CULTURE

ワインをデキャンタ―ジュする方法を徹底解説! デキャンタージュに適しているワインってなに?

せっかく手に入れたワインなのに「飲みにくい」「渋みが強い」と感じたことのある人は多いのではないしょうか。「デキャンタージュ」をすることでワイン特有の悩みが解消されるかもしれません! 今回はデキャンタージュに適しているワインと、デキャンタージュの方法をご紹介します。

ワインをデキャンタ―ジュする方法を徹底解説!

デキャンタ―ジュってなに?

「デキャンタージュ」とは、ワインをボトルからデキャンタといわれるガラスの容器に移し替える作業のことをいいます。 デキャンタージュは、ワインボトルの底に沈殿している澱(おり)を取り除いたり、空気に触れさせたりすることで適度な酸化を促しワイン本来の香りや味わいをより引き立たせる効果があります。

ワインを最大限においしく飲むために、デキャンタージュが役立ちます!

デキャンタージュに適している・適していないワインって?

デキャンタージュをすることで効果を得られるワインもあれば、特に意味を成さない場合もあります。 また、ワインを購入するときもデキャンタが必要かどうか判断するために、デキャンタージュに向いているのかをある程度知っておくと便利です。

この項目ではデキャンタージュに適しているワインと適していないワイン、それぞれの特徴を紹介しているためぜひ購入時の参考にしてみてください。

デキャンタージュに適しているワイン

熟成したワインは、熟成が進む過程の中で澱が発生しやすくなります。前述したとおり、澱は味わいや舌触りに大きく影響する要素の1つです。デキャンタージュで澱を取り除いておくと、熟成した深みのある味わいを雑味なく楽しめるでしょう。

例えばボルドーワインやポートワインなどは澱が沈殿していることが多いため、デキャンタージュに向いています。

ちなみに、澱を取り除いたり香りを開かせたりするデキャンタージュの効果を最大限に活かすことができるワインは、熟成したものだけではありません。若いワインもデキャンタに移し替えるとおいしく飲める場合があります。

多くの若いフルボディのワインも、デキャンタージュに最適です。若いフルボディのワインは抜栓後にタンニンが強く、香りが開いていないことがあります。飲む前にデキャンタージュで適度に香りを開かせると、おいしく味わえるでしょう。

また、還元臭がするワインにも、デキャンタージュをするのがおすすめです。還元臭とは硫化水素による不快なにおいで、ワインの醸造課程の中で生じます。デキャンタージュすると還元臭も緩和でき、本来の味わいに戻る可能性があります。

デキャンタージュに適していないワイン

上記のようにデキャンタに移し替えることで舌触りや味わい、においの不快感が解消されるワインもあれば、デキャンタージュ自体に適していないワインもあります。

例えば白ワインはタンニンが少ないため、デキャンタージュするとかえって酸味が強まったり繊細な香りが失われたりするリスクが考えられます。スパークリングワインも炭酸が抜けてしまうため、デキャンタージュには適していません。

赤ワインであっても、繊細な味わいの赤ワインは避けたほうが良いでしょう。ピノ・ノワール種でつくられたものなど繊細な香りが特長的な赤ワインをデキャンタージュすると、せっかくの香りが飛んでしまうことがあるからです。

お家で簡単に試せる、デキャンタージュの方法

デキャンタージュする方法

澱を取り除きたいとき

年代物や熟成したワインを飲みたいときは、ボトルの底に澱が溜まっていることが多いため、これを取り除く必要があります。 デキャンタージュの際は、澱がデキャンタに入らないよう丁寧に移し替えることがポイント。 

◆準備するもの
ライト(懐中電灯、電気スタンドなど)

◆手順
1.ボトルの中の澱が動かないよう、静かにコルクを抜栓する
2.ボトルの口を清潔な布で拭き取り、デキャンタにほこりなどが入らないようにする
3.利き手で澱が動かないよう静かにボトルを持ち、反対の手でデキャンタを持つ
4.注いでいるときにボトル内の澱が見えるように、ライトでボトルのネック部分を下から照らす
5.澱が入り込まないように慎重に注ぎ、ネック部分に黒い沈殿物が見えたらすぐに注ぐのをやめる

澱のないワインのときは?

若いワインの場合、澱がほとんどないワインもあるでしょう。若いワインのデキャンタージュでは、澱を気にせず「たっぷり空気に触れさせる」ことに重点を置いてください。デキャンタにワインボトルを立て、勢いよく注ぐと味や香りが開きます。

まとめ

ワインをもっとおいしく飲むためには、デキャンタージュを知っておくととても便利です。ご自身でデキャンタージュにチャレンジするときは、ソムリエのようにスマートにワインを注ぐことは難しいかもしれませんが、落ち着いて丁寧にゆっくり行えば十分ワインはおいしくなります。

まずはこの機会にお好みのデキャンタを探すところから始めて、デキャンタージュに挑戦してみてください。

 

 

■あわせて読みたいデキャンタってなに?

「デキャンタってなに?」ボトルから移し替えるだけでワインがさらにおいしくなる容器

デキャンタの基本と、おすすめのデキャンタをご紹介します!