ワインを冷やすときは「適温」がポイント!冷やし方のコツを紹介

白ワインは冷やして、赤ワインは常温でと言いますが実際のところはどうなのでしょうか。ロゼワインは?スパークリングワインは?美味しく飲める適温とその方法をご紹介します。

世界はロゼを選んでる!ロゼワインの魅力をお届けします

ワインを冷やすときは適温を知っておこう

ワインはそれぞれのタイプに応じた温度で飲むときに、そのワインの良さが最大限に引き出される適温があります。

ワインの適温を知るために、「酸味」「タンニン」「甘味」が温度によってどのように変化するかをまず知っておきましょう。

「酸味」は温度が下がると引き締まり、逆に上がるとぼやけます「タンニン」は温度が下がると強く感じられますが、温度が上がっていくと強さが緩和され、味わいはまろやかに変化します。

「甘味」は温度が下がるとさっぱりしますが、逆に上がるとしまりがなくなっていきます。

このように温度によってワインの味わいに変化が生じる、ということを前提として理解しておきましょう。そうすると、それぞれのワインで適温といわれている温度帯の意味が分かるようになっていきます。

赤ワインの場合

赤ワインは「常温で飲むのもの」と言われることがありますが、これは昔からのワイン産地であるヨーロッパでの話です。ヨーロッパでの「常温=部屋の温度」は、夏でも20℃前後と過ごしやすい温度。

日本の場合、ヨーロッパと比べると高温多湿な環境なため、赤ワインを常温のまま飲むと、ぼやけた締まりのない味になってしまうことがあります。

気温が30℃を超えるような夏の時期には、20℃前後になるまで赤ワインを冷やしたほうが、本来の味わいを楽しめるでしょう。

ただし、赤ワインを冷やし過ぎてしまわないようにすることも大切です。渋みでコクのある赤ワインを冷やし過ぎると、渋みが強調されてしまいます。

タンニンが多く含まれているフルボディのワインは、16~20℃と冷やし過ぎないように調整しましょう。そうすることで、コクと渋みをちょうど良いバランスで美味しく味わうことができます。

酸味と渋みのバランスが良いミディアムボディは14~16℃にすると、フレッシュ感と深みのある味わいを楽しむことができるでしょう。

タンニンが控えめで、飲み口がスムースなライトボディは12~14℃と、フルボディより低めの温度で冷やすと、引き締まった味になります。

白ワインの場合

辛口の白ワインの適温は6~12℃です。しっかりと冷やしたほうが、酸味とフレッシュさが際立って美味しく感じられます。

白ワインでも、甘口のように酸味が穏やかなものは、6~8℃が適温です。

しっかり冷えていないと、酸味はぼやけてしまい、甘さだけが強調されて締まりのない味わいになってしまいますので、白ワインにとっても、温度は美味しく飲むための重要な要素になります。

ロゼワインの場合

辛口のロゼワインの適温は8~10℃です。この温度まで冷やすと、ロゼワインのコクや渋みがバランスよく味わうことができます。

甘口のロゼワインは、さらに冷やして6~8℃ほどにしましょう。そうすることで、スッキリとした風味になります。

温度が上がっていくにつれて香りが豊かになってくるのがロゼワインの醍醐味でもありますので、冷やした状態でグラスに注ぐようにしましょう。

ロゼワインの適温については、こちらの記事でも詳しくご紹介しています。https://wine.sapporobeer.jp/article/rose_appropriate_temperature/

スパークリングワインの場合

スパークリングワインは、温度が高いとワインの風味が落ちたり、ガスが抜けやすくなったりするので、冷やしておくことが必須です。

6~8℃とやや低めの温度に冷やすことで、スパークリングワインの爽やかな酸味ときめ細やかな泡が味わえます。

食後などにデザートワインとして飲まれる甘口のスパークリングワインの場合は、さらに4℃くらいに冷やすと、甘みと酸味のバランスが引き立ちますよ。

シャンパーニュのように複雑な味わいをもつスパークリングワインは、10℃前後と少し高めの温度に冷やすと香りを楽しめるでしょう。

急速にワインを冷やしたいなら冷蔵庫?水? 

