シュール・リーとは?普通の白ワインとどんな違いがある?

透明感のある白ワインを造りだす「シュール・リー」とは

ワインが好きな方であれば「シュール・リー」というワイン用語を一度は耳にしたことがあるかもしれません。しかし、シュール・リーとは何かと質問されて答えることは難しいのではないでしょうか。

そこで今回は、シュール・リーとは何なのか、シュール・リーで造られたワインにはどんな特長があるのかをお伝えします。普通の白ワインとの違いについても解説しますので、参考にしてみてください。

透明感のある白ワインを造りだす「シュール・リー」とは

シュール・リーとは

発酵後の白ワインを澱の上で熟成させる醸造方法を、シュール・リーといいます。

シュール・リー(Sur Lie)はフランス語で、シュール(Sur)には「上に」、リー(Lie)には「澱」という意味があり、あわせて「澱の上」と訳されます。

醸造の特徴を表す端的な言葉である「シュール・リー(澱の上)」が、そのまま醸造方法の名前となったということです。

通常、白ワインの醸造の過程では発酵した後すぐに澱引きをします。しかし、シュール・リーは澱引きを行わず澱の上で醸造することで、酵母由来の風味や旨みをワインに与えることができるのです。

フランスのロワール地方が発祥ですが、世界中でも広く利用されている醸造方法で、日本の甲州種でも採用されています。

シュール・リーがワインに与える影響

透明感のある白ワインを造りだす「シュール・リー」とは

シュール・リーで醸造すると、ワインにはどのような変化が起こるのでしょうか。シュール・リーがワインに与える影響について解説します。

シュール・リー中に起こっていること

ワインを澱の上で熟成させるということは、発酵を終えた酵母とワインが接している期間が長くあるということ。

酵母がワインと接していると、アミノ酸などの旨み成分や多糖類が抽出されます。

シュール・リーをすると味が変化する?

低温で長期間、澱と接触することにより、澱に含まれるアミノ酸などの旨み成分がワインに溶け出し、香りやコクが加わります。
これが、シュール・リーで造られたワインのほとんどが、味わいのある白ワインとなる理由です。

シュール・リーで造られたワインの特長

透明感のある白ワインを造りだす「シュール・リー」とは

シュール・リーで造られたワインは、一般的な白ワインとどう異なるのでしょうか。シュール・リーで造られたワインの特長を解説します。

淡い色合いのワインになる

澱の上で白ワインが熟成されていく過程で発生する多糖類などがポリフェノールを吸着すると、ワイン中のポリフェノールの量が減少します。

ワイン中のポリフェノールの量が減少すると、白ワインの褐色化が抑えられるため、シュール・リーで造られたワインは一般的な樽熟成よりも色が淡くなるのです。

さわやかでフレッシュな香りを持つ

一般的にはワインが澱と接触しつづけていると、還元性イオウ化合物による還元臭がワインの中で発生してしまいます。

しかし、シュール・リーの場合は「バトナージュ」という澱を撹拌する工程が入ります。それによって、ワインの中の酸化還元電位が均一化され、還元性イオウ化合物が減少するため還元臭は発生しません。

澱が撹拌されることには、還元臭が発生しないようにする以外の利点もあります。

それは、澱が撹拌されることで、酵母の菌体から発生するアミノ酸がさまざまな成分と反応し、ワインに新しいフレーバーが生まれるということです。

そのため、シュール・リーを経たワインの香りは、さわやかでフレッシュな香りを持つようになります。

シュール・リーで造られたワインを紹介

透明感のある白ワインを造りだす「シュール・リー」とは

ここまででシュール・リーがワインに与える影響、またシュール・リーで造られたワインの特長について解説しました。

一般的な白ワインと違った醸造方法をすることで、色合いや香りにどのような変化がもたらされるのかという点について理解を深めていただけたのではないでしょうか。

では、実際にシュール・リーで造られたワインを味わってみましょう。シュール・リーで造られたワインを2本紹介しますので、ぜひお試しください。

J118ギィ・サジェ ミュスカデ・シュール・リーG01外観

ギィ・サジェ ミュスカデ・ド・セーブル・エ・メーヌ・シュール・リー(参考小売価格:税抜1,508円)

ギィ・サジェ社は、シュール・リー発祥の地フランス・ロワール地方にあるワイナリーです。ミュスカデ種のブドウを使って造られたこの辛口白ワインは、シュール・リーの特長であるさわやかさとコクを持ち合わせています。フレッシュな魚介料理との相性が抜群です。

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

MX30SBグランポレール 甲州 750G01外観

グランポレール甲州(参考小売価格:税抜1,808円)

日本でシュール・リーの醸造方法が採用されているブドウ品種として有名なのが、山梨県を中心に栽培されている甲州種です。国産プレミアムワインブランドのグランポレールでは、甲州種をシュール・リー製法で醸造して、フルーティーなアロマが感じられる辛口ワインに仕上げています。

澱の上でワインを熟成させることで、さわやかな酸味にコクとキレが加わったグランポレール甲州は、飲んでおきたい日本ワインのひとつです。

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

 

※ワインについては、記事掲載時点での情報です。

まとめ

ワインの醸造方法のひとつであるシュール・リー。白ワインを澱の上で熟成させて造るという特殊な醸造方法ですが、この方法で造ることで酵母由来の風味や旨味がワインに加わります。

シュール・リーで造られたワインは、ポリフェノールの影響による褐色化が押さえられ、淡い色合いに仕上がるのが特長です。また、渋味が少なくさわやかでフレッシュな香りのワインを醸造することができます。

ぜひ、グラスに注いで、シュール・リーを経たワインの美しい色合いとさわやかな味わいをお楽しみください。

シュール・リーのワインの購入はこちら

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

記事の先頭へ戻る