【おすすめ赤ワイン18選】赤ワインの基本をおさえよう!これで赤ワインの選び方に迷わない!

赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン18選を解説!

深いルビー色の赤ワインがグラスに注がれる様子はとても美しく、うっとりしてしまうほど。この魅力的な赤ワインについて、みなさんはどのくらいの知識をお持ちでしょうか。製法から種類、合わせたい料理まで解説いたします。赤ワインの入門知識をお伝えしますので、ぜひ楽しい赤ワイン選びの参考にしてくださいね。

世界はロゼを選んでる!ロゼワインの魅力をお届けします

赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説!

赤ワインと白ワインの違い

赤ワインと白ワインは、まず使用されているブドウそのものに違いがあります。赤ワインは皮が黒い『黒ブドウ』を使用して造られており、独特の液色も、この皮によるものです。

ブドウの果汁を搾る際に、皮や種などもまるごと使用するため、鮮やかな名前のとおりのワインレッド色に仕上がります。

ブドウの皮や種にはタンニンが多く含まれていることから、白ワインに比べると多くのタンニンが含まれ、赤ワインらしい渋味を作り出しています。

白ワインは、皮が黄緑色の『白ブドウ』を使用しています。(甲州ブドウなど、一部、赤みがかった皮の色をした品種もあります)

皮や種を取り除いて果汁を搾るため、渋味の元となるタンニンが少なく、液色も麦わら色に近いものとなるのが特長です。

赤ワインが白ワインよりも渋味が強いと言われる理由は、製法の違いによるものなんですよね。

赤ワインと白ワインの違いについては、「いまさらだけど知っておきたい!白ワインと赤ワインの違い」でより詳しく解説しています。ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

赤ワインの種類

赤ワインにはたくさんの種類があり、品種や産地によって味や風味が異なります。すべての種類を覚えるのは大変ですが、代表的なものを覚えておくだけでもワインの楽しみ方が大きく変わってくるはずです。

赤ワインのブドウの品種

 赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説!

赤ワインの原料となるブドウは、なんと主要品種だけでも12種類あります。その中でも特に有名な品種がカベルネ・ソーヴィニヨン種、メルロー種、ピノ・ノワール種の3品種です。

造り手によっても変化しますが、それぞれの大まかな特長をご紹介します。

・カベルネ・ソーヴィニヨン種
フランス、ボルドー地域原産。渋味、酸味のバランスが良く、重厚で飲みごたえがある味わい。カシスやブルーベリーのような香りがします。

・メルロー種
フランス、ボルドー地域原産。渋味や酸味が穏やかで、口当たりの良いまろやかな味わい。プラムやブラックチェリーのような香りがします。

・ピノ・ノワール種
フランス、ブルゴーニュ地方原産。渋味が少なくなめらかな味わい。イチゴやチェリーのような香りがします。

ブドウ品種の違いで、赤ワインの味わいが全く異なってきます。赤ワインを選ぶ際の目安としてぜひおさえておきましょう。

ワインに使用されるブドウ品種については「ワイン通なら知っておきたい!代表的なブドウ品種をご紹介」でさらに詳しく解説しています。

赤ワインの産地

 赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説!

ワインの世界では「旧世界(オールドワールド)ワイン」と「新世界(ニューワールド)ワイン」という言葉があります。

もともとワインはヨーロッパでつくられていたお酒です。旧世界ワインとはフランスやイタリア、スペインなど古代からワインを生産していたヨーロッパ原産のワインを指します。

しかし、コロンブスがアメリカ大陸を発見した大航海時代以降、アメリカ・チリ・アルゼンチン・南アフリカなどにワインの栽培方法がもち込まれ、そこでもワインが生産されるようになりました。

これらの土地で革新的な方法で造られるようになったワインを新世界ワインと呼んでいます。

初心者でもわかる赤ワインの選び方

赤ワインはコツさえ押さえておけば誰でも簡単に選ぶことができます。選び方の基準は2つ。1つは料理に合わせるという方法、もう1つが味の好みで選ぶという方法です。

料理に合わせる

 赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説!

