シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

白ワイン用のブドウ品種といえば、シャルドネ種を真っ先にあげる方は多いのではないでしょうか。今回は、シャルドネのワインの魅力について、基本的な情報と楽しみ方の2つの側面からご紹介していきます!

世界はロゼを選んでる!ロゼワインの魅力をお届けします

シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

シャルドネのワインってどんなワインなの ?   

フランスの二大ワイン産地の1つ、ブルゴーニュ地方が原産の白ブドウ品種です。現在ではフランスをはじめ、イタリア・スペイン・アメリカ・オーストラリア・チリ・南アフリカなど、世界各地で栽培されています。

世界で最も有名な白ブドウ品種

白ブドウ品種としては、ソーヴィニョン・ブラン種やリースリング種、ピノ・グリ種などがありますが、その中でも特に有名なのがシャルドネ種です。

シャルドネ種は、ピノ・ノワール種とグエ・ブラン種の自然交配により誕生した品種で、中世にはすでに栽培が盛んにされていました。

シャルドネ種を表す言葉として、「ニュートラルなブドウ品種」というものがあります。これは、味わいや香りに突出した強烈な個性がないということから使われている表現です。

突出した分かりやすい個性がないブドウ品種ということは、あまり良いイメージを与えない表現かもしれませんが、実際にはニュートラルさがシャルドネ種の魅力でもあります。

ニュートラルなブドウ品種だからこそ、気候や土壌、醸造法によって味わいや香りが変化することができるのです。実際に、栽培された土地や醸造法によって、同じブドウ品種とは思えないほどの変化を見せてくれます。

気候によって味わいや香りが変わる

シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

栽培される土地の気候によって、シャルドネ種はどのように味わいや香りが変わってくるのでしょうか?

涼しい気候では、リンゴやレモン、ライムなどの香りがあり、シャープでスッキリとした味わいになります。

逆に、温暖な気候では、トロピカルフルーツやパイナップルのような香り、コクがあり濃厚な味わいになります。

このように、育った土地の気候の影響を大きく受けるため、同じシャルドネ種でも全然違った味わいや香りになるということです。

世界各地のシャルドネ種を飲み比べてみると、それぞれの気候の違いによる、香りや味わいの変化を楽しむことができるでしょう。

醸造方法を変えるだけでも味わいが変化する

シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

シャルドネ種の味わいや香りを変える要素は、気候や土壌だけではありません。醸造方法によっても味わいが大きく変わってきます。

例えば、シャルドネ種は樽発酵・樽熟成させると、ナッツやバターのニュアンスが加わりますが、これは酸素がワインに穏やかに供給されていくためです。特に新樽で熟成させると、2年目、3年目の古樽で熟成させるよりも風味が大きく変化します。

樽ではなくステンレスタンクを使って醸造していくと、フレッシュでさわやかな酸が活きた白ワインに仕上がりますが、これはワインが外気から遮断されるためです。

醸造所によっては、大きなステンレスタンクで発酵させてから、樽熟成させるという工程をとっているところもあります。

様々な産地のシャルドネ

シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

シャルドネ種は、原産地のフランスはもちろんのこと、イタリアやスペインといったヨーロッパのほかの国々でも盛んに栽培されています。さらに、アメリカやオーストラリア、チリ、アルゼンチン、南アフリカ、ニュージーランドなども主要な産地です。

ここでは、特にシャルドネ種の産地として有名な場所を紹介していきます。

■フランス
シャルドネ種は、ブルゴーニュ地方とシャンパーニュ地方、この2つの地方で主に造られています。

ブルゴーニュ地方にあるコート・ド・ボーヌ地区は、シャルドネ種の発祥の地と考えられている場所です。コート・ド・ボーヌ地区のシャルドネ種には、複雑で華やかな味わいがあります。

