甘口のスパークリングワインの特長とおすすめワイン

スパークリングワインは、シュワシュワとした繊細な泡が口内で広がる心地よさと、すっきりとした後味が魅力のワインです。乾杯はもちろん、料理とのマリアージュも楽しむことができます。

今回は、数あるスパークリングワインの中でも甘口タイプに絞って解説します。おすすめの甘口スパークリングワインもあわせてご紹介しているので、ぜひ楽しんでみてくださいね。

世界はロゼを選んでる!ロゼワインの魅力をお届けします

甘口のスパークリングワインの特長とおすすめワイン

甘口スパークリングワインの特長って?

一般的なワインと同様に、スパークリングワインにも甘口・辛口の違いが存在します。甘口や辛口を決めるのは、使用したブドウに含まれる糖分量が大きく関係しています。ブドウ果汁が発酵されてワインとなるのは、糖分が酵母によってアルコールへ分解されるためです。

甘口のスパークリングワインは糖分の一部がアルコールに変わった時点で発酵を止めるため、多くの糖分が残ったままになっています。そのため辛口タイプと比べると糖分量が多く、反対にアルコール度数が低いのが特長です。ワインが苦手な方や初心者の方でも飲みやすいのは、この甘さとアルコール度数の優しさがあるからでしょう。

その他、後からドサージュといって糖分を追加することで甘みを調整する方法もあります。シャンパンなどで用いられている方法です。

スパークリングワインを購入するときに目安としたいのが、甘辛度の表記です。以下のように分かれているため、好みや合わせる料理にぴったりのものを選びましょう。

・エキストラ ブリュット(Extra Brut)…極辛口
・ブリュット(Brut)…辛口
・エキストラ ドライ(Extra Dry)…やや辛口
・セック(Sec)…やや甘口
・ドゥミセック(Demi-Sec)…甘口
・ドゥ(Doux)…極甘口

甘口のスパークリングワインを選ぶときは、上記の指標を参考にしてください。最初は甘口から始めて、「少し甘味が強いかな?」と思ったら、やや甘口に挑戦してみましょう。

甘口スパークリングワインの代表格

甘口のスパークリングワインの特長とおすすめワイン

スパークリングワインというと、フランスのシャンパーニュが有名ですが、その他の国でも魅力的なスパークリングワインがたくさん醸造されています。

「甘口のスパークリングワインはどれから始めれば良いの?」と迷ったら、まずはこちらでご紹介する定番アイテムから試してみてはいかがでしょうか。

・ランブルスコ(Lambrusco)

イタリアの代表的な赤のスパークリングワインです。その名のとおりランブルスコ種のブドウを使用しており、赤ワインが苦手な方でも飲みやすい甘さが魅力的な一本。

恵まれた大地を有する美食の街、エミリア・ロマーニャ州のレッジオ・エミーリアやモデナ、ロンバルディア州のマントヴァの3エリアで主に造られています。渋味が少なくイタリアの国内外で多大な人気を集めていますが、意外にもリーズナブルな価格で初心者さんにもおすすめです。

ランブルスコの詳しい情報はこちら
https://www.sapporobeer.jp/wine/wine_opener/article/lambrusco/

・アスティ・スプマンテ

同じく、イタリアで定番中の定番ともいえるのが、アスティ・スプマンテです。モスカート・ビアンコ種100%の白スパークリングワインで、マスカットらしい華やかな香りを楽しむことができます。

ちなみに、『スプマンテ』とはイタリアのスパークリングワイン全般をさす言葉です。同じアスティ・スプマンテでも醸造所によって瓶内で二次発酵を行うタイプとタンク内で二次発酵(シャルマ方式)するタイプがあるため、飲み比べてみるのも楽しいですよ。

・モスカート・ダスティ

炭酸の強いものが苦手な方におすすめなのが、こちらの微発砲タイプのスパークリングワインです。イタリアのピエモンテ州で栽培されるモスカート・ビアンコ種で醸造されたモスカート・ダスティは、アルコール度数が5%に到達した時点で発酵を止めます。

そのため炭酸の刺激もまろやかな仕上がりとなっており、飲みやすいのが特長です。果実味をしっかり感じられる甘味の強い味わいなので、スイーツ好きの方へ特におすすめです。