赤ワインを料理に合わせる場合は、次の2つのポイントに気をつけて選んでみましょう。

・ワインと料理の重さのバランスを合わせる
コクのある味付けの肉料理の場合は重い赤ワイン、あっさりしたソースやレモンなどを使った白身魚の料理には軽い赤ワインと、料理の味の重さに合わせてワインを選ぶのもよくある選び方です。

・ワインと料理の異なる味わいを組み合わせる
エスニック系の香辛料の効いた料理には甘口のワインを、こってりした揚げ物にはスッキリとした味わいのワインを選ぶなど、味の方向性が逆のものと合わせることもおすすめです。

味の好みで選ぶ

赤ワインの種類は味や香り、渋味やアルコール度数によって、フルボディ・ライトボディ・ミディアムボディの3つに分けられています。赤ワインを選ぶ際は、このボディを基準にして選んでみるのもおすすめです。

・フルボディ
渋味が強く、味わいにボリュームがあり、色も濃い赤ワインです。アルコール度数も13%を超えるものも多く、渋み成分のタンニンが豊富に含まれています。

・ライトボディ
フルボディの対極にあたる赤ワインです。渋みが少なくアルコール度数も10%程度と低めなので初心者でも飲みやすくなっています。

・ミディアムボディ
フルとライトの中間にあたり、渋味や酸味、果実味のバランスがとれている赤ワインです。

赤ワインの渋味が少し苦手だな~という方は、飲みやすい赤ワインの特長を知っておくと、赤ワインの魅力を発見嫌いを克服できるかもしれませんよ!

赤ワインが苦手な方はぜひ「赤ワインが苦手な人でも飲みやすい赤ワインとは?おすすめもご紹介」をチェックしてみてください♪

赤ワインのおいしい飲み方とは?

 赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説!せっかくワインを飲むからにはおいしい飲み方を知っておきたいですよね。赤ワインをおいしく味わうためのポイントになるのが「スワリング」「温度」です。

・スワリング
ワイングラスをくるくる回すことを「スワリング」といいます。これにはワインを空気にふれさせることで味わいや香りに変化をもたせるという目的があるんですよ。

スワリングはテーブルにグラスを置いた状態で、右利きの方は反時計回り、左利きの方は時計回りに回すのがコツ。グラスからこぼれても相手にかからない方向であるのがポイントです!

スワリングを家庭で楽しむなら、サンタ・リタ社の120(シェント・ベインテ)シリーズのワインがおすすめです。専用グラスも販売されているので、初心者さんでも手軽においしく楽しむことができます。

T454SR・120・カベルネソーヴィニヨンG01外観

・サンタ・リタ 120(シェント・ベインテ)カベルネ・ソーヴィニヨン
(参考小売価格:税抜1,208円)

凝縮された果実味を感じたい方に最適な1本です。
濃厚な果実の香りは、スワリングしてこそエレガントに華やぎます。

 

 

 

 

赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説!

・サンタ・リタ 120(シェント・ベインテ)カルメネール
(参考小売価格:税抜1,208円)

深いタンニンの渋みと、濃厚な果実味を楽しみたいなら、カルメネールがおすすめです。口内に残る余韻は、スワリングで変化を楽しむのにぴったり。

 

 

これらサンタ・リタ社の120(シェント・ベインテ)シリーズを楽しめるスワリング専用のグラスは、足がないので取り扱いやすいのが特長です。手のひらの上でコロコロと転がすようにグラスを回して、スワリングによる味わいと香りの広がりを楽しんでください。

スワリンググラス付きのサンタ・リタ 120(シェント・ベインテ)については、「【サンタ・リタ120】香り引き出す!旨さ膨らむ!スワリンググラスでワインを楽しもう!」で詳しく紹介しています。

・温度
赤ワインのおいしい飲み方の基本ともなるのが温度に気をつけるということです。ワインは非常に繊細な飲み物で、ワインの種類によっておいしく飲める温度が異なります。

ちなみにフルボディは16~18℃、ライトボディは10~12℃が適温なので、家で飲むときは参考にしてみてくださいね。

赤ワインに合う料理と一緒に味わうと、さらに赤ワインをおいしく楽しめちゃいますよ♪普段の食事だけでなく、おつまみを食べる際にも、気軽に赤ワインと合わせてみませんか?

赤ワインに合うおつまみについては、「赤ワインに合うおつまみはどれ?おすすめのおつまみをご紹介」でご紹介しています!

赤ワインに合うおすすめの料理

 赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説!

赤ワインの原料となるブドウには、複数の品種があります。

初めて購入するワインの場合、「どんな料理と合わせればいいのか?」迷ってしまいますよね。そんな時は原料のブドウ品種を参考にする手もおすすめです!

