【メルロー】赤ワインのブドウ品種の基礎知識を解説!

フランス・ボルドー地方原産のメルローについて徹底解説

ルビー色が美しいメルロー種のワイン。メルロー種は世界中で栽培されている、ブドウ品種です。この記事では、メルロー種の産地はどこが有名なのか、どのような料理が合うのかなど詳しく紹介していきます。メルロー種の基礎知識を深めたら、早速飲み比べをして好みの赤ワインを見つけてみてくださいね。

フランス・ボルドー地方原産のメルローについて徹底解説

メルローとは、ボルドーが原産の赤ワイン用品種

まずは、メルロー種の特長について、色や香り、味わいなどの知識を深めていきましょう。

メルローの原産はボルドー

メルロー種は、フランスのボルドー地方原産のブドウ品種です。他のブドウに比べて育てやすい品種であり、造るのが難しいとされる寒い土地でも問題なく栽培できます。そのため、メルロー種は世界で広く栽培されるようになりました。

塩分に弱いともいわれていますが、様々な気候への対応力は高いです。また、メルロー種はカベルネ・ソーヴィニヨン種の親戚としても知られています。

メルローの色

深みがある色合いの赤ワインが特長のメルロー種のワイン。

カベルネ・ソーヴィニヨン種のワインよりもやや朱色を帯びています。

メルローの香り

ブラックチェリー、プラムを連想させる果実の香りが印象的なワインです。コーヒーやチョコレートの香りがすると表現されることもあります。

メルロー種の親戚であるカベルネ・ソーヴィニヨン種はカシスやオレンジのようなフローラル系の香りがしますが、メルロー種はベリー系を基調とした香りが漂います。

メルローの味わい

タンニンがきめ細やかで、まろやかな口当たりが特長です。カベルネ・ソーヴィニヨン種ほどタンニンや酸味は強調されないため、優美な味わいを楽しめるでしょう。

カベルネ・ソーヴィニヨン種とのブレンドでは、飲みやすくバランスの取れた味わいが引き出されます。

メルローの使われ方

メルロー種の使われ方としては、カベルネ・ソーヴィニヨン種とのブレンドが多いです。長期熟成に耐えうるワインに仕上げることができるため、このような使われ方がされています。

もちろん、ブレンドだけではなく単体でも使用されます。さらに、味わいにも変化が現れ、果実感をより感じられるため、まろやかな味わいが口の中に広がるでしょう。

メルローの「味わい/香り」は産地によって異なる

フランス・ボルドー地方原産のメルローについて徹底解説

メルロー種は原産地によっても味わいや香りの変化が楽しめます。世界中で栽培しやすい品種だからこそ、多様な地で造られたメルロー種のワインの飲み比べが可能です。

フランス

世界最高峰のワインからカジュアルなワインまで幅広く造られています。特に優れているのがボルドー地方のサンテミリオンとポムロールです。

プラムやレッドチェリーのような香りやコクとまろやかさを感じられる味わいがフランスのメルロー種の特長です。

チリ

完熟した黒系の果実とカカオ、ミントの香りが程良いメルロー種です。国内最大のブドウ産地のマウレ・ヴァレーで多く栽培されています。

太陽の恵みがたっぷり注がれる地域のため、他国のメルロー種に比べて濃厚な味わいでまろやかな口当たりが楽しめます。滑らかなタンニンもチリのメルロー種ならではです。

アメリカ

濃密な黒系果実の香りが特長的なのが、アメリカのメルロー種。果実味がはっきりしているのが特長です。デイリーワインとして、普段の食事に合わせることができます。

もちろん、高級ワインのメルロー種もあり、ちょっと贅沢をしたいときに試すのもおすすめです。

日本

メルロー種は日本の気候に合っていて、優れたワインが造られています。特に長野県では、昼夜の寒暖差により優れたメルロー種が生産されています。

日本のメルローは、繊細なベリーの香りと果実味が特長的です。非常に穏やかで緻密なタンニンと柔らかな口当たりが味わえます。

こんな方にはこんなメルローワインがおすすめ

フランス・ボルドー地方原産のメルローについて徹底解説

メルローのシーン別おすすめワインを紹介します。スパイシーなもの、まろやかな口当たりのものなど飲み比べながら、好みのメルローを見つけてみてくださいね。

本格的なメルローを楽しみたい方へ

シャトー・フラン・マイエ_外観

・シャトー・フラン マイエ(参考小売価格:税抜4,408円)

色は深いルビー色で口当たりが良く、洗練された香辛料(シナモン)のような香りが楽しめる赤ワインです。樽で1年間熟成しており、熟成のピーク時に収穫されたブドウが作りだすボリューム感のあるタンニンと凝縮した果実感を楽しむことができます。

 

