春らしいフレッシュなサラダと相性の良いロゼスパークリングを紹介

ワーママレシピ第四十三弾!フレッシュなサラダとロゼスパークリングで春を満喫しよう♪

こんにちは!ワイン部のワーママなつです!暖かく過ごしやすい春は、みずみずしくフレッシュな野菜をサラダにして食べるのがおいしい季節です。ロゼスパークリングワインもまた、フレッシュな飲み口と弾ける炭酸が特長のワインなので、サラダとの相性が抜群です。今回は、春にぴったりのサラダレシピと、辛口のロゼスパークリングワイン「ドゥーシェ・シュバリエ」を紹介します。普段の食卓に彩りを添えて、優雅で華やかな時間を楽しみましょう。

世界はロゼを選んでる!ロゼワインの魅力をお届けします

ワーママレシピ第四十三弾!フレッシュなサラダとロゼスパークリングで春を満喫しよう♪

香りと食感が楽しめる「春の豆とクスクスのアンチョビ風味サラダ」

最近は暖かくなり、春本番の兆しが見えますよね。さわやかな風がとても気持ち良く感じるこの頃です。青空いっぱいに咲く桜を、子どもたちと一緒に楽しみました。

しかし、春は季節の変わり目でもあり、寒暖差が大きいので体調管理にも気をつけたいところです。今回は旬の野菜を使ったサラダ料理と春色なロゼスパークリングワインで、休日を楽しみましょう!

材料&作り方

材料(2〜3人分)

クスクス 1/4カップ
グリーンアスパラガス 4本
さやから出したグリーンピース 50g
スナップえんどう 30g
いんげん 8本
塩 少々
オリーブオイル 大さじ1

  • ●ドレッシングの材料

粗く刻んだアンチョビ 4枚分
みじん切りした玉ねぎ 大さじ2
ケイパー 大さじ1/2
オリーブオイル 大さじ3
塩 少々
こしょう 少々

作り方

1.クスクスを耐熱容器に入れ、クスクスと同量の熱湯1/4カップを回し入れます。塩とオリーブオイルを加え、混ぜてからラップをかけて5分ほど蒸らしましょう。

ワーママレシピ第四十三弾!フレッシュなサラダとロゼスパークリングで春を満喫しよう♪

2.アスパラガスは根本1cmを切り落とし、根元から1/3は皮を剥いておきます。塩を適量加えた熱湯で、アスパラガス、グリーンピース、スナップえんどう、いんげんを茹で、ざるで水気を切って食べやすい大きさにカットしましょう。

ワーママレシピ第四十三弾!フレッシュなサラダとロゼスパークリングで春を満喫しよう♪

3.ボウルにドレッシングの材料を全部入れ混ぜ合わせたあと、ゆでた野菜をあえます。野菜全体にドレッシングが馴染んだら、クスクスを入れてあえると完成です。

ワーママレシピ第四十三弾!フレッシュなサラダとロゼスパークリングで春を満喫しよう♪

今回、この料理に合わせるワインは、

ドゥーシェ・シュバリエ<ロゼ>(参考小売価格:税抜1,308円)

P165ドゥーシェ・シュバリエ・ロゼG01外観

スペインで造られた辛口のロゼスパークリングワインです。キリッとした味わいの中にコクを感じられます。

みずみずしいサラダと春色で華やかなロゼスパークリングワインが相性ピッタリです!

 

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

気になる夫の反応は・・・

パパ「春だね~、あったかくて気持ちがいいね~。こんな休日は明るいうちから飲みたくなっちゃうなぁ。」

なつ「じゃあ、ランチは軽めの食事とロゼスパークリングなんてどう?」

パパ「いいねぇ。ベランダにキャンプ用のテーブルとイスを出して食べよう!」

なつ「話題のベランピングってやつね。じゃあ、春野菜とお豆をたっぷり使ったサラダを作ってみるね。アンチョビがいいアクセントになって、絶対、ロゼスパークリングに合うと思う!」

パパ「春の日差しを浴びながら、春感満載のサラダにさくら色のスパークリングワイン、なんて春らしい休日、たまら~ん!」

なつ「さっそく準備にとりかかろう!!」

ワインがすすむ!見た目が鮮やかな「ニース風サラダ」

ワーママレシピ第四十三弾!フレッシュなサラダとロゼスパークリングで春を満喫しよう♪

 寒い冬がようやく終わり過ごしやすい暖かさになると、なんだか心まで温かくなって、前向きな気持ちになる人も多いのではないでしょか。我が家も、ここ最近活気に溢れています!

