コップでワインを飲むのはOK?好きなコップでおいしくワインを飲む方法

ワインをコップで飲むのはOK?ワイングラスの役割とコップの違い

家飲みなどカジュアルな場面でワインを楽しむときは、肩の力を抜いて気軽に楽しみたいですよね。お気に入りのメーカーが作ったワイングラスで飲むのも楽しいものですが、うっかり割ってしまわないか心配、という方も多いでしょう。

そんなときは、ワイングラスの代わりに思い切ってコップで飲んでみてはいかがでしょうか。今回は、ワインをコップで飲んでも良いのか、そもそものワイングラスの役割とともに紹介します。

世界はロゼを選んでる!ロゼワインの魅力をお届けします

ワインをコップで飲むのはOK?ワイングラスの役割とコップの違い

ワイングラスの役割

ワインを楽しむときのグラスといえば、細長く伸びた持ち手と丸みをおびたボウルが組み合わさった、特徴的な形状のワイングラスが定番です。

シンプルながらおしゃれな印象のワイングラスですが、実は単純に見た目の演出だけを目的としているわけではありません。独特の形状は、当然役割を担っています。

■ワインの温度変化を防ぐ

ワイングラスの特徴的な部分といえば、ステム(脚)があげられます。ステムはワイングラスの底から伸びる脚のことで、中身の温度変化を防ぐために活用される部分です。

ワインは味や香り、色などの楽しむポイントをもっています。温度はワインの味と香りを変化させる要素であり、おいしく味わうためには適正温度を維持しなくてはなりません。

ワイングラスのステムを持ち手として利用することで、グラスに伝わる体温を最小限に抑え、ワインが暖まるのを防ぐことができます。結果、直接手でボウル部分を持つよりもワインの適正温度を長く保てるため、最後までおいしく味わえるメリットがあります。

■ワインの香りを際立たせる

ワインをコップで飲むのはOK?ワイングラスの役割とコップの違い

ステムが支える本体部分(ワインを注ぐ部分)を、ボウルと呼びます。ボウルは丸み・ふくらみ・厚み・容積が考慮されており、赤ワイン用や白ワイン用、ボルドー用やブルゴーニュ用、そしてスパークリングワイン用など種類がとても豊富です。

その理由は、ボウルの形状が変わると注がれたワインが空気に触れる面積が変わったり、香りの伝わり方に差が出たり、舌へのワインの流れ方が異なったりするためです。ワインの種類ごとに適切な形状のワイングラスを選ぶと、香りや味わいを最大限引き出して楽しむことができます。

■最適な舌の位置でワインを味わえる

ワインを最適な舌の位置に流し込むことも、ワインを楽しむコツです。ワイングラスは人間の舌による味の感じ方を考慮したうえで、飲み口の広さも計算されています。

ワイングラスの飲み口の違いによる大まかな影響の差は、以下のとおりです。

・狭い飲み口…酸味が感じにくい
・広い飲み口…酸味をしっかりと感じる

酸味が強すぎるワインは、狭い飲み口のワイングラスで飲むと、ストレスなく味わうことができます。反対に酸味のきりりとした爽快感を楽しみたいときは、広い飲み口のワイングラスが最適です。

コップでワインを飲む場合

ワインをコップで飲むのはOK?ワイングラスの役割とコップの違い

このように、ワイングラスの形状には意味があることが分かりましたが、カジュアルな場面ではやはり「割れないか」と心配が勝ってしまうものです。「もっと気を遣わずに飲みたい!」と考える方は、通常のコップで挑戦したくなるでしょう。

この項目ではコップでワインを飲むとどのような影響があるのか、おいしく飲むことはできないのかなど 気になるポイントをまとめました。

■香りが外に逃げてしまう

ワイングラスのボウル部分をよく見ると、ボウルの胴中心部(胴中央部) よりも飲み口のほうがすぼまった形状をしています。ワイングラスの種類によってカーブ具合や大きさは異なりますが、どのワイングラスも基本的には飲み口に向かって狭くなっています。

このようなワイングラス特有の形状は、ワインの香りが外に逃げないためのものです。ワインから立ち上る香りはボウルのカーブに当たり、グラス内に留まるようになっています。

もし飲み口が広い(底部分から垂直の)ごく一般的なコップで飲むと、このような効果は期待できません。通常のコップで飲むと、ワインのせっかくの香りが逃げてしまいます。

■ワインの温度が高くなる

前述のとおり、冷たいワインを冷たいまま味わうために、ワイングラスはステムと呼ばれる脚部分が活用されます。

コップにはステムがないため、グラスの胴部分を直接持つこととなります。コップでワインを飲むと、持ち手 の温度がグラスを介してワインに伝わりやすく、時間が経つにつれてワインが温まってしまうでしょう。

