サッポロビール若手ソムリエ社員セレクト「私の1本」〜ペンフォールズ クヌンガ・ヒル76・シラーズ・カベルネ~

サッポロビールの若手ソムリエ社員がおすすめする「私の1本」。今回選ばれたのは、オーストラリアワインを代表するワイナリー「ペンフォールズ」が生み出した、ミディアムボディの赤ワインです。ワイナリーの特徴や、このワインの楽しみ方など、ベテランソムリエおぎさんからの解説も交えながらご紹介します。

世界はロゼを選んでる!ロゼワインの魅力をお届けします

サッポロビール若手ソムリエ社員セレクト「私の1本」〜ペンフォールズ クヌンガ・ヒル76・シラーズ・カベルネ~

みなさん、こんにちは!サッポロビール札幌支社の祝井です。札幌市内の酒販店様や飲食店様、ホテル様へワインの提案をしています。2015年にワインアドバイザー(現・ソムリエ資格)を取得しており、ワインセミナーやブランドプロモーション活動もおこなっているので、私にとってワインは、身近な存在です。

そんな私が今回おすすめするワインは、オーストラリアワインの礎を築いたともいわれているペンフォールズの赤ワイン「ペンフォールズ クヌンガ・ヒル76・シラーズ・カベルネ」です。

ペンフォールズ クヌンガヒル シラーズ・カベルネ_外観

ペンフォールズ クヌンガ・ヒル76・シラーズ・カベルネ(参考小売価格:税抜2,800円)
https://www.sapporobeer.jp/product/wine/MN37/

 

 

 

購入はこちらから(外部サイトへリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

気品を感じる逸品

サッポロビール若手ソムリエ社員セレクト「私の1本」〜ペンフォールズ クヌンガ・ヒル76・シラーズ・カベルネ~

私が「ペンフォールズ クヌンガ・ヒル76・シラーズ・カベルネ」をおすすめする理由のひとつに、飲みやすさが挙げられます。

シラーズ種が主体の品種なので、スパイシーな味わいが魅力的なワインです。そこにカベルネ・ソーヴィニヨン種をブレンドすることで、しっかりとしたコクも感じられます。渋み要素であるタンニンが予想以上にシルキーで滑らかなので、とても飲みやすく絶妙なバランスを生み出しているワインであるといえるでしょう。

価格もそこまで高くなく気品を感じるワインなので、多くの方に楽しんでほしいワインです。しっかりとしたコクのあるワインが好きだという方には、とくにおすすめしたい1本です。

実際に、購入していただいているお客様からの評価も高く、オーダーリピート率が高いのもこのワインの特長といえます。私自身は、さまざまなジャンルの料理と組み合わせて楽しむことが多いワインです。

歴史の凄みを感じられるワイナリー

ペンフォールズには、2017年に社内のワイナリー研修で訪れたのですが、歴史的文化遺産に登録されているグランジをはじめ、見渡す限りに広がる壮大なブドウ畑に強く感銘を受けました。

ペンフォールズは、複数の畑で栽培されたブドウを使用してワインを作る「マルチ リージョナルブレンド」という考え方を基本としています。176年続いている老舗ワイナリーとして、厳しいオーストラリアの規律下でペンフォールズならではのスタイルにこだわり続けてワインを作り続けてきた姿勢が世界的に認められているということを肌で感じました。

サッポロビール若手ソムリエ社員セレクト「私の1本」〜ペンフォールズ クヌンガ・ヒル76・シラーズ・カベルネ~

醸造工程の見学や造り手の思いを聞くことで、より一層ペンフォールズが好きになったのが「ペンフォールズ クヌンガ・ヒル76・シラーズ・カベルネ」をおすすめするきっかけです。

私自身、日々ワインを勉強していますが、ワインの勉強には終わりがありません。ワインは、知れば知るほどおもしろくなるお酒だと思っています。

たとえば、バイザグラス1杯が数百円のワインもあれば、数万円するワインもあります。しかし、値段だけでワインの良し悪しは計れないのです。

どのワインにも、それぞれに魅力があります。私はこれからも、生産者のワイン造りに対する思いや意図を汲み、ワインの魅力と素晴らしさを伝えていきたいと思っています。

ベテランソムリエおぎさんのテイスティングコメント

ベテランソムリエのおぎです。祝井さん、ペンフォールズ クヌンガ・ヒル76・シラーズ・カベルネとは、ペンフォールズの特長ともいわれる、とてもいいワインを選ばれましたね。ベテランソムリエとして、もう少し踏み込んで解説していきますね。

