EAT

春にぴったりのおつまみ
「春巻き」に合うワインを探せ!

豚肉、たけのこ、椎茸などを皮で包んで揚げる中国料理の「春巻き」。生野菜と海老などの魚介類をライスペーパーで巻いて食べるベトナム料理の「生春巻き」。芽吹く春の食材を巻くことを起源とする料理ですが、どんなワインと相性が良いのでしょうか。WINE OPENER編集部員が検証したところ、ある法則が見つかりました! どんなワインが春巻きと合うのか、そのテイスティングの様子をお届けします。

text WINE OPENER編集部 photo よねくらりょう

「春巻き」に合うワインを探せ!

 

白、ロゼ、スパークリングワインで
揚げ春巻きと生春巻きをペアリング

春巻きと言っても「揚げ」と「生」があるので、今回はそれぞれに合うワインを選んでいきたいと思います。

辻井(編集部以下略):生春巻きにはライトボディで爽やかな味わいのワインを合わせたくなりますよね。

佐々木(編集部以下略):そうですね。生野菜の風味が入るので、青っぽい香りのある白ワインをイメージしますね。

磯崎(編集部以下略):魚介と相性の良いロゼも、生春巻きと合いそうな気がします。

辻井:一方の揚げ春巻きには、ふくよかな味わいのワインを合わせたくなりますね。

佐々木:辛口のスパークリングワインも、春巻きのオイル感をさっぱりと切ってくれそう。

磯崎:ロゼとスパークリングワインは、生春巻きと揚げ春巻きの両方でテイスティングしてみたいですね。

それでは実際にテイスティングしていきましょう。今回ご用意したワインはこちらの4本です。

 

テイスティングする4本

「春巻き」に合うワインを探せ!

ヌヴィアナ カバ<ブリュット>

フレッシュ感が心地よく果実味のある辛口のスパークリングワイン。

 

 

 

 

 

 

マトゥア リージョナル ソーヴィニヨン・ブラン マルボロ

フレッシュなハーブのニュアンスとシトラスフルーツのような味わいの白ワイン。

 

 

 

 

 

 

タリケ ロゼ

バラやベリーのアロマが漂い、ほんのりスパイス香も感じる辛口のロゼ。

 

 

 

 

 

 

ベリンジャー カリフォルニア シャルドネ

洋梨や桃のような香りと爽快な口当りが特徴の果実味あふれる白ワイン。

 

 

 

 

 

生春巻きに合うワインは
果実味と酸のバランスが重要!

「春巻き」に合うワインを探せ!

まずは生春巻きに合うワインから探していきましょう。

辻井:生春巻きにつけるスイートチリソースの存在が、かなり影響しそうな気がしてきました。

佐々木:たしかに。その視点で言うと、スイートチリソースの甘味と「ヌヴィアナ カバ<ブリュット>」の果実味が同じレベルで合ってます!

磯崎:前菜のペアリングにちょうどいいですね。本当においしい!

辻井:スイートチリソースの甘味がしっかりしているので、果実味のあるワインが生春巻きと合うんでしょうね。

佐々木:果実味よりも酸が高いと、ちょっと合わないのかも…。

ポイントは果実味と酸のバランスですかね?

佐々木:そうですね。スイートチリソースで生春巻きを食べる場合は、果実味のあるワインを選ぶと間違いないと思います。

磯崎:生春巻きに、パクチーなどのハーブ類をたくさん入れて食べるケースもありますよね?

佐々木:お家で生春巻きと食べるときは、パクチーはたっぷり入れちゃうかも。

磯崎:私もです。そういった場合は、「マトゥア リージョナル ソーヴィニヨン・ブラン マルボロ」の青りんごのような香りが生野菜と合うんじゃないかなと期待しているんですが、どうでしょう?

辻井:合いますね。「マトゥア リージョナル ソーヴィニヨン・ブラン マルボロ」は酸味もありますが、果実味がしっかりしているのでスイートチリソースにも合っていると思います。

佐々木:生春巻きの具材にはエビやサーモンなどの魚介が入ることが多いので、ロゼもいいかもしれませんね。

生春巻きと「③タリケ ロゼ」のペアリングはどうですか?

