【ノーベル賞晩餐会で6年連続提供】テタンジェのシャンパーニュ

ワイン部2年目みきです!ノーベル賞晩餐会に6年連続で提供されたシャンパーニュ、テタンジェで年末年始は乾杯しませんか。特別なひと時をさらに輝かせてくれますよ。

世界はロゼを選んでる!ロゼワインの魅力をお届けします

6年連続でノーベル賞晩餐会に提供されたシャンパーニュ テタンジェ

ノーベル賞晩餐会2019年で提供!テタンジェのシャンパーニュ

現地時間2019年12月10日午後7時からノーベル賞晩餐会がスウェーデンの首都、ストックホルムの市庁舎で行われました。ノーベル賞授与式の後に受賞者を囲んで華やかに開かれます。その晩餐会で乾杯のためにサーブされるシャンパーニュ、実は6年連続でテタンジェが選ばれています。

2019年ノーベル化学賞を受賞した吉野彰さんをはじめとしたノーベル賞受賞者の喉をうるおしました。

ノーベル賞を受賞された方々へのお祝いのシャンパーニュとして、6年連続でテタンジェが提供されたことは大変名誉あることです。

ノーベル賞晩餐会のメニューリストはこちら(外部サイトにリンクします)
https://www.nobelprize.org/ceremonies/nobel-banquet-menu-2019/ 

6年連続で提供されたテタンジェのラインアップ

2014年から2018年までのノーベル賞晩餐会に提供されたシャンパーニュ テタンジェのラインアップ

6年連続提供されたテタンジェのシャンパーニュ。2014年からの提供アイテムをご紹介します。

◆2014年:テタンジェ ブリュット レゼルヴ
◆2015年:テタンジェ ブリュット ミレジメ2008
◆2016年:テタンジェ コント・ド・シャンパーニュ2006
◆2017年:テタンジェ ブリュット レゼルヴ
◆2018年:テタンジェ ブリュット ミレジメ2013
◆2019年:テタンジェ レ フォリ ド ラ マルケットリー

「食べるシャンパン。」を謳うテタンジェ

テタンジェが2019年より展開するコピー、「食べるシャンパン。」をご紹介します。

6年連続でノーベル賞晩餐会に提供されたシャンパーニュ テタンジェの2019年コピー

世界でも数少ない家族経営の
シャンパーニュメゾン、テタンジェ家。
初代ピエール・テタンジェから続く
フランスの美食家一族であり、
食事とともに楽しむ、
その哲学を基にシャンパーニュを
進化させてきました。
ひとつまみの塩をかけるように、
テタンジェを飲んでください。
料理だけではたどり着けない幸福を約束します。
このシャンパーニュと合わない食事は、
世界中のどこを探してもおそらくありません。
美食の横には、テタンジェがいる。

「食べるシャンパン。」を謳うテタンジェが、ノーベル賞晩餐会で提供されるにふさわしいシャンパーニュとして6年連続で選ばれたことを大変光栄に思います。

テタンジェの公式サイトはこちら
http://www.sapporobeer.jp/wine/taittinger/ 
テタンジェの公式Facebookはこちら(外部サイトにリンクします)
https://www.facebook.com/Taittingerjp/?ref=bookmarks 

6年連続ノーベル賞晩餐会で提供されたテタンジェのシャンパーニュは、お食事をさらに美味しく高めてくれる特別な存在。立ち上る泡のきらめきに魅了されてしまいます。

※ワインについては、記事掲載時点での情報です。

記事の先頭へ戻る

令和はロゼ!おしゃれでフレッシュなロゼはワイン初心者におすすめ!ロゼの記事一覧はこちら