たとえば、カベルネ・ソーヴィニヨン種はフルボディで深みのある赤ワイン造りに用いられますが、合わせるならコクのある肉料理を選びましょう。

・ビーフステーキ 赤ワインソース
 赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説!
https://www.sapporobeer.jp/feature/recipe/0000001335/

大きな肉をジュ―ッと焼いて、あっという間にごちそうになるのがステーキ!焼いた肉汁も残さずにコクのあるソースに仕上げましょう。

フルボディに比べると、丸みがあって飲みやすいミディアムボディといえば、メルロー種が定番です。濃厚な肉料理よりもジューシーな肉料理などが合わせやすく、ハンバーグや煮物にぴったり。また、赤身の刺身とも意外と合うんです。

・白菜たっぷり煮込みハンバーグ
赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説!
https://wine.sapporobeer.jp/article/chinese_cabbage_red_wine/

手軽に作れてお腹もいっぱいになれる、こちらの白菜たっぷり煮込みハンバーグはいかがでしょうか。上記の詳細ぺージであわせてご紹介している白菜とひき肉の重ね煮も、メルロー種のワインとぴったりな料理です。

赤ワインを代表するピノ・ノワール種は、豊かな果実味と軽い口当たりが魅力です。飲みやすいながらも、複雑味のある味わいで、トマト風味の料理やクリーム・シチューなど、さまざまな料理と合わせやすい万能性を持っています。

日本料理の食材と合わせるにも、こちらのピノ・ノワール種が最適。たとえば、かつおのたたきといった魚料理が合います。

・かつおのガーリックペッパーステーキ
 赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説!
https://wine.sapporobeer.jp/article/bonito_x_red_wine/

こちらの詳細ページでは、洋風アレンジのレシピもご紹介しています。ぜひ挑戦してみてくださいね。

おすすめ赤ワイン19選

 赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説!

最後におすすめの赤ワイン19選を国ごとに一挙ご紹介いたします。産地、品種、ボディとともにそれぞれの特長を記載しています。
その日の気分やお料理に合わせて赤ワインをチョイスする際の参考にしてみてください。

●ワインといえばこの国!フランスの赤ワイン

T936LRムーラン・ア・ヴァンG01外観
ラブレ・ロワ ムーラン・ア・ヴァン(参考小売価格:税抜2,608円)

産地:フランス
品種:ガメイ
ボディ:ミディアムボディ

ラブレ・ロワ社は、ブルゴーニュでも指折りの規模と高品質を兼ね備えた会社の1つ。華やかなルビー色が特長的で、柔らかなタンニンと奥行きのある果実味が楽しめます。軽い味付けの牛肉料理やカマンベールチーズと組み合わせるのがおすすめです。

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

 赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説!ヴィナデイス ラ・キュベ・ミティーク(参考小売価格:税抜1,658円)

産地:フランス
品種:シラー、グルナッシュ、カリニャン、他
ボディ:ミディアムボディ

輝くようなルビーレッドの美しい色合いが目を引きます。はじめに野生のベリーを思わせる果実香が広がり、しだいに胡椒やハーブを感じさせるスパイシーな香りが複雑に絡み合います。繊細でまろやかな口当たりに加え、柔らかなタンニンも楽しめるバランスの良いワインといえるでしょう。焼肉やたれの焼鳥などとの相性が良いです。

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

 赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説!シャトー・レイノン<赤>(参考小売価格:税抜2,808円)

産地:フランス
品種:メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン
ボディ:フルボディ

樽香と熟した果実のブーケが香る非常にエレガントなワインです。ストレートなフルボディ感と調和のとれた味わいが特長。合わせる料理はセオリー通り、肉料理を。豚トロの炙り焼きなども良いでしょう。

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

 赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説!リステル カベルネ・ソーヴィニヨン(参考小売価格:税抜1,208円)

産地:フランス
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン
ボディ:フルボディ

南仏モンペリエ近郊の地中海沿岸に広大なワイナリーを持つドメーヌ・リステル社は、世界的にも珍しい取り組みで注目を集めています。このワインはなんと砂地の土壌で育ったカベルネ・ソーヴィニヨン種を使用。熟したブラックベリーの香りと、深みのある果実味の余韻が長く楽しめます。

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

●ワイン生産量第1位!イタリアの赤ワイン

 

 赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説! ポーディオ ポディウム セッラエ ランゲ ネッビオーロ(参考小売価格:税抜2,408円)

