ワインの表現「ボディ」とは?基本用語ボディについて解説!

まずは覚えたいワインの基本用語「ボディ」について徹底解説

ワインの味わいを表現する言葉のひとつに、「ボディ」があります。何となくイメージできてはいるものの、「ワインの何を示しているのかはっきりと知らない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ワインでよく使われるボディという言葉について解説していきます!好みにぴったりと合うワインを見つけるために、ぜひ参考にしてみてください。

まずは覚えたいワインの基本用語「ボディ」について徹底解説

そもそもワインの「ボディ」とは味わいを表現した言葉!

ワインの「ボディ」とは、赤ワインの重さを表す言葉です。赤ワインのボディは3つの段階に分かれており、重い順からフルボディ、ミディアムボディ、ライトボディとなります。

ちなみに白ワインの味わいを表すときは、主に「甘口」「辛口」に分かれます。

「フルボディ」とは濃厚で重みのあるワインのこと!

まずは覚えたいワインの基本用語「ボディ」について徹底解説

濃厚で重みのある赤ワインを楽しみたい方は、フルボディを選びましょう。フルボディはコクがあり、重厚感のある味わいが特長です。ポリフェノールの一種であるタンニンが豊富に含まれているため、しっかりと赤ワイン独特の風味を楽しむことができます。

おすすめワイン

フルボディの赤ワインを飲む機会が少ない、という方は、親しみやすいこちらの1本から挑戦してみてください。

ポートレート カベルネ・ソーヴィニヨン

ピーター・レーマン ポートレート カベルネ・ソーヴィニヨン(参考小売価格:税抜2,000円)

カベルネ・ソーヴィニヨン種のみを使用した、オーストラリアの赤ワインです。ブラックベリーやカシスなどを思わせる黒系の果実のアロマに、樽由来のダークチョコレートの香りが合わさった濃厚な香りが特長です。味わいはしっかりとしつつ、やわらかい渋味と果実味が感じられ、余韻も長く楽しめます。

 

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

ちなみにフルボディで飲みにくいと感じた赤ワインは、デキャンタージュをすることで口当たりがまろやかになり、飲みやすくなることもあります。

デキャンタージュについては以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひあわせてチェックしてみてください。
「デキャンタとは?ワインをデキャンタージュする方法を徹底解説!」

「ミディアムボディ」「ライトボディ」の味わいは?

濃厚なフルボディよりも軽めの味わいを楽しみたいという方は、ミディアムボディやライトボディの赤ワインから試してみてはいかがでしょうか。ミディアムボディとライトボディそれぞれの特長と違いは、次のとおりです。

ミディアムボディの味わい

まずは覚えたいワインの基本用語「ボディ」について徹底解説

ボディの中間に位置するミディアムボディは、渋味や味の重みに関して、非常にバランスが取れているのが特長です。香りも程良いため、汎用性が高いワインでもあります。

さまざまな料理と合わせやすいため、ワイン選びで迷ったときはミディアムボディを選んでみても良いでしょう。

おすすめのワイン

ミディアムボディの赤ワインを楽しみたい方へ、ぜひおすすめしたいのが、こちらの1本です。

C472BGファウンダース ピノ・ノワールN12入G01外観

ベリンジャー ファウンダース・エステート ピノ・ノワール(参考小売価格:税抜2,008円)

ピノ・ノワール種の華やかな香りをもち、タンニンが穏やかで気品さを感じられる赤ワイン。

フルーツやハーブなどの香りに、スパイスと燻製香が融合した味わいを堪能できます。

複雑味があるのも魅力のひとつで、滑らかな渋味とフルーティーな味わいの両方を楽しめるため、ご家庭のテーブルワインとして最適です。

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

ライトボディの味わい

まずは覚えたいワインの基本用語「ボディ」について徹底解説

ライトボディの赤ワインは、その名のとおり軽やかで誰でも親しみやすい味わいをしています。色が比較的淡く、赤ワインでありながらあっさりとした味付けの料理によく合います。

普段は白ワインをメインで楽しんでいるという方は、ライトボディの赤ワインから試してみてはいかがでしょうか。

おすすめのワイン

ライトボディの赤ワインを初めて体験するという方には、こちらの1本がおすすめです!