おすすめの甘口スパークリングワイン

甘口のスパークリングワインの特長とおすすめワイン

スパークリングワインの代表的な3本をご紹介しましたが、もちろん、イタリア産以外のスパークリングワインも魅力的なものがたくさんあります。

最後に、「もっといろんな国やタイプの甘口スパークリングワインを試したい!」という方へ、おすすめのアイテムをご紹介します。

キアリ ランブルスコ ロッソ

・キアリ ランブルスコ・ロッソ(参考小売価格:税抜850円)
https://www.sapporobeer.jp/product/wine/G430/

甘口でもさっぱりとした飲み口のものがご希望なら、『キアリ ランブルスコ・ロッソ』はいかがでしょうか。ランブルスコ種を使用した微かな甘口のスパークリングワインで、柔らかいタンニンの存在が甘さをちょうど良いものに調節してくれます。

イタリア料理の定番、ピザやパスタ、生ハムとのマリアージュに最適です。本場では日常的に飲まれており、イタリア気分を味わいたいときにもおすすめです。

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら

WINE MARKET PARTY

マルティーニ アスティ・スプマンテ

・マルティーニ アスティ・スプマンテ(参考小売価格:オープン価格)
https://www.sapporobeer.jp/product/wine/TP54/

白のスパークリングワインでほど良い甘さのものをお探しの方におすすめなのが、格付けDOCGの『マルティーニ アスティ・スプマンテ』です。食前酒としてはもちろん、デザートワインにも最適です。

ミラノの銘菓パストーネなど、菓子パンや焼き菓子ともよく合うので、手軽な昼食のお供にもいかがでしょうか。

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら

 

モスカート ダスティ DOCG

・カレッタ モスカート ダスティ DOCG(参考小売価格:税抜1,900円)
https://www.sapporobeer.jp/product/wine/PH59/

控えめな炭酸を味わうなら、『モスカート ダスティ』がおすすめです。ピエモンテの甘口微発泡ワインで、ブドウの香りを凝縮した仕上がりとなっています。

ほんのりと優しい口当たりなのでカステラやフルーツといったデザートにぴったりの一品です。

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら

WINE MARKET PARTY

 

[イエローテイル]モスカート・バブルス
・[イエローテイル]モスカート・バブルス(参考小売価格:税抜1,100円)
https://www.sapporobeer.jp/product/wine/LX89/

オーストラリアワインといえば、誰もが思い浮かべるのが[イエローテイル]シリーズでしょう。モスカート種100%で造られ、やや甘口に仕上がっているのが[イエローテイル]モスカート・バブルスです。

いちごを思わせるフレッシュな味わいは、食前酒にもグリーンサラダにも合わせやすいのが魅力です。モスカート種特有の自然で優しい甘さと、低アルコールな仕上がりが、気軽に飲みたいときにぴったり。ジェラートにも合うので、夏の定番としても良いですね。

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら

 

SBやさしい泡のスパークリングワイン<ロゼ>

・やさしい泡のスパークリングワイン〈ロゼ〉(参考小売価格:税抜320円)
https://www.sapporobeer.jp/product/wine/MY10/

「まずは手ごろに楽しみたいの!」という方は、日常的に使える『やさしい泡のスパークリングワイン〈ロゼ〉』から始めてみてはいかがでしょうか。日本生まれのロゼタイプで、フルーティーな甘口に仕上がっています。

泡立ちが優しく値段もリーズナブルなうえ、ちょうど良い250mlサイズ。美味しいチーズケーキを買ってひとりでまったり楽しむのにも、友達と宅飲みで盛り上がるのにもおすすめです。

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら

 

※ワインについては、記事掲載時点での情報です。

まとめ

シュワシュワな飲み口が魅力のスパークリングワインは、甘口と一括りにしても、ボトルごとにさまざまな特長を持っています。控えめな甘さのものが良いときには『キアリ ランブルスコ・ロッソ』を、定番を楽しみたいというときは『アスティ・スプマンテ』を、と気分に合わせて選んでみましょう。

こちらでご紹介したように、イタリア産以外のスパークリングワインも美味しいものがたくさんあります。それぞれの甘味や特有の香りを、ぜひ比べてみてくださいね。

甘口のスパークリングワインの購入はこちら

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら

WINE MARKET PARTY

記事の先頭へ戻る

令和はロゼ!おしゃれでフレッシュなロゼはワイン初心者におすすめ!ロゼの記事一覧はこちら