オーガニックワインの先駆者 パラ・ヒメネスが語るワインのこだわり

ここ数年でワイン市場のマーケットを急激に伸ばしているのが、オーガニックワインです。オーガニックワインのパイオニアとして知られているのが、パラ・ヒメネス。今回は、パラ・ヒメネスの魅力・ワイン造りへのこだわりについて紹介していきます。

世界はロゼを選んでる!ロゼワインの魅力をお届けします

オーガニックワインの先駆者 パラ・ヒメネスが語るワインのこだわり

オーガニックワインの先駆者 パラ・ヒメネスの魅力

気軽に楽しめる美味しいオーガニックワイン」、それがパラ・ヒメネスのワインです。ただ、パラ・ヒメネスは美味しいワインを造ることだけでなく、「自分たちのワイン造りで、自然環境を壊したくない」という信念を持っていました。

そのため1993年から、まだ主流でなかったオーガニックワインにいち早く取り組み、オーガニックワインの先駆者となったのです。

 

オーガニックワインの先駆者 パラ・ヒメネスが語るワインのこだわり

■スペインでD.O.ラ・マンチャの格付けも獲得

D.O.はスペインの高級ワインの中核的カテゴリーです。パラ・ヒメネスは、D.O.ラ・マンチャの格付けを獲得しているので、品質は保証されています。

パラ・ヒメネスは、オーガニックワインのブランドの中でも長い歴史があり、スペインのD.O.の格付けも獲得しているので、まさにオーガニックワインのパイオニアといえます。

パラ・ヒメネスのワイン造りへのこだわり

オーガニックにかける熱い想いを持っているパラ・ヒメネスのワイン造りのこだわりについて紹介していきます。

サスティナブルなワイン造りを実現

パラ・ヒメネスでは、環境に配慮したワイン造りの実現のため、以下のような取り組みを行っています。

 

■できるだけ自社の畑で完結

オーガニックワインの先駆者 パラ・ヒメネスが語るワインのこだわり

パラ・ヒメネスのポリシーのひとつに、サスティナブル(循環型)農業の実現があり、そのためにブドウ造りをできるだけ自社の畑で完結させることを目指しています。

自社の畑で完結させることを可能にするのが、パラ・ヒメネスが所有している2,447ヘクタールという広大な土地です。そのうちの3割、約728ヘクタールがブドウ畑となっています。この広大な土地がワイン造りを自社の畑で完結させることを可能にしているのです。

■全てオーガニックのチーズ、にんにく、玉ねぎも生産

オーガニックワインの先駆者 パラ・ヒメネスが語るワインのこだわり

パラ・ヒメネスの所有している畑では、希少種の黒羊の保護や繁殖、にんにくや玉ねぎをオーガニックで栽培しています。

そのため、羊やがちょうの餌としてにんにくや玉ねぎの皮を使い、羊の糞はブドウの肥料になり、がちょうの餌にブドウの雑草がなるという循環型農業が実現できているのです。

■羊から作るオーガニックチーズは世界でベスト64を受賞

オーガニックワインの先駆者 パラ・ヒメネスが語るワインのこだわり

世界各地のワイナリーでチーズは生産されていますが、オーガニックチーズを生産しているのは、パラ・ヒメネスだけです。2018年には、ワールドチーズコンペティションでスーパーゴールド(ベスト64)に選ばれていますので、品質も折り紙付きといえます。

環境や自然に優しいワインを生み出す

パラ・ヒメネスのワイン造りは、オーガニックの栽培法のひとつであるビオディナミ農法にも適合しています。そのため、ワインのラベルには、ビオディナミの認証マーク[demeter]が記載されています。

ビオディナミワインについては、「今、ビオディナミワインが注目を集めている!」にて詳しく紹介しています。

 

■ヴィーガン(絶対菜食主義者)にも対応

オーガニックワインの先駆者 パラ・ヒメネスが語るワインのこだわり

動物性由来の物質を使っていないワインなので、肉・魚・卵・乳製品などの動物食品を一切摂取しないヴィーガンも飲むことができます。

こだわりも、おいしさも よくばりオーガニック パラ・ヒメネス」が、パラ・ヒメネスのブランドコンセプトです。

環境や自然に優しいワイン造りをしつつ、D.O.ラ・マンチャの格付けも獲得するなど、パラ・ヒメネスはサスティナブルにこだわりつつ、おいしさも追求しているブランドです。

パラ・ヒメネスのラインアップ

パラ・ヒメネスでは、人気が高いブドウ品種のカベルネ・ソーヴィニヨン種、シャルドネ種を楽しむことができます。圧倒的な商品スペックを手頃な価格で楽しめるので、ぜひ一度手に取ってみてください。

 

オーガニックワインの先駆者 パラ・ヒメネスが語るワインのこだわりパラ・ヒメネス カベルネ・ソーヴィニヨン[オーガニック]
(参考小売価格:税抜1,000円)

豊富な果実味とキメ細やかな渋味を楽しめるカベルネ・ソーヴィニョン種100%のオーガニック赤ワイン。

深いレッドチェリーの色調で、ブラックベリー・ブラックチェリーのアロマの中にあるブラックペッパーのスパイシーな香りがアクセントになっています。

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

オーガニックワインの先駆者 パラ・ヒメネスが語るワインのこだわりパラ・ヒメネス カベルネ・ソーヴィニヨン樽熟成[オーガニック]
(参考小売価格:税抜1,300円)

ブドウの酸化を抑えるために午前中に手摘みで収穫し、それから樽熟成させたこだわりのオーガニック赤ワイン。

樽熟成と瓶熟成を経ているため、果実の濃縮された旨さが際立ち、渋味は滑らかになっています。

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

WINE MARKET PARTY

 

オーガニックワインの先駆者 パラ・ヒメネスが語るワインのこだわりパラ・ヒメネス シャルドネ[オーガニック]
(参考小売価格:税抜1,000円)

酸味のバランスが良く、味わいに華やかさがあるシャルドネ種100%のオーガニック白ワイン。ブドウの酸化を防ぐために夜間に収穫するなど、こだわりを持って作られています。

黄金色に輝く色調が美しく、完熟した果実の甘いアロマとスパイシーな香りが特長です。

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

■パッケージの細部にもこだわりがある

オーガニックワインの先駆者 パラ・ヒメネスが語るワインのこだわり

パラ・ヒメネスの表ラベルには、オーガニックを想起させる緑色の文字で「ORGANIC WINE」、右上にはオーガニック認証マークの表記があります。そのため、ひと目見ただけでオーガニックワインとわかるのが特長です。

裏ラベルにはオーガニックの説明、味わい飲み頃が記載されていますし、オーガニック、ビオディナミ、ヴィーガンの各認証マークも記載されています。パラ・ヒメネスのワインを手に取った際は、確認してみてください。

※ワインについては、記事掲載時点での情報です。

まとめ

パラ・ヒメネスのオーガニックワインについて紹介しました。「オーガニックワインってどんな味わいなのだろう?」と気になっている方は、ぜひパラ・ヒメネスをお試しください。

オーガニックワインブランドの中でも長い歴史があり、格付けも獲得しているパラ・ヒメネスの美味しさに魅了されるに違いありません。

 

パラ・ヒメネスのワインの購入はこちら

ご紹介ブランドの購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

記事の先頭へ戻る

令和はロゼ!おしゃれでフレッシュなロゼはワイン初心者におすすめ!ロゼの記事一覧はこちら