T994LRボージョレ・ヴィラージュG01外観

ラブレ・ロワ ボージョレ・ヴィラージュ(参考小売価格:税抜1,588円)

フランスを代表する銘醸地、ブルゴーニュで栽培されたガメイ種の赤ワインです。イチゴなどのベリー系の香りとバナナのような甘い香りが特長的です。凝縮した果実味のフレッシュで華やかな味わいを楽しめます。

タンニンが控えめで、程良い酸味もあるため、洋食だけではなく和食にも合わせやすいです。

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

相性の良い料理を知ってボディの奥深さを楽しもう!

ワインは赤や白の違いに加えて、ブドウ品種やボディなどさまざまな要素によって、合う料理が変わってきます。いろいろ挑戦して自分に合う組み合わせを探すのも、楽しみ方のひとつです。

とはいえ、せっかく合わせるなら、ある程度ベストな組み合わせや傾向は知っておきたいですね!そこでここでは、ワインのボディごとに相性の良い料理を紹介します。こちらを参考に、オリジナルの組み合わせやアレンジにも挑戦してみてください。

フルボディに合う料理

濃厚なフルボディの赤ワインに合わせるなら、タンニン由来の渋味や重さと相性の良い料理を選びましょう。たとえば以下のような定番のお肉料理は、フルボディのワインだからこそ一層おいしく感じられます。

ローストビーフ

まずは覚えたいワインの基本用語「ボディ」について徹底解説

フルボディの赤ワインには、リブロースやサーロインなどのロース肉を使用した、ローストビーフがよく合います。特におすすめしたいのが、和牛の最高級のロースです。サシがきれいに入っており、赤身とは異なる柔らかい食感と濃厚な味わいを楽しめます。

濃厚で渋味のあるフルボディが、ローストビーフらしい肉の旨味や甘味を引き出してくれます。

さらにこまかな部分をあげると、ローストビーフに使用するソースも赤ワインを選ぶときの目安としておすすめです。チーズなど濃厚なソースなら渋味がより強い赤ワインを、醤油などさっぱりとしたソースなら、渋味が比較的少ないものを合わせてみてください。

牛肉の赤ワイン煮込み

まずは覚えたいワインの基本用語「ボディ」について徹底解説

牛肉の赤ワイン煮込みなど、赤ワインを使用した煮込み料理との組み合わせもおすすめです。料理とワインを色で合わせ、さらに香りや味わいでも合わせるため、お互いの魅力をよく引き立ててくれます。

ちなみにイタリアのピエモンテ州には、「ブラザート」という牛肉料理があります。食中のワインも同じバローロを合わせると、まさに舌がうなるディナーとなるでしょう。

また、赤ワイン煮込みは牛すじ、牛ほほ、牛すねなど、いろいろな部位のお肉を楽しめるメリットもあります。

ミディアムボディに合う料理

フレッシュさも楽しめるミディアムボディに合わせるなら、フルーティーな酸味も楽しめる肉料理がおすすめです。たとえば以下のような料理ならソースの酸味とミディアムボディのフレッシュな酸味がよく合います。

ハンバーグ

まずは覚えたいワインの基本用語「ボディ」について徹底解説

ミディアムボディの赤ワインは、トマト系のソースやデミグラスソースのハンバーグと相性が良いため、ぜひ一度は試してみてほしい組み合わせです。

ベリー系の香りが特長的なミディアムボディの赤ワインを選ぶと、よりハンバーグの風味とマッチします。

ボロネーゼ

パスタ料理と合わせるときは、イタリアのボローニャ発祥と言われるボロネーゼがおすすめです。ボロネーゼはひき肉とトマトを煮込んだソースを使用するため、酸味と旨味をバランス良く味わえます。

特にフレッシュな果実味があり、程良い酸味もあるミディアムボディの赤ワインとの組み合わせがおすすめです。

ライトボディに合う料理

軽やかな飲み口と味わいが特長のライトボディは、素材の味を引き出すシンプルな料理とよく合います。和食で定番の肉料理とも合わせやすいため、たとえば以下の料理と組み合わせてみてはいかがでしょうか。

焼き鳥(塩)