シャブリ地区も、ブルゴーニュのシャルドネ種で有名な地区です。みずみずしい酸と上品な味わいがシャブリ地区のシャルドネ種の特長となっています。

シャルドネ種が使用されたワインの中で最も有名といっても過言ではないのは、シャンパーニュ地方のスパークリングワインです。シャルドネ種1種類を使って造られたシャンパンは「ブラン・ド・ブラン」と呼ばれ、繊細な泡が美しいエレガントなワインとして知られています。

■アメリカ
シャルドネ種の栽培面積がフランスに次いで多いのが、アメリカです。西海岸にあるカリフォルニア州でシャルドネ種は広く栽培されています。

特に、ノース・コースト、セントラル・コースト、サウス・コースト、セントラル・ヴァレー、シエラ・フットヒルズの5つのエリアで栽培が盛んです。

同じカリフォルニア州で栽培されているとはいえ、南北に長い産地のため、エリアによって風味に多少の違いがあります。海に近いほど冷涼で、内陸に入っていくほど温暖になっていくといった気候の変化がシャルドネ種の風味に影響しているのです。

とはいえ、全般的に日照時間が長く温暖なため、トロピカルフルーツのような味わいが、カリフォルニアのシャルドネ種の特長となっています。

シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

■チリ
南アメリカに位置するチリは一年を通して日照時間が長く、地中海性気候でありながら、太平洋を流れるフンボルト寒流からの海風と雪で覆われた、アンデス山脈から吹きおりる山風の影響によってヨーロッパよりも涼しいのが特長です。チリのシャルドネ種は、バナナやパイナップルといった南国の果実のようなトロピカルな香りをもつワインになります。

チリは、南北に細長い国なので、ブドウ栽培地域も北部、中央部、南部の3つに分けられます。北部のD.O.コキンボという地域は、日照が強く暑いので、果実味の強いシャルドネ種が育ちます。その他のシャルドネ種の主要な産地では、カサブランカ・ヴァレーが有名です。

チリ最古のワイン栽培の土地といわれるマウレ・ヴァレーでも、シャルドネ種は栽培されています。

マウレ・ヴァレーは、年間降水量は少ないものの冬は雨が多く、夏は高温で乾燥しているので、フルーティーなブドウが育つ環境として知られています。1日の気温差も大きいため、ここで栽培されたブドウは、糖度が高いのが特長です。

ブドウ栽培に適した土地柄ゆえに、マウレ・ヴァレーはチリ最大のワインの産地となっています。ただし、栽培されているブドウの4割はカベルネ・ソーヴィニヨン種で、シャルドネ種が多いというわけではありません。

フランスやアメリカと比べると、チリのシャルドネ種自体の栽培量はそれほど多くありませんが、シャルドネ種はソーヴィニヨン・ブラン種の次に生産量が多い品種でもあります。

チリのワインというと、日本では手軽な価格で飲めるワインという印象をもっている人も多いかもしれませんね。実際は、手頃なものはもちろん、プレミアムワインも造られており、さまざまな価格帯のワインを楽しむことができます。

シャルドネを使ったおすすめワインと相性の良い料理

これまで紹介してきた地域のシャルドネ種のワインの中で、おすすめのものをピックアップしてみました。ワイン選びで迷った時は、ぜひ参考にしてみてくださいね。シャルドネ種のワインと相性の良い料理もご紹介します。

フランス

0448LRブルゴーニュ・シャルドネG01外観◇ラブレ・ロワ ブルゴーニュ・シャルドネ(参考小売価格:税抜2,100円)
https://www.sapporobeer.jp/product/wine/0448/

フランスはブルゴーニュ産の、白い花や柑橘系の果実の香りがふわっと広がる一本。フルーティーでフレッシュな印象の中に、ミネラル香を感じるのが特長です。

合わせるなら、あっさりとした口当たりの料理がおすすめ。フレッシュサラダの他、肉料理なら鶏肉がベスト。お寿司や刺身など新鮮な魚料理にも合うので、和食好きさんへのプレゼントにも最適です。

シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

T866LRシャブリG01外観

◇ラブレ・ロワ シャブリ(参考小売価格:税抜2,900円)
https://www.sapporobeer.jp/product/wine/T866/

こちらは同じブルゴーニュ産でも、さらに北に位置するシャブリ地区で造られたもの。すっきりとした辛口は独特のキレがあり、魚料理だけではなくクリーミーな牡蠣料理との相性が抜群です。

やっぱり、シャブリといえば生牡蠣と合わせたいところ。なめらかな生牡蠣とシャブリのマリアージュで、しっかりとミネラル感を味わえます。

シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

MK00TAコント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブランG01外観

◇テタンジェ コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン(参考小売価格:税抜22,000円)https://www.sapporobeer.jp/product/wine/MK00/

特別な日の食前酒としても愛されるシャンパーニュには、こちらのAOCランクの一本。グレープフルーツのフレッシュな香りの中に、ふっと感じるスパイシーなニュアンス。辛口ながら、きめ細かな泡となめらかな印象で飲みやすいのが魅力です。

チーズと組み合わせた食前酒の他、シーフードをふんだんに使った前菜と合わせるのもおすすめ。

シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

WINE MARKET PARTY

アメリカ(カリフォルニア)

C473BGファウンダース シャルドネN12入G01外観◇ベリンジャー ファウンダース・エステート・シャルドネ(参考小売価格:税抜2,000円)
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/C473/

カリフォルニアのシャルドネ種を楽しむなら、この一本。

リンゴや洋なしのみずみずしい香りの中に、南国の果実が顔を覗かせます。ただフレッシュな印象を与えるだけにとどまらない、どこか芳醇な豊かさをも感じさせる奥深さは、クリーミーな味わいによるもの。

魚介料理の他、肉料理なら鶏肉を合わせましょう。クリーミーでさわやかな口当たりには、ちらし寿司など和食もよく合います。クリームソースのパスタや焼き鳥など、カジュアルな料理ともぜひ合わせてみて。

シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

チリ

T457SR・120・シャルドネG01外観◇サンタ・リタ 120(シェント・ベインテ)シャルドネ(参考小売価格:税抜1,200円)
https://www.sapporobeer.jp/product/wine/T457/

チリといったら、サンタ・リタ社は代表的なワイナリーの1つ。こちらは旗艦ブランドの120(シェント・ベインテ)のうちの一本で、やや辛口な丸みのある優しい味が特長です。

フレッシュな果実味をもちながら、けして刺々しいものはなく、まろやかな口当たりが長く楽しめるワイン。少しこってりした料理に合わせるなら、こちらがおすすめ。

クリームパスタや生牡蠣の他、野菜スープやサーモンのグリルなども合わせてみてください。

シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

日本

GP安曇野池田 シャルドネ2016_外観◇グランポレール 安曇野池田 シャルドネ 2016(参考小売価格:税抜4,000円)
https://www.sapporobeer.jp/product/wine/PY18/

長野県池田町の自社畑「安曇野池田ヴィンヤード」産のシャルドネ種を100%使用し、豊かな酸味をもつ辛口の白ワイン。
安曇野池田ヴィンヤードのシャルドネ種を100%使用したワインは、キリリと冷やして飲むのがぴったりの辛口。完熟ブドウならではの深い味わいに、さわやかな香りがバランス良く組み合わされています。

うなぎの白焼き、鶏の水炊き、お寿司など、あっさりした料理に合わせれば、相性抜群です。するすると飲めるでしょう。

シャルドネを使ったワインの魅力を徹底解説

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

まとめ 

シャルドネ種は、世界の各地で栽培されており、収穫された地域の気候や土壌の他、発酵方法など造り手によって印象が大きく変わるブドウです。
こちらでご紹介したワインはあくまで一例。他にも魅力的で造り手の個性が色濃く出ているものがたくさんあるので、ぜひ産地ごとや国ごとで飲み比べしてみてください。

シャルドネを使ったワインの購入はこちら

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

 

記事の先頭へ戻る

令和はロゼ!おしゃれでフレッシュなロゼはワイン初心者におすすめ!ロゼの記事一覧はこちら