産地:イタリア
品種:ネッビオーロ、バルベーラ
ボディ:ミディアムボディ

ドライフラワー、果実やバニラの香りで、上品かつ華やかで柔らかいタンニンが口内に広がります。創立550年を超える老舗ワイナリーであるカレッタは、自社畑で栽培されたブドウのみでワインを生産しています。世界遺産である偉大なワイン生産地、ランゲロエーロ地区とモンフェッラート地区、また銘醸地として有名なバローロ村にも畑を所有しており、ブドウの個性を引き出すワイン造りに行っているカレッタのワインは一度試す価値ありです。

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

WINE MARKET PARTY

 

 赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説!カポラボーロ キャンティ(参考小売価格:オープン価格)

産地:イタリア
品種:サンジョベーゼ
ボディ:ミディアムボディ

ほど良いタンニンと適度な酸味を感じられるワインです。スパイシーな香りとブラックベリー、若干のタバコのニュアンスが特長的。ミートソースのパスタやシーフードピザ、胡椒やガーリックなどの香辛料を使ったスパイシーな料理などに合わせて、カジュアルに楽しむのもおすすめです。

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

WINE MARKET PARTY

 

 赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説! アマローネ クラッシコG01外観ドミーニ ヴェネティ アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラ DOCG クラッシコ(参考小売価格:税抜6,008円)

産地:イタリア
品種:コルヴィーナ、コルヴィノーネ、ロンディネッラ
ボディ:フルボディ

チェリーや干しブドウ、ドライフルーツといった果実を凝縮したかのような味わいが感じられる赤ワイン。タンニンが滑らかなので、牛肉の赤身のグリルや熟成チーズなどに合わせるのがおすすめです。

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

WINE MARKET PARTY

 

●熟成感のある味わい!スペインの赤ワイン

 

 赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説!マルケス・デ・リスカル ティント・レセルバ(参考小売価格:税抜2,508円)

産地:スペイン
品種:テンプラニーリョ、グラシアノ、マスエロ
ボディ:フルボディ

ワイン生産地として有名なスペインのリオハ地方のワイナリー、マルケス・デ・リスカルは、スペイン王室御用達のワイナリーとして世界に名を馳せています。ティント・レセルバは長い樽熟成のあと、さらに瓶熟成を経た円熟したエレガントなワインです。バニラフレーバーの香りと適度なタンニンが感じられ、長い後味も魅力的。

マルケス・デ・リスカルのワインについては、「スペインワインを語るならマルケス・デ・リスカル!」でご紹介しています。

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

 赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説!ヌヴィアナ・テンプラニーリョ・カベルネ・ソーヴィニヨン(参考小売価格:税抜998円)

産地:スペイン
品種:テンプラニーリョ、カベルネ・ソーヴィニヨン
ボディ:フルボディ

赤いベリー系の果実香、スパイシーでトーストを焼いたような香ばしい香りが特長的なスペイン産ワインです。原産地のアラゴン州ウエスカ県ベルベル・デ・シンカ村は年間降水量が少なく日夜の気温差が20度以上であり、ブドウ栽培には最適な気候。ここで造られたワインは、深く複雑で濃厚な味わいをもち、長い余韻を楽しめます。

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

●味も品質もピカイチ!日本の赤ワイン

 

 赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説!グランポレール 安曇野池田シラー 2016(参考小売価格:税抜5,008円)

産地:日本
品種:シラー
ボディ:フルボディ

安曇野の自社畑で栽培したシラー種100%で作り上げた数量希少なワインです。スパイシーな香りと滑らかなタンニンを合わせもち、グランポレールの最高品質ワインといえるでしょう。

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

 赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説!グランポレール 岡山マスカットベーリーA樽熟成(参考小売価格:税抜1,808円)

産地:日本
品種:マスカットベーリーA
ボディ:ミディアムボディ

岡山で丁寧に育てられた日本独自の赤ワイン用ぶどうであるマスカットベーリーA種で、フルーティさを最大限に引き出した赤ワインができました。やわらかなブーケと果実味にあふれたまろやかな味わいが魅力的なワインです。和食との相性もぴったりです。

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

 赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説!グランポレール エスプリ ド ヴァン ジャポネ 絢-AYA-(参考小売価格:税抜1,507円)

産地:日本
品種:マスカットベーリーA主体
ボディ:ライトボディ

繊細でやさしい味わいと食事との合わせやすさにこだわった日本産ワイン。いちごや赤い果実の華やかな香りと上品な酸味、ほど良い成熟感とタンニンの絶妙なバランスを楽しめます。

