寒い日はホットワインで決まり!おいしく飲むポイントは?

今回は、寒い日にピッタリのホットワインを紹介します。ホットワインの作り方や相性のよいおつまみもお伝えします。冬ならではのワインの楽しみ方をマスターしちゃいましょう。

世界はロゼを選んでる!ロゼワインの魅力をお届けします

寒い日はホットワインで決まり!おいしく飲むポイントは?

ホットワインとは?

ホットワインはヨーロッパのクリスマスの定番です。クリスマスマーケットに行くとよく目にするホットワイン、一度は野外で楽しんだことがある方もいるのでは?

ホットワインとは、ワインとフルーツ、それにスパイスを混ぜて温めたものです。ドイツやフランスを始めとするヨーロッパやカナダ、意外なところでは南米でもホットワインが飲まれています。ホットワインという名称は和製英語であり、海外では別の名で呼ばれています。また、国が変わると呼び名も変わり、フランスやイタリアではヴァン・ショー、ヴァン・ブリュレとも呼ばれているそうです。

ホットワインは「グリューワイン」と総称されることもありますが、グリューワインと呼ぶのはドイツやオーストリア、アルザス地方です。こちらは赤ワインではなく白ワインベースのものが主流。北欧ではグロッグと呼ばれ、ワインではなくさらに高アルコールのお酒を使うこともあります。

英語ではモルドワイン、オランダではビショップヴァイン、ブルガリアならグレヤーノ・ヴィーノ、ブラジルはヴィーニョ・ケンテなど、各国で全く違う名称で親しまれています。

考えてみると、日本でも冬は日本酒を「熱燗」という形で昔から楽しんでいます。ワインもそれと同じく、各国で温かいものが伝統的に楽しまれてきているのです。ホットワインは基本的に赤ワインを使いますが、ドイツのように白ワインを使うところもあります。

また、海外ではホットワインに使うスパイスをセットで販売していることもあります。主に使われるスパイスは、シナモン、クローブ、スターアニスの3種。暖かい季節にぴったりなスパイスばかりです。カフェやお店でホットワインを注文するのはもちろん、家庭でも手軽に飲まれている証拠ですね。

フルーツやスパイスを入れることでワインを飲みやすくし、寒い冬にもうれしいホットワイン。見た目もおしゃれですし、自宅でも簡単に楽しめます。材料さえ用意すれば、誰でも手軽におしゃれなホットワインを作れます。

ホットワインがおすすめの理由

寒い日はホットワインで決まり!おいしく飲むポイントは?

日本ではまだ定着しているとは言いがたいホットワインですが、ヨーロッパでは寒い季節の定番の飲み物として親しまれています。

ここでは、ホットワインをおすすめする理由をご紹介していきますので、まずはホットワインについての理解を深めていきましょう。

手軽に楽しめる

ワインとフルーツやスパイスがあれば、簡単に作れるホットワイン。その手軽さも、ホットワインをおすすめする理由のひとつです。

ホットワインに使うワインは、高級なものを用意する必要はありません。カジュアルでリーズナブルなワインを用意するだけでOK。わざわざワインを買いにお店に走らなくても、開けたものの飲みきれなかったワインを使って作ることだってできるんです

ある材料を使って、思いついたときにササッと作れるので、誰だって簡単にホットワインデビューをすることができるというのがいいですよね。

オリジナリティを楽しめる

ホットワインは、基本的にはベースとなるワインに、フルーツやスパイスなどを加えて温めるだけで作ることができます。どのフルーツを入れるか、どのスパイスを入れるかについての決まりごとはないので、オリジナリティを楽しめるが魅力です。

また、ベースとなるワインとして何を選ぶかによっても、味が変わってきます。好みで砂糖やはちみつなどの甘味を加えることもできるでしょう。少し甘味がほしいという場合は砂糖を、甘味に加えて風味もプラスしたいという場合は、はちみつを加えることをおすすめします。

自分の好みの香り、甘さのワインに仕上げられ、幅広い好みに合わせることができるのはホットワインならでは良さです。

寒い季節にうれしい温かさ

寒い冬には、温かい飲み物が恋しくなるもの。温かい飲み物を飲むと、ホッと一息つけますよね。

そこでおすすめなのがホットワイン。温かいホットワインを飲んで心もポカポカさせちゃいましょう。
ジンジャーやシナモン、クローブといったスパイスを入れて、温めるひと手間も冬にはうれしいものです。

ホットワインを家でも作ろう~レシピ紹介~

寒い日はホットワインで決まり!おいしく飲むポイントは?