子どもたちはアスレチックに行こうとはりきっているし、パパはウォーキングをして3キロ痩せると家族の前で宣言していました。

私は、ベランダ菜園にチャレンジしてみたいと思っています。

家族それぞれの頑張りを日々の食事でしっかりサポートしていきたいですね。

材料&作り方

材料(2〜3人分)

フリルレタス 80g
玉ねぎ 1/4個
トマト 1/2個
さやいんげん 12本
アンチョビ 6枚
固ゆで卵 1個
ツナの缶詰 1缶(70g)
種なしのブラックオリーブ 12個
塩 適量
黒こしょう 適量
オリーブオイル 適量

作り方

1.ヘタとスジを取ったさやいんげんを、半分に切ります。鍋で湯を沸かし、適量の塩を入れて、さやいんげんをやわらかめに茹でましょう。茹で終わったら、ざるに上げて水を切ります。

ワーママレシピ第四十三弾!フレッシュなサラダとロゼスパークリングで春を満喫しよう♪

2.レタスは洗ったあと水を切り、食べやすく一口大にちぎります。玉ねぎは、繊維を切るよう横方向に薄切りにしましょう。トマトは幅1センチのくし形切りに、アンチョビは長さを半分に切っておきます。ゆで卵は殻をむいて、6〜8等分のくし形切りにします。お皿にレタスを敷き中央にツナを乗せ、ほかの具を放射状に彩りよく並べて、ブラックオリーブを散らせば完成です。塩、黒こしょう、オリーブオイルは、食べる前にかけてください。

ワーママレシピ第四十三弾!フレッシュなサラダとロゼスパークリングで春を満喫しよう♪

 

今回この料理に合わせるワインはもちろん・・・

 

ドゥーシェ・シュバリエ<ロゼ>P165ドゥーシェ・シュバリエ・ロゼG01外観

アンチョビの塩気と豆の味わいがコクのあるロゼスパークリングにマッチするのはもちろん、オリーブオイルの風味とも調和しますね!

サラダなどの軽い食事のときにも、ママ友と集まるランチパーティーにもドゥーシェ・シュバリエ<ロゼ>はおすすめです。さわやかにおしゃれな食卓を楽しみましょう!

 

■最後に読者に向けて一言

ドゥーシェ・シュバリエ<ロゼ>を製造しているコドーニュ・グループは、1551年に創業した老舗のワイナリーです。ドゥーシェ・シュバリエ<ロゼ>は、1872年から生産されており、スパークリングワインを指すカバに分類されています。コドーニュ・グループのカバは、スペイン国内のカバ売上げナンバーワンを誇り、スペイン王室御用達のワインでもあります。コクをしっかり感じることができ、スキッとした飲み口のドゥーシェ・シュバリエ<ロゼ>で、ぜひ「本物のロゼスパークリング」を体感してみてください。

※ワインについては、記事掲載時点での情報です。

まとめ

今回は、みずみずしくフレッシュな春においしい野菜を使ったサラダレシピを2品、紹介しました。春は見た目も味も華やかなロゼスパークリングワインとフレッシュなサラダで軽やかに、そしてアクティブに活動しましょう。

ドゥーシェ・シュバリエ<ロゼ>の購入はこちら

購入かこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

なつさん

記事の先頭へ戻る

令和はロゼ!おしゃれでフレッシュなロゼはワイン初心者におすすめ!ロゼの記事一覧はこちら