ワインに適温があるのがわかりましたが、買ってきたワインを今すぐ冷やしたい!というときにはどうしたらいいでしょうか。

冷蔵庫で冷やす場合

1つ目に簡単にできるのが、家庭用冷蔵庫で冷やすことです。

ただし、ワインは振動と温度変化に弱いので、開け閉めのたびに温度変化の影響を受けやすい入り口付近は避けましょう。

また臭いを吸収しやすいので、臭いの強いものからは避け、比較的振動が少ない野菜室がおすすめです。

氷で冷やす場合

2つ目に試したいのが、氷を使った方法です。ワインは氷水をはった容器に漬け込むと、1分あたり1℃下がるというデータが出ています。

例えば26℃の室温の部屋で6℃までワインを冷やしたければ、20分氷水に入れて待ちましょう。

バケツや洗面器のような大きな入れ物に水を貼って氷を入れて冷やします。コツは、静かにくるくると瓶を回しながら冷やすことです。

こうすることでより一層早く冷えます。急速に冷やしたいのであれば氷水を使うのがおすすめです。

ワインクーラーで冷やす場合

ワインクーラーという、ワインを瓶のまま冷やすための容器を使うこともおすすめ。金属製やアクリル製など様々なタイプのものがありますよ。

ワインクーラーはワインを冷やすための専門の容器。氷水をはってワインを入れれば、短期間で冷やすことができます。

ワインを冷やす際は、ラベルが隠れるぐらいまで氷水を入れておきましょう。ワインの温度は、1分あたり1℃下がるのが目安なので、適温となる時間を逆算してワインを冷やすとちょうど良い温度でいただくことができます。

洗練されたワインクーラーをひとつ持っていると、テーブルが華やかになりますし、ワインの温度を好みに合わせて調整することができて便利です。

おしゃれなワインクーラーはインテリアにもなるので、ワインライフをより一層楽しめるようになるでしょう。

ワインクーラーの使い方をより詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
https://wine.sapporobeer.jp/article/wine_cooler/

ワインを適温に冷やすなら温度計を活用しよう! 

温度計があると、ワインが適温になったかどうかを正確に知ることができます。ワインをよく飲むという方で、まだワイン用の温度計を持っていないという方は、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ワインの温度を測るグッズには、非接触・接触・ワインボトルに巻く、という3つのタイプがあります。それぞれの特徴をご紹介しますので、購入の際の参考にしてみてください。

・非接触タイプの温度計

センサー部分を液面に平行にすることで、液体に触れることなく温度を測ることができます。誤差は2℃ほど出てしまいますが、一瞬で測ることができる便利なタイプです。

・接触タイプの温度計

センサー部分を液体につけて温度を測るタイプです。少し時間がかかりますが、正確な計測温度を知ることができます。

・ワインボトルに巻くタイプ

ワインに巻きつけておくタイプなので、温度を測る手間をかけることなく、そのときのワインの温度を知ることができます。ただし、計測温度の精度は非接触タイプよりも低いです。

ワインセラーが家にある生活!ワインセラーを家に置くべき理由とは?


ワインを適温にする方法を身につけたら、いつでも飲み頃のワインを家に保管しておきたい!と思いますよね。

ワインセラーというワインを保管する専用の道具があるのをご存じでしょうか。温度変化や振動に弱い、湿度が必要といったワインの特徴に応じた造りをしています。

ご家庭用で探されるのであれば、以下のポイントに注目してください。

■保管本数
6本用のコンパクトなものから120本以上といった大型のものまでさまざまです。購入される頻度と飲まれるペースを考慮して選ばれるといいでしょう。

実際に購入した方のコメントを見ていると、買い増しをすることが多いようなので、ワイン好きの方なら24本以上は欲しいところですね。

■機能面
ワインセラー内は15℃前後、湿度70~80%に保たれ、ワインの熟成に理想的な環境です。また、光・振動もある程度予防でき、劣化を防ぐことが出来ます。

ワインセラーは数十年寝かせることを前提とした長期保存向けです。

■冷却方式
代表的な冷却方式が3種類あります。

・コンプレッサー方式
家庭用冷蔵庫と同じく冷媒の冷却にコンプレッサーを使用しています。冷却機能は高いのですが、振動が大きいのが難点。

・アンモニア方式(熱吸収方式)
アンモニアが気化するときに熱を奪う原理を活かした冷却方式です。振動が少ないのが利点ですが、消費電力が高くなります。

・ペルチェ方式
半導体に電流を流すことで熱を調整します。振動が少ないのが利点ですが、消費電力が高くなります。冷却能力は低いので小型向き。

まとめ

ワインを美味しく飲むには実は温度がとても重要です。まずは個性を引き出すためのタイプ別目安温度に設定をして、お好みで調整してみましょう。

急いで冷やす方法を身につけておくと、いつでもワインを最大限楽しめますね。ワインをいつも最適の状態で保管したい!という方は、ワインセラーも検討してみてはどうでしょうか。

 

 

 

 

記事の先頭へ戻る

令和はロゼ!おしゃれでフレッシュなロゼはワイン初心者におすすめ!ロゼの記事一覧はこちら