろやかにしてくれます。

また、ステンレス製のため割れる心配がなく、広めの注ぎ口は洗いやすいメリットもあります。

WINE MARKET PARTY

まとめ

ワインをデキャンタージュするソムリエの姿は、とても魅力的で美しいですよね。しかしデキャンタージュはパフォーマンスではなく、ワインの味や香りをより良くするために行うものです。

ちょっと上質な赤ワインを手に入れた時や、記念年のワインを手に入れた時には、ぜひデキャンタージュに挑戦してみてください。

デキャンタの容量や形状には様々なものがありますので、自宅でデキャンタージュに挑戦したい方は好みのデキャンタを探すところから始めてみましょう。

一方でデキャンタージュは、デキャンタがないとできないわけではありません。口の広いピッチャーが自宅にある方は、お手頃価格のワインでデキャンタージュを試してみてはいかがでしょうか。味わいの変化を楽しんでみてくださいね。

デキャンタの購入はこちら

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

WINE MARKET PARTY

 

記事の先頭へ戻る