まずは覚えたいワインの基本用語「ボディ」について徹底解説

焼き鳥の中でも、ライトボディの赤ワインに合うのは塩だけでシンプルに味付けたしたタイプです。タンニンが控えめでフルーティーな味わいの赤ワインは、特によく合います。

脂の多い部位の焼き鳥も、塩味に仕上げたものならライトボディの赤ワインと味のバランスが取れるためおすすめです。

豚の生姜焼き

まずは覚えたいワインの基本用語「ボディ」について徹底解説

あっさりとした肉料理と言えば、豚肉料理も外せません。豚の生姜焼きは醤油ベースのたれが赤ワインと相性が良いため、料理とワインの両方をしっかりと楽しめます。

焼き鳥と比べると濃厚な味付けですが、ライトボディの赤ワインと合わせると、程良い酸味とバランスよく調和してくれます。

さらに「ボディ」を知ってワインを楽しもう

まずは覚えたいワインの基本用語「ボディ」について徹底解説

ボディはワインの重さを表すと同時に、合わせる料理を選ぶときの指標にもなります。より料理とワインのマリアージュを楽しむためには、ボディそれぞれの特長や見分け方を知っておくことが大切です。

ボディを見分ける方法

レストランなどでワインを選ぶとき、ボディを目安にしようとしても「どれがフルボディでどれがミディアムボディだろう?」と見分けがつきにくいときもあります。そんなときもスムーズに選べるよう、ボディを見極めるときの3つのポイントを紹介します。

アルコール度数を確認

ワインのボディを見分けるポイントのひとつとして、アルコール度数の違いがあげられます。アルコール度数が高いものは「重い」、低いものは「軽い」と表現されることが多いです。

とはいえ、アルコール度数の低い赤ワインであっても、コクがあり、しっかりとした渋味を感じれるものであれば、フルボディと表現されます。

また、アルコール度数はワインのコクに強弱をつける要素でもあります。コクのある口当たりを楽しみたいときは、アルコール度数も高いフルボディの赤ワインがおすすめです。

ブドウ品種を確認

まずは覚えたいワインの基本用語「ボディ」について徹底解説

ワインの原料となるブドウ品種も、ボディを見分けるポイントです。タンニンが豊富なブドウ品種を使用した赤ワインは、フルボディと表現されやすくなります。

フルボディ、ミディアムボディ、ライトボディの赤ワインそれぞれで使用される、代表的なブドウ品種は以下のとおりです。

・フルボディ:カベルネ・ソーヴィニヨン種、シラー種
・ミディアムボディ:ピノ・ノワール種
・ライトボディ:ガメイ種

アルコール度数もブドウ品種もあくまで傾向ですが、ボディを見分けるヒントの一部として活用してみてください。

ワインの色合いを確認

ボディの違いによって、ワインの色も異なってきます。

フルボディは色が濃く、深いガーネット色を帯びています。一方、ライトボディは色が淡く、透明感のある赤紫色です。

ミディアムボディは、色合いがやや薄めで、濃いルビー色をしています。

白ワインは「ボディ」で表現することもある

まずは覚えたいワインの基本用語「ボディ」について徹底解説

赤ワインだけではなく、白ワインを「ボディ」で表現することもあります。白ワインもフルボディ、ミディアムボディ、ライトボディの3種類があり、主にブドウ品種や使用されるブドウ品種の比率で分類されます。

ワインの色も指標のひとつとなりますが、熟成や品種で異なるため、色だけでボディを判断することはできません。

あくまで傾向ですが、白ワインのライトボディは透明感があり、緑がかったライトイエローのフレッシュな印象が特長です。

ミディアムボディになるとややイエロー寄りに、フルボディになると黄金色や麦わら色を思わせる深みのあるワインとなります。

※ワインについては、記事掲載時点での情報です。

まとめ

赤ワインを選ぶときに、ひとつの指標となるのが「ボディ」の違いです。何となく重いものはフルボディ、軽いものがライトボディとイメージできている方も多いでしょう。

アルコール度数や使用されているブドウ品種、色合いの深さなどもボディを見分けるときの重要なポイントです。同じ赤ワインでもボディが違うだけで料理と合わせたときの印象も大きく変わります。料理との組み合わせを考えるときは、ぜひ赤ワイン・白ワインの違いだけではなく、ボディごとの違いにも注目してみてくださいね。

おすすめの赤ワインの購入はこちら

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

記事の先頭へ戻る