それでは、ここからはホットワインをお家で楽しむためのレシピを紹介します。どれも基本は材料を入れてワインを温めるだけですので、難しいことはありません。料理がちょっぴり苦手な方でも大丈夫!いつもとはちょっと違う、おいしく風味豊かなワインを楽しんでみましょう。

本格的レシピ

まずは本格的な基本のレシピから紹介します。

材料(4人分)

赤ワイン   1本750ml
水      200ml
カルダモン  6粒
クローブ   6つ
スターアニス 4つ
シナモン   2本
アニスシード 大さじ1
オレンジ   1個
きび糖    大さじ10

作り方

1. カルダモンから中身を取り出し、シナモンスティックは軽く砕きます。
2. オレンジとキビ糖以外の材料を小鍋に入れて火にかけ、弱火で温めます。
3. 薄くスライスしたオレンジを加え、そのまま弱火で15分程度煮出します。
4. 砂糖を入れ、溶けたらでき上がり。砂糖が多すぎると感じたら少し減らしても大丈夫です。スパイスが入らないよう、茶こしでこしてからお召し上がりください。

本格ホットワインを作るコツ

本格的なホットワインの味にするために、気をつけるのは火加減とスパイスの選び方です。風味豊かなホットワインに仕上げるために、スパイスは必ずホールタイプを用意しましょう。

火加減にも注意してください。沸騰させないように、弱火で必ず煮出します。沸騰させるとせっかくのワインの風味が損なわれてしまいますので注意しましょう。

寒い日はホットワインで決まり!おいしく飲むポイントは?

本格ホットワインを作る時の赤ワインは、国内製造で安心の「ポリフェノールでおいしさアップの赤ワイン」がおすすめ。サイズは2つ。たっぷり楽しめる1.8L(参考小売価格:税抜1,097円)と手軽な720ml(参考小売価格:税抜500円)があります。
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/MX63/index.html

手頃な価格ながらコクとまろやかさをもち、バランスの良い味わいで人気のワインです。たっぷり大容量ですので、ホットワインをたくさん作ってホームパーティで振る舞ってみてはいかがでしょうか。

簡単レシピ

本格派のホットワインを思いついた時にすぐ作るのはちょっと大変ですよね。ここからはさらに簡単に楽しめるレシピを紹介します。

■赤ワインを使ったホットワイン

・ホットワインレモネード

ちょっと一息いれたい時、いつでも簡単に作れるのがこのホットワインレモネードです。

材料

赤ワイン     60ml
お湯       90ml
レモン汁     大さじ1
はちみつ     大さじ1

作り方

1. 材料を耐熱カップに入れて混ぜます。レンジ600Wで30秒ほど温めれば完成です。レンジによってはワット数を変えて沸騰しないように注意してください。

 

・ヒマラヤンシェルパティー

ヒマラヤ登山を助けるシェルパ(登山時の荷物運搬、案内などを行う人)が愛飲しているという、ワインに熱い紅茶を混ぜるだけのお手軽ホットワインです。仕事の疲れでぐったり、そんな夜のリラックスタイムにどうぞ。

材料

赤ワイン   90ml
紅茶     30ml

作り方

1. 紅茶を煮出します。
2. 赤ワインを入れた耐熱コップに熱い紅茶を注いだらでき上がり。

・ホットワインにおすすめの赤ワイン

寒い日はホットワインで決まり!おいしく飲むポイントは?

[イエローテイル]シラーズ(750ml) (参考小売価格:税抜1,007円)
https://www.sapporobeer.jp/product/wine/L220/

タンニンが控えめでありながら、熟した果実の味わいと香りを存分に引き出した赤ワイン。口にした瞬間、甘いベリーと爽やかなバニラのアロマの香りが広がります。


購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら


寒い日はホットワインで決まり!おいしく飲むポイントは?