辻井:果実味も引き立つし、生春巻きの味わいも生かしてくれますね。

佐々木:スイートチリソースにも負けてない!サーモンやエビの塩味ともちょうどいいバランスだと思います。

磯崎:「タリケ ロゼ」がエスニック料理と合うと言われている理由がわかりますね。

辻井:味わいの強さが同じレベルなので合うのかも。

佐々木:生春巻きに合うのは、「タリケ ロゼ」と「ヌヴィアナ カバ<ブリュット>」の2トップですかね。

辻井:やはり「ヌヴィアナ カバ<ブリュット>」は酸味が高すぎないのが良かったと思います。スイートチリソースの甘さを感じた後に口に含んでも、酸っぱさを感じず、程よい果実味だけが引き立ちました。

「春巻き」に合うワインを探せ!

「ベリンジャー カリフォルニアシャルドネ」と
「タリケ ロゼ」の可能性

では続いて、揚げ春巻きに合うワインを探していきましょう。まずは「④ベリンジャー カリフォルニア シャルドネ」からテイスティングをお願いします。

佐々木:豚肉がたっぷり入った旨味の強い春巻きなので、「ベリンジャー カリフォルニア シャルドネ」のふくよかな果実味がとても合っています。

辻井: 豚肉と「ベリンジャー カリフォルニア シャルドネ」は相性いいですね。

磯崎:餡の味付けもしっかりしている春巻きなので、しっかりボディの白ワインが合う気がします。

佐々木:「ベリンジャー カリフォルニア シャルドネ」は樽の風味もあって、揚げ物などのメイラード反応した料理とはやはり相性がいいですね。

生春巻きでも試した「①ヌヴィアナ カバ<ブリュット>」はどうでしょう?

辻井:合わないことはないですが、「ベリンジャー カリフォルニア シャルドネ」のほうが合ってましたね。

佐々木:しっかりと冷やした「ヌヴィアナ カバ<ブリュット>」なら、揚げ春巻きのパリッとした食感と泡のさっぱり感が合いそう。

では「③タリケ ロゼ」はどうでしょう?

辻井:合いますね。果実味がしっかり引き立ちます。

佐々木:「タリケ ロゼ」の万能さを感じます。

辻井:前菜からお魚、豚肉や鶏肉くらいまで広く合わせられる、ガストロノミックなワインですよね。

佐々木:お家で春巻きだけを食べるケースは少ないと思うので、汎用性を考えるなら「タリケ ロゼ」はおすすめですね。

磯崎:揚げ春巻きはもちろん、焼売とも合いそう。

佐々木:点心系と「タリケ ロゼ」の提案は面白いかもしれない。

辻井:揚げ春巻きと赤ワインの相性も探ってみたかったのですが、ロゼのほうが合いそうですね。

磯崎:でもやっぱり、揚げ春巻き単体で考えると、「ベリンジャー カリフォルニア シャルドネ」が最高でした。

佐々木:ということは、揚げ春巻きにはロゼもいいけど、カリフォルニアワインのお手軽な白がおすすめということですね。

辻井:はい。「ベリンジャー カリフォルニア シャルドネ」はドンピシャでした!

ワイン単体では味わえない
マリアージュの楽しみを!

テイスティングの結果、揚げ春巻きには「④ベリンジャー カリフォルニア シャルドネ」、どちらにも合うのが「③タリケ ロゼ」という発見がありました。最後にお一人ずつテイスティングの感想を聞かせてください。

佐々木:ロゼの万能さは日頃から感じてはいたものの、生春巻きと揚げ春巻きと合わせてみて、改めてロゼの可能性を感じました。ロゼの色は春にぴったりですし、今年のお花見には「タリケ ロゼ」を準備して、ぜひ生春巻きと揚げ春巻きとのペアリングを楽しんで欲しいですね。

磯崎:果実味と酸のバランスがマリアージュのポイントになるということが、私の中ではとても勉強になりました。特に生春巻きにはスイートチリソースの甘さがあるので、酸が高くなく果実味のあるワインじゃないと合わせるのが難しいということも、新たな発見でした。

辻井:やっぱりマイベストは、揚げ春巻きと「ベリンジャー カリフォルニア シャルドネ」の組み合わせでしたね。揚げ春巻きの塩気や油味が口にあるなかで飲むと、ベリンジャーの果実味がすごく引き立って、蜜みたいなおいしい甘さを感じたんですよね。ワイン単体では感じられない味わいを楽しめた、とても楽しいマリアージュでした。

今回編集部が特におすすめしたい2本はこれ!

「春巻き」に合うワインを探せ!

タリケ ロゼ
参考小売価格:税抜1、328円

 

 

 

 

 

 

 


ベリンジャー
カリフォルニア シャルドネ
オープン価格

 

 

 

 

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

※ワインについては、記事掲載時点での情報です。