はい、コクのある美味しいワインを、多くの方に楽しんでいただきたくて。まずは、おぎさんからのテイスティングコメントをお願いします。

おぎ)ほんのりと紫がかった濃い赤色をしたペンフォールズ クヌンガ・ヒル76・シラーズ・カベルネは、76というレトロなラベルに相応しいアロマティックな香りをしています。

ラズベリーやワイルドベリー、ブラックベリーのような軽やかで甘酸っぱい香りが、オーク由来であるバニラビーンズの濃厚な香りに支えられ、存在感はありますが主張しすぎていない絶妙なバランスに仕上がったワインです。

私が、ひとことでペンフォールズ クヌンガ・ヒル76・シラーズ・カベルネの味わいを説明するなら、「張りのある味わい」と答えるでしょう。

香辛料として使用されることの多いセリ科のアニスのように、スパイシーなフレーバー。そして青みのあるフルーツを通して感じる、リッチなチョコレートパウダーやモルトの風味が味わえます。

人によっては、蒸したプディングやダークチョコレートを感じると表現することもあるようです。

タンニンは、あまり主張せず繊細で、バランスのある酸味が飲みやすいワインといわれる理由でもあります。

ペンフォールズのワイン醸造方法

ペンフォールズのワインは、バランスの良い深い味わいが特長ですが、醸造方法にこだわりを持っているペンフォールズだからこそ出せる味わいでもありますよね。

そうですね。祝井さんもおっしゃっていたように、ペンフォールズでは「マルチ リージョナルブレンド」という考え方を基本にしています。

サッポロビール若手ソムリエ社員セレクト「私の1本」〜ペンフォールズ クヌンガ・ヒル76・シラーズ・カベルネ~

おぎ)異なる地域の異なるぶどうをブレンドすること、そして毎日ブレンドテイスティングを行うワイン作りを徹底的に追求してきた結果、すべてのワインで独自のスタイルを築き上げてきたのです。

――ペンフォールズの受賞歴

ペンフォールズといえば、数々の賞を受賞しているワイナリーとしても有名ですよね?

はい。世界で最も称賛されるワインブランド2019で1位を受賞しているほか、ワイナリー・オブ・ザ・イヤーでは、25年間連続受賞を誇ります。

おぎ)これは、世界中にあるいずれのワイナリーも経験したことない、名誉ある連続受賞で、世界唯一、世界最多の実績です。

このほかにも、数々の賞を受賞しており、世界中のワインファンを魅了し続けているワイナリーといえるでしょう。

――ペンフォールズ クヌンガ・ヒル76・シラーズ・カベルネに合う料理

私は、焼き肉やジビエ、すき焼きとの相性が抜群だと思うのですが、おぎさんは、どのような料理と合うと思いますか?

祝井さんがおっしゃるように、肉料理とは相性抜群です。ペンフォールズ クヌンガ・ヒル76・シラーズ・カベルネは、しっかりとしたコクが楽しめるワインですので、肉料理や濃い味付けの料理と相性が良いです。

おぎ)冬場の寒い日に食べたい、クリーミーで濃厚なクリームシチューや、タレがたっぷりとかかった焼き鳥と合わせると、より一層ワインの味やコクが引き立ちますよ。

 

おぎさん、ありがとうございました!ワインは勉強すればするほど、さまざまな歴史や哲学があることに気づかされます。皆さんもお気に入りのワインが造られた背景や歴史に触れて、その深さをじっくりと味わってみてはいかがでしょうか。

◆ペンフォールズの公式ブランドサイトはこちら
http://www.sapporobeer.jp/wine/penfolds/index.html

※ワインについては、記事掲載時点での情報です。

ペンフォールズ クヌンガ・ヒル76・シラーズ・カベルネの購入はこちら

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

 

 

記事の先頭へ戻る

令和はロゼ!おしゃれでフレッシュなロゼはワイン初心者におすすめ!ロゼの記事一覧はこちら