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

●スパイシーな果実味が魅力的!オーストラリアの赤ワイン

 

 赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説![イエローテイル]カベルネ・ソーヴィニヨン(参考小売価格:税抜1,015円)

産地:オーストラリア
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン
ボディ:フルボディ

日本で売上No.1(※)のオーストラリアワイン、[イエローテイル]。[イエローテイル]カベルネ・ソーヴィニヨンは、ブラックベリー、チョコレート、バニラのアロマと微かなミントの香りがほど良く調和し、口に含むと果実本来の強い酸味とスパイシーでフレッシュなベリーの味わいを感じられます。
(※2018年日本市場における豪州産ワイン ブランド別販売数量 出典:食品産業新聞社調べ)

[イエローテイル]のワインについては、「オーストラリアワイン、[イエローテイル]の魅力とは?特長をご紹介!」でご紹介しています。

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

 

 

ピーター・レーマン クランシーズレッド(参考小売価格:税抜1,808円)LC01ピーターレーマン・バロッサ・クランシーズ・レッドG01外観

産地:オーストラリア
品種:カベルネ・ソーヴィニヨンブラン、シラーズ、メルロー
ボディ:フルボディ

さまざまな品種のブドウをブレンドして造られたフルボディのワイン。骨格がしっかりしつつも、飲みやすい仕上がりになっており、芳醇な香りが楽しめます。マリアージュをするなら、ジンギスカンや焼き肉などの肉料理がぴったりです。

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

●酸味と果実味がバランスが◎!アメリカの赤ワイン

 

 赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説! カベルネソーヴィニヨン コルクG01外観ベリンジャー カリフォルニア・カベルネ・ソーヴィニヨン
(参考小売価格:税抜1,208円)

産地:アメリカ
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン主体
ボディ:ミディアムボディ

ベリンジャー・ヴィンヤーズはナパ・ヴァレーで創業されたアメリカ屈指のワイナリーです。タンニンの渋みをおさえた果実味あふれるワインは、バランスが非常によく普段の和食とも相性が抜群。夏のベリーのような香りと滑らかな口当たりが特長的です。

ベリンジャーのワインについては、「カリフォルニアワインを代表するファインワインブランド 「ベリンジャー」とは?」でご紹介しています。

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

●コスパ抜群!チリの赤ワイン

 

 赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説!サンタ・リタ120(シェント・ベインテ)カルメネール(参考小売価格:税抜1,208円)

産地:チリ
品種:カルメネール主体
ボディ:ミディアムボディ

サンタ・リタはチリ最大規模のワイナリーの1つです。黒系、赤系果実のアロマが特長のこのワインは、滑らかで深いタンニンと上品な口当たりが特長で、しっかりとした余韻が感じられます。

サンタ・リタのワインについては、「人気のチリワイン!中でも注目を集めるサンタ・リタの魅力をご紹介」でご紹介しています。

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

 

 赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説!ビオマニア 〈オーガニック〉チリ カベルネ・ソーヴィニヨン(参考小売価格:税抜868円)

産地:チリ
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン
ボディ:フルボディ

有機認証を受けたチリのカベルネ・ソーヴィニヨン種ワインを100%使用しました。カシスやチェリーなど黒系ベリーの香りと、ほど良いタンニンと酸味とのバランスがよいワインです。ビオマニア〈オーガニック〉は、サッポロビールが世界から選りすぐりの有機ワインを探し出し、国内でボトリングした安心・安全なブランドです。

ビオマニアのワインについては、「ビオマニア<オーガニック>でオーガニックワインの魅力をもっと楽しもう」でご紹介しています。

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

 

●芳醇な香りに魅了される!アルゼンチンの赤ワイン

 赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説!ファミリア・ズッカルディ セリエ・ア・マルベック(参考小売価格:税抜1,508円)

産地:アルゼンチン
品種:マルベック
ボディ:フルボディ

ファミリア・ズッカルディはアルゼンチンの銘醸地メンドーサが本拠地のワイナリーです。力強く鮮やかな赤紫色が特長的なこのワイン。赤系果実のアロマにブラックペッパーやタバコの香り、しっかりしたタンニンも楽しむことができ、余韻はみずみずしく感じられます。

