ワインのアルコール度数の目安は?度数の高いワインと低いワイン

ワインのアルコール度数について|なにで決まるのか?

ワインのアルコール度数を確認すると、ワインによって度数が高いものもあれば、低いものもあります。そのため、ワインのアルコール度数はどのように決まるのか疑問に感じている方もいることでしょう。

この記事では、ワインのアルコール度数はどのように決まるのか、またアルコール度数の目安について紹介します。アルコール度数の高いワインと低いワインの違いについても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

世界はロゼを選んでる!ロゼワインの魅力をお届けします

ワインのアルコール度数について|なにで決まるのか?

ワインのアルコール度数ってどれくらい?

ワインのアルコール度数はどれくらいなのでしょうか?目安を紹介します。

ワインのアルコール度数の目安

厚生労働省によると、ワインのアルコール度数の目安は12%です。

出典:「健康日本21(アルコール)」(厚生労働省)

しかし、ワインにはたくさんの種類があるため度数もさまざまで、アルコール度数が12%よりも高いものもあれば低いものもあります。

アルコール度数は、ラベルに表記されているので確認してみましょう。海外のワインであれば「ALC」と表記されている部分を確認するとアルコール度数が何%かわかります。

ほかのアルコールと比べると?
ワインのアルコール度数について|なにで決まるのか?

では、ほかのアルコールと比べて、ワインのアルコール度数は高いのでしょうか?それとも低いのでしょうか?

前述した厚生労働省の資料によるとほかのアルコールのアルコール度数の目安は以下のとおりです。

・ビール5%
・日本酒15%
・焼酎35%
・ウイスキーやブランデー 43%

ワインのアルコール度数はビールよりも高いですが、焼酎やウイスキー、ブランデーよりは低いです。アルコールの中でも中間の位置にあるといえます。

赤ワインと白ワインはどっちが高い?

赤ワインと白ワインのアルコール度数を比較すると、赤ワインは11~15%程度、白ワインは9~14%程度です。

白ワインに比べて赤ワインのほうがアルコール度数は少し高めな印象ですが、種類によっては逆になることもあるので一概にはいえません。

ワインのアルコール度数はどう決まる?

種類によってアルコール度数が異なるワイン。アルコール度数はどのように決まるのか、みていきましょう。

ブドウの品種
ワインのアルコール度数について|なにで決まるのか?

ワインのアルコール度数はブドウの品種によって異なり、糖度が高いブドウの品種だとアルコール度数が高くなりやすい傾向があります。

ワインはブドウ果汁に酵母を加えることで造られますが、酵母は糖を分解してアルコールを生成するため、糖度が高いほどアルコール度数が高くなるのです。

そのため、糖度が高い品種のブドウを使って造られたワインは、糖度の低い品種を使ったものと比較してアルコール度数が高くなりやすい傾向にあります。

ブドウの収穫時期

ブドウの収穫時期によってもアルコール度数が変わります。

ブドウを通常の収穫時期よりも1週間以上遅らせる手法を遅摘みといいますが、遅摘みのブドウは果実に糖分が凝縮されます。その過程で糖分が高くなるため、遅摘みのブドウを使って造られたワインはアルコール度数が上がるのです。

アルコール度数の高いワインを造るために、わざわざ遅摘みの手法が採用されることもあります。

ブドウの産地
ワインのアルコール度数について|なにで決まるのか?

ブドウの産地もアルコール度数に関係しています。気候が温暖で日照時間が長いところで栽培されたブドウは糖度が高くなる傾向にあるため、アルコール度数の高いワインが造られやすいです。

反対に涼しい気候で日照時間が短い地域で育ったブドウは糖度が低いため、アルコール度数も低くなる傾向にあります。

発酵方法

ワインのアルコール度数に関わっているほかの要素は発酵方法です。アルコール度数は発酵が進むにつれて上がってくるため、発酵時間が長いほうがアルコール度数の高いワインとなります。

アルコール度数が低い・高いワイン

アルコール度数が低いワインと高いワインにはどんなものがあるのか、詳しく紹介します。

アルコール度数が低いワイン
ワインのアルコール度数について|なにで決まるのか?

アルコール度数が低いワインを飲みたい方は、以下の3つのワインをお試しください。

・ランブルスコ

赤いスパークリングワインです。ランブルスコは、製造過程においてブドウ果汁の糖分がまだ残っている状態で発酵を止めるため、アルコール度数が抑えられたワインに仕上がっています。

ランブルスコについて知りたい方は以下の記事をご参考ください。
「赤いスパークリングワイン・ランブルスコを楽しく飲むコツ」

・モスカート・ダスティ

イタリア ピエモンテで収穫されるモスカート種で造られる白のスパークリングワインです。アルコール度数は5%程度で、微発泡、甘口のワインなので、アルコールが苦手な方にも飲みやすい飲み口に仕上がっています。

・リースリング

ドイツ国内で最も栽培されている白ブドウ品種リースリングを使って造られる白ワインです。ブドウが栽培される地域によって味わい、アルコール度数に変化がありますが、ドイツで栽培されたブドウを使ったものはアルコール度数が低く、甘口に仕上がる傾向があります。

リースリングについて知りたい方は以下の記事をチェックしてみてください。
「ドイツワインでおなじみのリースリング種の産地や特長」

アルコール度数が高いワイン
ワインのアルコール度数について|なにで決まるのか?

アルコール度数が高めのワインをお探しなら、以下の2つから選んでみてください。

  • ・酒精強化ワイン

醸造過程にアルコールを加えて造られた酒精強化ワインは、通常のワインより度数が高いのが特長です。酒精強化ワインと一口にいっても種類はさまざまで、赤ワインと白ワイン、甘口のものもあれば辛口のものもあるので、好みのものを選ぶことができます。

  • ・アマローネ

収穫後3~4ヵ月陰干ししたブドウを使用して製造されたイタリアの高級赤ワインです。最低2年以上樽熟成させ、瓶詰めした後も6ヶ月以上の瓶熟成を経て出荷されるのでアルコール度数が高めのワインに仕上がります。

アマローネについて知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
「高級イタリアワイン「アマローネ」とは?基本情報をご紹介」

まとめ

ワインのアルコール度数は、ブドウの品種や収穫時期、産地、また製造過程における発酵方法によって異なります。ワインによってアルコール度数が異なるため、ラベルで確認して選ぶと良いでしょう。

 

記事の先頭へ戻る

令和はロゼ!おしゃれでフレッシュなロゼはワイン初心者におすすめ!ロゼの記事一覧はこちら