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

カジュアルにメルローを楽しみたい方へ

PW90サンタ・リタ スリー・メダルズ メルローG01外観

サンタ・リタ スリー・メダルズ メルロー(参考小売価格:オープン価格)

チリ国内シェアNo.1ワイナリー(※2016年)「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」を通算10回受賞した、濃度(濃さ)、辛さ、渋味の3つのバランスが良い赤ワインです。熟したプラムやブラックチェリーの黒系果実の香り、ミントなどのフレッシュハーブの香りが微かに感じられ、バランスを追求したからこその滑らかでまろやかな味わいが、カジュアルに楽しみたい方にはぴったりです。

※ニールセン調べ。2016年のチリ国内における販売数量シェアNO.1

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

スパイシーなメルローを楽しみたい方へ

J323BGナパヴァレー・メルローG01外観

ベリンジャー ナパ・ヴァレー メルロー(参考小売価格:税抜5,008円)

アメリカの偉大な赤ワインの銘醸地、カリフォルニア州ナパ・ヴァレー産の赤ワインです。「ワインスペクテーター」誌の“ワイン・オブ・ザ・イヤー”を赤ワインと白ワインの両方において受賞しました。完熟したプラムやブラックベリーの非常に濃密な黒系の果実、スパイスミックスの香り、濃厚で綺麗な渋味の余韻の長い味わいが特長です。

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

まろやかなメルローを楽しみたい方へ

グランポレール 安曇野池田 メルロー 2017_外観.image

グランポール 安曇野池田 メルロー(参考小売価格:税抜4,008円)

長野県内で素晴らしい産地の1つ、池田町の自社畑メルロー種の赤ワインです。長野県は、標高が高く風や1日の気温差もあり、最高峰の産地です。カシスやブルーベリー、樽熟成によるバニラの甘い香り、まろやかで優しいながらも包み込むような力強いコク、柔らかい渋味がたっぷり味わえます。

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

メルローワインと相性が良いおすすめ料理

フランス・ボルドー地方原産のメルローについて徹底解説

ルビー色が美しいメルローは、肉料理と良く合います。肉料理以外に野菜と合わせるのもおすすめです。

洋食

■鴨のロースト

フランス・ボルドー地方原産のメルローについて徹底解説

シャトー・フラン・マイエ_外観

まろやかな口当たりが特長的なメルロー種のワインには、黒胡椒を効かせた鴨のローストがよく合います。シナモンのニュアンスがあり、果実味、酸味、コクのバランスの取れた味わいのシャトー・フラン マイエと合わせれば、お互いのアフターフレーバーが重なり合い、また一口、と食事を進めたくなるでしょう。

 

 

 

■ハンバーグステーキ(デミグラスソース)

フランス・ボルドー地方原産のメルローについて徹底解説

J323BGナパヴァレー・メルローG01外観

ナツメグなどのスパイスを効かせたジューシーなハンバーグに、濃厚でコクのあるデミグラスソースをふんだんにかけたものとメルロー種のワインは相性抜群。ベリンジャー ナパ・ヴァレー メルローと味わえば、重なり合うスパイスが香り、ソースとワインの濃密な果実味も交わり、絶妙で長い余韻が楽しめます。

 

 

和食

■ナスの田楽

フランス・ボルドー地方原産のメルローについて徹底解説

グランポレール 安曇野池田 メルロー 2017_外観.image

メルロー種のワインは、しっかりとした旨味がある味噌料理とも合います。赤味噌でいただく場合は、ベリー系の果実の凝縮感があり、やわらかいコクとなめらかな渋味のあるグランポール 安曇野池田 メルローがおすすめ。コクのある味噌の味わいと良いバランスをとり、味噌の風味をより活かします。

 

 

 

中華料理

■肉とピーマンのオイスター炒め

フランス・ボルドー地方原産のメルローについて徹底解説

PW90サンタ・リタ スリー・メダルズ メルローG01外観

牡蠣を中心に、お砂糖やお醤油、塩等を煮詰めた独特の味わいと深いコクが、メルロー種のワインとマッチします。サンタ・リタ スリー・メダルズ メルローと合わせれば、素材との相乗効果も生み出されるでしょう。例えば、牛肉とは果実味が濃厚でしっかりとしたコクと柔らかく上品な渋味が、ピーマンとはドライハーブを思わせるハーブ、野菜の香りがお互いの良さを引き出してくれます。

 

 

※ワインについては、記事掲載時点での情報です。

まとめ

メルローは気候の変動に強いため、世界中で広く栽培されています。ベリー系の香りがふんわりと包み込み、まろやかな口当たりが魅力のワインです。味わいや香りが原産地によっても異なるので飲み比べてみてはいかがでしょうか。メルローと相性の良い肉料理や野菜料理とともに優雅なひとときを過ごしてくださいね。

メルローのワインの購入はこちら

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

記事の先頭へ戻る