数量限定!「グランポレール 余市ケルナー スパークリング2020」約10年振りの発売

「グランポレール 余市ケルナー スパークリング2020」約10年ぶりの発売!

今回は9月21日に再発売した「グランポレール 余市ケルナー スパークリング2020」をご紹介します。
北海道余市で育てられたケルナー種を使用した微発泡のワインです。売れ行き好調の中、原料不足の為に惜しまれつつ約10年間休売していましたが、満を持して、2020年ヴィンテージを数量限定発売します!

ALTタグ(記事①):グランポレール 余市ケルナー スパークリング2020発売

「グランポレール 余市ケルナー スパークリング2020」の紹介

ALTタグ(記事④):グランポレール 余市ケルナー スパークリング2020発売

商品名     グランポレール 余市ケルナー スパークリング 2020
発売日・地域  2021年9月21日・数量限定
アルコール分  11.5%
参考小売価格  1,500円(税抜)

「グランポレール 余市ケルナー スパークリング2020」は北海道余市の契約農家で丹念に栽培されたケルナー種を100%使用しています。ケルナー種は1929年にドイツで交配されたブドウ品種でマイナス10度の寒さにも耐えられる耐寒性が大きな特長です。

香味としてはマスカットの香りが主体で、ハーブや柑橘系のさわやかな香りを含むこともあります。リンゴやマンゴーのような香りがほのかに感じられる場合もあり、フレッシュな印象のブドウ品種です。ドイツに似た気候である北海道での栽培も盛んで、北海道を代表する白ブドウ品種です。

グランポレールでは今回発売する「余市ケルナー スパークリング」の他にスティルワイン(発泡性ではないワイン)として「余市ケルナー」、「余市ケルナー〈遅摘み〉」も発売しており、どちらも数あるグランポレールのワインの中で人気の高いワインの一つです。

ケルナーを栽培している北海道・余市「弘津ヴィンヤード」弘津雄一さんのコメント

ALTタグ(記事②):グランポレール 余市ケルナー スパークリング2020発売

ケルナーを栽培しているグランポレールの余市の契約農家は6軒。今回はその中で弘津ヴィンヤードの弘津雄一さんにお話しを伺いました。

・ケルナーの栽培にあたって気を付けているところは?
「同じ畑で栽培しているピノ・ノワールやツヴァイゲルトレーベに比べ、わき芽(※1)が出やすく小まめな誘引作業(※2)が必要で栽培に大きな労力がかかります。また他のブドウ品種よりも少し糖度が上がりやすい特長もあり、病気になったり、虫が付きやすい品種で注意が必要です。そしてケルナーの収穫時期はうちの畑の中で一番遅く、最後まで気が抜けないんです。」

(※1) 葉と枝の間から出る芽。
(※2) 枝をワイヤーなどに結び付ける作業。

・2020年ヴィンテージの特長は?
「8月中旬から9月にかけ曇りがちで日照時間がやや少なく、生育がなかなか進まない難しい年でした。また収穫前には降雨もあり、病気が発生していないか毎日注意深く畑を見て回りました。9月末からは天気も持ち直し、例年より若干糖度は低いものの豊作となり前の年の3割増しの収穫でした。」

・皆様への一言
やや辛口の飲みやすい味わいになっていると思いますので、多くのご家庭で楽しんでいただけると思います。スパークリングなので何かのお祝いのタイミングで飲むのもいいかもしれませんね!」

醸造担当 久野靖子のコメント

ALTタグ(記事③):グランポレール 余市ケルナー スパークリング2020発売

「グランポレール 余市ケルナー スパークリング2020」の醸造を担当した久野靖子(サッポロビール所属)のコメントです。

「2020年、北海道・余市は近年まれにみる大豊作でした。グランポレールの契約農家さんたちの畑でも平年の1.5倍に迫る収穫量でした。たくさんのブドウに恵まれましたので、2020年は余市ケルナー スパークリングをつくるこにしました。

このワインは約10年前にグランポレールのラインアップにあり、とても好評でした。しかし、ブドウに余裕がなくなり、残念ながら休売せざるを得ないことになりましたが、今回、これを久しぶりにつくることができました!!「余市ケルナー スパークリング」は「余市ケルナー」用に仕込んだ何本かある原酒の中からより爽やかに軽く飲んで頂けるものを選んでいます。

微発泡に適している香味バランスも重要です。幸い2020年の原酒の中にはこれにぴったりのものがいくつかあり、さわやかに楽しんで頂けるワインにすることができました。限定品ですので、ぜひこの機会にお試し頂きたいです。」

テイスティングコメント
「淡い色合いと軽い泡でフレッシュさを想わせる外観です。最初はガスで香りが閉じ込められていますが、次第に開いてきて柑橘の果汁やかりん、蜜リンゴの香りが出てきます。

微発泡のワインで、口当たりはすっきりとさわやかです。通常のケルナーよりも発泡性がある為、味わいはよりシャープで辛い印象です。余韻にはケルナーらしいフルーティな香りが残り、最初から最後までケルナーのさわやかさが楽しめます。」

グランポレールの公式ブランドサイトはこちらから

「グランポレール 余市ケルナー スパークリング2020」の購入はこちら

「グランポレール 余市ケルナー スパークリング2020」の購入はこちら(外部サイトにリンクします)

WINE MARKET PARTY

 

北海道産のブドウの特長であるさわやかな酸味を感じられるスパークリングワインで、ご家庭でのお食事との相性も楽しめそう!豊作の年しか醸造しない希少なアイテムなのでこの機会に是非お試し下さい。

※ワインについては、記事掲載時点での情報です。

記事の先頭へ戻る