ポリフェノールでおいしさアップの赤ワイン(720ml)(参考小売価格:税抜500円)
https://www.sapporobeer.jp/product/wine/PT82/

上記で紹介したワインのボトルバージョンです。まろやかでコクのある風味がクセになります。


購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら


■白ワインを使ったホットワイン

・はちみつショウガの白ワインのホットワイン

白ワインのホットワインならこちらをお試しください。体を温めてくれるショウガもチューブタイプのものを使えばとっても簡単。

材料

白ワイン         180ml
ハチミツ         適量
チューブのおろししょうが 小さじ1/4

作り方

1. 耐熱カップにワインを入れ、600Wで30秒温めます。
2. 温めたワインにショウガとハチミツを加えて混ぜましょう。お好みで洋梨を浮かべてもOK。

・アップルホット白ワイン

リンゴの甘酸っぱさと白ワインとの組み合わせが絶妙な味わいなのです。

材料

白ワイン 120ml
リンゴ 1/4個

作り方

1.リンゴは皮をむいたら塩水に通して、すりおろします。
2.すりおろしたリンゴを鍋に入れ、火にかけたら白ワインを加えます。
3.2が温まったら、クッキングペーパーなどでこして、絞ってできあがり。

・ホットワインにおすすめの白ワイン

寒い日はホットワインで決まり!おいしく飲むポイントは?

[イエローテイル]シャルドネ(750ml) (参考小売価:税抜1,007円)
https://www.sapporobeer.jp/product/wine/L221/

バニラとココナッツのアロマの香りが特長的な白ワイン。後味はまろやかでクリーミーな余韻が感じられます。


購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら


寒い日はホットワインで決まり!おいしく飲むポイントは?

有機酸でおいしさアップの白ワイン(720ml) (参考小売価格:税抜500円)
https://www.sapporobeer.jp/product/wine/PT81/

有機酸の白ブドウをたっぷり使った白ワイン。爽やかな口当たりなので、
ワイン初心者にもぴったりの一品です。


購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら


■ホットワインをよりおいしく飲むポイント

ホットワインを作ったものの、「渋くて飲めない」という経験をしたことはありますか?ワインを温めることで、渋みが増してしまうということはしばしばあるものです。

ワインの渋みが気になるという場合は、水やフルーツジュースを加えてみましょう。そうすれば、渋みが軽減され、ワインが飲みやすくなります。オレンジやレモン、リンゴ、ブルーベリーなどのフルーツを加えるのも◎。

甘味を加えるのもひとつの方法です。リキュール(カシス、オレンジ)や天然のはちみつ、ジャム、黒糖などを加えると良いでしょう。甘味を加えるだけで、ずいぶんと味わいがまろやかになって、渋みが気にならなくなるはずです。

ホットワインを作る際は、渋みが穏やかなワインを選ぶようにすると、飲みやすいホットワインを作ることができますよ。

ホットワインに合うおつまみは?

ホットワインを作ったら、簡単に作れて手軽につまめるおつまみも用意してみましょう。

クラッカーで簡単おつまみ

寒い日はホットワインで決まり!おいしく飲むポイントは?

生ハムとクラッカーで簡単につまめるおつまみを作りましょう。
必要な材料は、クラッカー、生ハム、スライスチーズ、オリーブオイルのいずれも適量用意します。クラッカーの上に生ハムとスライスチーズを重ね、上からオリーブオイルをかけたらできあがり!黒胡椒を上からかけてもスパイシーでおいしくなります。お好みでどうぞ。

リンゴチーズ

寒い日はホットワインで決まり!おいしく飲むポイントは?

りんごと様々なチーズを用意してスライスするだけで、十分立派なワインタイムを楽しめます。りんごもチーズもお好みのものを用意しましょう。市販の6Pチーズでも大丈夫ですよ。

サンドイッチ

寒い日はホットワインで決まり!おいしく飲むポイントは?

休日の午後からのんびりホットワインを楽しむなら、サンドイッチやブルスケッタと一緒にランチ気分で楽しむのもおすすめです。フランスパンや全粒粉のパンを用意して、具材はお好みで大丈夫。好きなものを好きなだけサンドして、贅沢な時間を堪能してみてくださいね。

■ホットワインに合うおつまみレシピ

ホットワインにピッタリの簡単にできるおつまみレシピを2品ご紹介します。ホームパーティにもおすすめですよ。

・モッツァレラチーズのフリット

寒い日はホットワインで決まり!おいしく飲むポイントは?