■デイリーワインはコップでも楽しめる

上記2点の理由により、複雑で上質な味わい・香りを魅力とする高いワインは、コップで飲むことに向いていません。せっかくの魅力をことごとく台無しにしてしまいます。

では、どんなワインもわざわざ専用のワイングラスを出さなきゃいけないの?というと、必ずしもそうとは限りません。例えばお手頃なデイリーワインなら、「気軽に自由にワインを楽しみたい」「ワイングラスを洗うのは、ちょっと気を使うし面倒」という方は、コップでも十分おいしく飲むことができます。

もちろんワイングラスで飲むほうがより味わい深く楽しめますが、気軽に家飲みしたいときには、 コップで楽しむ手軽さを優先しても良いでしょう。

コップでワインを楽しむ3つのコツ

ワインをコップで飲むのはOK?ワイングラスの役割とコップの違い

最後に、コップでもワインをおいしく飲むための3つのコツを紹介します。手軽さを残しつつ、しっかりとワインを楽しむために、ぜひ参考にしてみてください。

■複雑味のないライトボディのワインを選ぶ

複雑味のないワインといえば、やはりライトボディのワインがおすすめです。以下のワインなら、価格も手ごろでカジュアルな場面に合います。

うれしいワイン〈赤〉(参考小売価格:税抜457円)
PT75うれしいワイン(赤)G01外観

赤ワインながら、渋味を抑えたまろやかな味わいが特長のワインです。ブドウの味が最大限に生かされており、焼き鳥(たれ)やトマト系パスタによく合います。

 

 

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

PT74うれしいワイン(白)G01外観

うれしいワイン〈白〉(参考小売価格:税抜457円)

白ワイン派の方には、こちらがおすすめです。赤ワインと同様にブドウの味がしっかりと活かされているため、熟した果実味が心地良く、ほんのり甘味のある味わいを楽しめます。組み合わせる料理は、魚のフライやクリームシチューがぴったりです。

 

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

■イタリアのワイン用コップで飲む

普段のコップではなく、ワイン用のコップを揃えてみてはいかがでしょうか。イタリアではワイン用のコップで飲むことや、コップそのものを表す「オンブレッタ・ディ・ヴィーノ」 (日陰で飲むワイン)という言葉があります。

意外にも、ワインの長い歴史をもつイタリアでは、コップで飲むスタイルが受け入れられています。専用のコップは全体的に厚手の作りで、飲み口も厚みがあります。

シンプルな形状ですが、ワインがじんわりと口に広がるよう設計されており、しっかりとワインのおいしさを感じられるコップです。

■気軽なコップはデイリーワインがおすすめ

コップは洗いやすく、ワイングラスと比べると場所をとらないため、毎日のワインライフにぴったりです。毎日飲むからこそ、ワイン好きの方には健康志向のデイリーワインをおすすめします。

ポリフェノールでおいしさアップの赤ワイン10種の果実 (参考小売価格:税抜557円)

果実感あふれるフルーティな味わいが魅力の、ミディアムボディの赤ワインです。生ハムなど手軽なおつまみとも、オムレツやサンドイッチなどの軽食とも合います。

 

 

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

 

ポリフェノールでおいしさアップの赤ワイン<乳酸菌プラス> (参考小売価格:税抜507円)
「ポリフェノールでおいしさアップの赤ワイン<乳酸菌プラス>」ワインボトル

100mlあたり175mgの天然ポリフェノールを含むミディアムボディの赤ワインに、独自の乳素材SBL88乳酸菌をプラスした1本です。乳酸菌は100mlあたり1億個の割合で含まれており、ワイン自体も優しい酸味とバランスの良い味わいに仕上がっています。肉じゃがやコロッケなど肉料理に最適です。

 

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

※ ワインについては、記事掲載時点での情報です。

まとめ

ワインの特長(味・香り・色など)を最大限に引き出して楽しむためには、最適な形状のワイングラスを使用することがポイントです。しかし家庭でワインを楽しみたい場合、それぞれの種類に合わせたワイングラスを用意するのは、場所をとるため現実的とはいえません。

カジュアルに楽しみたいときは、思い切ってコップで飲んでみましょう。イタリアにはワイン専用のコップ もあり、デイリーワインであれば十分おいしく飲むことができます。

イタリアの専用コップの入手が難しい場合、フランスのDURALEXの厚手コップの活用もおすすめです。日本でも入手が容易な定番コップです。

デイリーワインの購入はこちら

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

 

記事の先頭へ戻る

令和はロゼ!おしゃれでフレッシュなロゼはワイン初心者におすすめ!ロゼの記事一覧はこちら