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

 赤ワインのすべてがわかる!基本からおすすめ赤ワイン20選を解説!ファミリア・ズッカルディ ヴィダ・オーガニカ・カベルネ・ソーヴィニヨン(参考小売価格:税抜1,225円)

産地:アルゼンチン
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン
ボディ フルボディ

このワインは有機栽培ぶどうを100%使用し、オーガニック認証機関の認定を取得しています。熟したカシス、芳醇なチェリーの香りが魅力的なワインで、フルーティな余韻が長く楽しめます。

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

好みの赤ワインがわかる!Q&A

赤ワインについてよくある質問と回答を用意しました。赤ワイン選びの参考にしてみてください。

Q1.赤ワインの渋味が苦手だけど、そんな私でも飲める赤ワインはあるの?

⇒A.

あります!赤ワインは品種やアルコール度数、タンニン(渋み成分)の多さによってライトボディ・ミディアムボディ・フルボディに分類されます。

フルボディは渋みが強めですが、ライトボディ~ミディアムボディの赤ワインなら、味わいが軽やかなので、渋味が苦手な人におすすめです。

飲みやすい赤ワインの選び方については、以下の記事で詳しく解説しています。
「赤ワインが苦手な人でも飲みやすい赤ワインとは?おすすめもご紹介」

 

Q2.熟成が長い赤ワイン=おいしい赤ワインってホント?

⇒A.

必ずしもどの人にとっても「おいしい」と言い切れるわけではありません!

ワインの熟成が長いほど、ワインの味に深みは生まれますが、人によってその味わいが好き・苦手と好みは分かれます。たとえば、フルボディのワインは樽で長い期間熟成させたものが多く、深い味わいを感じられますが、苦手と感じる方もいます。

赤ワインの中には、熟成させずにフレッシュな味わいを楽しむワインもあります。ボージョレ・ヌーボーがひとつの例で、渋みが少なく、フレッシュでフルーティな味わいが感じられるため、世界中のファンを虜にしています。

 

ワインを熟成させることで楽しめる味わいや風味の変化については、以下の記事をご覧ください。
「ワインは樽熟成するとどんなメリットがあるの?」

 

Q3.コスパの良い赤ワインより高いワインの方がおいしいの?

⇒A. 

値段が高い=誰もが認めるおいしさとは限りません!

ワインの価格を決めるのは、ブランドや原料となるブドウ、ワインの製造方法、生産量などです。

ブドウを手摘みで収穫するなどして手間暇かけて造られたものや、当たり年のヴィンテージワインで長期熟成されたものなど希少価値の高いワインほど値段が高くなります。とはいえ、値段が高いワインでも誰もが好む味わいとは限らないでしょう。

コスパの良い赤ワインでも、十分においしく飲めるワインは多くあります。ぜひ、品種や産地、ワイナリーのこだわりに注目して選んでみてください。

コスパの良いワインの中からおいしいワインを選ぶコツは、以下の記事で詳しく解説しています。
「コスパ抜群でおいしいワインが飲みたい!おすすめのワイン10選をご紹介」

 

Q4.赤ワインを克服したいけど、どうしても渋味が苦手…

⇒A. 

赤ワインをアレンジすれば飲みやすくなりますよ!赤ワインにフルーツを入れてサングリアにしたり、カクテルにしたりするのがおすすめです!

赤ワインを使った簡単アレンジレシピは以下の記事をご覧ください。
「自宅で簡単♪おしゃれで可愛いサングリアのレシピ」

「ワインが苦手な人でも楽しめる!ワインカクテル」

 

Q5.それでも自分好みの赤ワインって見つけるのは難しいんじゃないかな…

A. 

そんな時は以下の赤ワイン診断をチェックしてみてください!質問に答えるだけで、あなた好みのワインが簡単に見つかりますよ。

赤ワイン診断をしたい方はこちら
「赤ワイン初心者さんは必見!あなたにおすすめの赤ワインを診断!」

 

まとめ

赤ワインには数多くの種類がありますが、主な品種や産地の特長を知っておくだけでも楽しみ方がグッと広がります。
ぜひこちらでご紹介した方法を参考に、お好みの赤ワインを選んでみてください。お料理に合わせるも良し、ワインの味の好みで決めるも良し、色々な赤ワインを試してみましょう。

赤ワインの購入はこちら

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

 

記事の先頭へ戻る

令和はロゼ!おしゃれでフレッシュなロゼはワイン初心者におすすめ!ロゼの記事一覧はこちら