材料(4~6人分)

モッツァレラチーズ 1個
アンチョビ 3枚
粗挽き黒こしょう 適量
小麦粉 適量
パン粉 適量
サラダ油 適量
ブラックオリーブ(種なし) 6個
イタリアンパセリ 適量

●A
溶き卵 1個分
小麦粉 大さじ2
水 大さじ1

●トマトソース
トマト缶(カットタイプ) 1/2缶(200g)
塩 少々

作り方

1. モッツァレラチーズを縦半分に切って断面を下にし、それぞれ6等分にして12枚にします。ペーパータオルで包み、しっかりと水分を吸収させます。ブラックオリーブを輪切りにします(幅5ミリ)。

寒い日はホットワインで決まり!おいしく飲むポイントは?

2. モッツァレラチーズ6枚を並べ、半分にちぎったアンチョビをそれぞれにのせます。黒こしょうをふったら、それぞれの上に残りのモッツァレラチーズをのせてはさみます。

寒い日はホットワインで決まり!おいしく飲むポイントは?

3. Aの材料を混ぜ合わせます。2のモッツァレラチーズに小麦粉をまぶし、Aにくぐらせて、パン粉をまぶします。パン粉は軽くすりつぶしておきましょう。フライパンにサラダ油を入れ(深さ1センチ程度)高温に熱し、パン粉をつけたモッツァレラチーズを入れて、両面がこんがり色づく程度まで揚げ焼きにします。

寒い日はホットワインで決まり!おいしく飲むポイントは?

4. トマトソースを作ります。ボウルに少し小さめのざるを重ねて、トマト缶を入れてゴムべらなどでこします。塩を加えて混ぜたら、できたソースを皿に敷きます。1のブラックオリーブを散らして3を盛り、イタリアンパセリを散らしてできあがりです。

寒い日はホットワインで決まり!おいしく飲むポイントは?

・ほくほくスイートポテト風サラダ

寒い日はホットワインで決まり!おいしく飲むポイントは?

材料(4人分)

さつまいも 600g
ベーコン 120g
クリームチーズ 120g

●A
マヨネーズ 大さじ6
はちみつ 大さじ2
ドライフルーツ(好みのもの。ざく切り) 大さじ4~6
粒マスタード 大さじ1と1/3

塩 少々
黒こしょう 少々

作り方

1. さつまいもは皮をむいて1.5センチ幅ほどの厚さに切り、10分程度水にさらします。クリームチーズは1センチ角程度に、ベーコンは幅1.5センチに切ります。弱火で熱したフライパンにベーコンを入れ、表面がカリッとするまで炒めてください。

寒い日はホットワインで決まり!おいしく飲むポイントは?

2. さつまいもの水気を切ったら、耐熱ボウルに入れてラップをかけ、電子レンジ(600W)で6分程度加熱します。さつまいもが柔らかくなったら、水気をとって、熱いうちにフォークで粗くつぶしましょう。

寒い日はホットワインで決まり!おいしく飲むポイントは?

3. 2のさつまいもの粗熱がとれたら、1のベーコン、クリームチーズとAの材料を加えて混ぜます。塩と黒こしょうで味をととのえて、できあがり。

寒い日はホットワインで決まり!おいしく飲むポイントは?

※ワインについては、記事掲載時点での情報です。

まとめ

冬にうれしいホットワイン、いろいろなレシピで楽しめることがわかりました。今日の気分は赤ワインか白ワインか、使うスパイスやフルーツは何にしようか。仕事帰りにスーパーに立ち寄って、材料を吟味しながら考えてみるのも楽しそうですよね。

ホットワインだけでも手軽においしく楽しめますが、せっかくならおつまみも用意してみませんか。おつまみは簡単かつ好きなもので大丈夫。フルーツが入っているので果物も合いますし、ワインなのでチーズも相性抜群です。北欧や北米、さらに南米でも親しまれているホットワイン。今年の冬はクリスマスマーケットだけでなく、自宅でも手軽に楽しんでみてはいかがでしょうか。

ホットワインにおすすめのワインの購入はこちら

この商品を含む、ご紹介ブランドの購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら

記事の先頭へ戻る

令和はロゼ!おしゃれでフレッシュなロゼはワイン初心者におすすめ!ロゼの記事一覧はこちら