ケルナーのワインってどんな味?特長や主な産地を解説

北海道のワインでよく見かけるケルナーとは?

フランスや日本を原産とするブドウがあるように、ドイツを原産としたブドウも複数存在します。北海道のワインでも見かけることの多いケルナー種も、ドイツ生まれのブドウ品種のひとつです。

ドイツワインはもちろん、いまや北海道ワインを語るうえでも重要なケルナー種とは、どのような魅力をもつブドウなのでしょうか。ドイツワインの代表的な品種といえばリースリング種をあげる方も多そうですね。実はケルナー種とリースリング種にはちょっとしたつながりがあります。

ここではケルナー種の特長とともに、おすすめのワインも紹介します。

北海道のワインでよく見かけるケルナーとは?

ケルナーの特長

まずはケルナー種の基本的なプロフィールについて触れておきましょう。ケルナー種の生い立ちや特性は、以下のとおりです。

ドイツ生まれの白ブドウ品種

1929年、ケルナー種はドイツのヴュルテンベルグ地方の研究所で誕生しました。両親は黒ブドウのトロリンガー種と白ブドウのリースリング種で、自然的にではなく交配によって誕生した白ブドウです。

ただし、名前の由来は研究者ではありません。ケルナー種が誕生したヴュルテンベルグ地方出身の医者であり詩人でもあった人物ユリウス・ケルナー氏にちなんだものです。ゲーテやシラーとともにドイツ詩文学を代表する人気者の作品にワインを詠んだ詩があることから、作者の名を取ってケルナー種と名付けられました。

寒さに強い性質をもつ

北海道のワインでよく見かけるケルナーとは?

北海道よりも北部に位置するドイツで生まれただけあって、マイナス10度の寒さにも耐えられる耐寒性が大きな特長です。リースリング種よりも厳しい栽培環境で成長するタフさがあり、十分な収穫量を確保できます。

好ましくない栽培環境でも育てやすいことから、1990年ごろまではドイツの各地で広く栽培されていました。現在は同じくリースリング種を親にもつミュラー・トゥルガウ種の人気に押されつつあり、一時期栽培量が減少しましたが、今でも根強い人気が残っています。

アロマティックでみずみずしい味わいが特長的

ケルナー種は、マスカットの香りが主体で、ミントや柑橘系のさわやかな香りを含むこともあります。また、リンゴやマンゴーのような香りがほのかに感じられる場合もあり、全体的にフレッシュです。

味わいは穏やかな酸味と、フルーティーな印象が特長的です。リースリング種よりもフルーティーな味わいを楽しむことができ、しっかりとしたボディを感じられます。

ケルナーの主な産地

北海道のワインでよく見かけるケルナーとは?

ドイツ原産のケルナー種ですが、その適応力の高さからドイツ以外でも栽培されています。特に多く栽培されている地域は、以下のとおりです。

ドイツ

多くの地域で栽培されている中、主な産地としてあげられるところは生まれ故郷を含む以下の4地域です。

・ヴュテンベルグ
・モーゼル
・ファルツ
・ラインヘッセン

近年、ドイツワインは辛口志向が広まりつつあり、ケルナー種の栽培量は減少傾向にあります。しかし、リースリング種よりも穏やかなでフルーティーな味わいは多くの人に今もなお愛され続けています。

日本

ドイツと気候が似ている北海道も、ケルナー種が主に栽培されている地域です。実際、白ワイン用のブドウ品種のみを見ると、都道府県では最大の栽培面積(※)を誇っているほどです。

(※出典:「平成29年度特産果樹生産動態等調査/ぶどう用途別仕向実績調査/加工専用品種別の加工向け利用状況」農林水産省

道内の中でも、小樽市と近い余市町は冬になると気温がマイナス10度前後にまで下がるため、寒さに強いケルナー種は重宝されます。

同じくリースリング種を親にもつミュラー・トゥルガウ種や、耐寒性のあるセイベル種に次いで栽培されるようになったのがはじまりです。現在は両品種にも劣らず、白ワイン用ブドウ品種の代表格ともいえる存在となりました。

余市町エリアで栽培されるケルナー種のワインは、しっかりしたボディとアロマティックな香りが引き出されています。

ケルナーを使ったワインを紹介

北海道のワインでよく見かけるケルナーとは?

ケルナー種を使用した、日本のワインを2本ご紹介します。どちらも確かな品質と個性が魅力の「グランポレール」シリーズのため、贈り物としてもおすすめです。

TA53グランポレール 余市ケルナーG01外観

グランポレール 余市ケルナー(参考小売価格:税抜1,908円)

さわやかな辛口が特長の「グランポレール 余市ケルナー」は、5~7度にしっかりと冷やしてからお楽しみください。酸度がやや高めのブドウを使用しているためキレが良く、さわやかですっきりとした飲み口に仕上がっています。

青リンゴを思わせるフルーティーな香りは、寿司や鮭のムニエルなど、様々な魚介料理にぴったりです。アスパラのソテーなどシンプルなおつまみにも合います。

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

グランポレール 余市ケルナー遅摘み_外観

グランポレール 余市ケルナー遅摘み(参考小売価格:税抜2,308円)

こちらも5~7度までしっかりと冷やして飲める、やや甘口の1本です。しっかりと完熟した実を遅摘みにして、酸味と甘みのバランスが絶妙な状態で仕上げています。ブドウ本来の豊かな香りと凝縮感のある味わいは、ホワイトシチューやサーモンフライなど熱々の料理とよく合います。

 

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

 

※ワインについては、記事掲載時点での情報です。

まとめ

ケルナー種は、ドイツの白ワイン品種を語るうえで欠かせない存在です。近年はドイツ全体の辛口志向に押されつつありますが、穏やかでフルーティーな味わいを愛する方は多く、現在も根強い人気をもっています。

冬場は氷点下となる北海道でも、余市町を中心にケルナー種の栽培が盛んです。ドイツのもの以上にアロマティックでしっかりとしたボディのあるワインを楽しむことができます。

フルーティーなドイツワインや日本ワインを楽しみたい方は、ケルナー種もぜひ試してみてくださいね。

ケルナー種を使用したワインの購入はこちら

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

記事の先頭へ戻る