LIFESTYLE

ワイングラスとの付き合い方をプロから伝授
自分にぴったりなワイングラスを見つけよう!
シャンパーニュ編

家飲みワインの時間をもっと充実させたいと思ったら気になり始めるのがワイングラス。せっかくなら素敵な1脚を手に入れたいけれど、何を基準に選んだらいい? グラスの形? 価格? それとも…。

そんな迷えるワイン2年生のために、ワインオープナー編集部がテイスティングしながら、グラス選びを体験。赤ワイン編白ワイン編に続いて、テイスティングを交えながらの今回のレポートは、シャンパーニュ編です。

グラス選びのエキスパートとしてナビゲートをお願いしたのは、こちらも赤ワイン編白ワイン編と同様に、プロ御用達のグラスブランドとして知られる東京・湯島の「木村硝子店」、木村祐太郎さん。シャンパーニュ編は、洗練された味わいが特長のシャンパーニュ・テタンジェ「ブリュット・レゼルヴ」をお題に、編集部員2人が、マイフェイバリットグラスを探ります。その結果やいかに…!

text WINE OPENER編集部 photo よねくらりょう

ワイングラスとの付き合い方をプロから伝授

今回ナビゲートしていただいた方
ワイングラスのエキスパート
木村硝子店 木村祐太郎さん

1910年創業、東京・湯島にある「木村硝子店」は、国内外の腕のいいガラス工場と提携し、プロのお眼鏡に叶う自社デザインのグラスが高く評価されているグラスブランドです。4代目にあたる木村祐太郎さんは、普段から国内はもとより、機会があれば海外のバーやレストランにも足を運び、プロやお客さんが手にとる現場でどのようにグラスが用いられているかを体感したり、食文化の歴史をひも解いたりしながら、新たなグラスのインスピレーションを得ています。グラス選びのモットーは「自由に楽しく!」

ワイングラスとの付き合い方をプロから伝授
木村硝子店 木村祐太郎さん

木村硝子店
ショールームは木、金、土のみ営業 12:00-19:00
住所:東京都文京区湯島3-10-7
TEL:03-3834-1784
https://www.kimuraglass.co.jp/zizi
(外部サイトへリンクします)

ワイングラスとの付き合い方をプロから伝授

生徒役は編集部の2人

A澤
外で飲むことが難しいワーキングママのため、もっぱらワインは家飲みで楽しむ派。よく飲むワインはすっきりした白ワイン。特にニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランがお気に入り。

S木
すでに家飲みでは、木村硝子店の人気グラス「ピッコロ」を愛用中。よく飲むワインは果実味と酸のバランスの良いアメリカのピノ・ノワール。

 

今回セレクトしたシャンパーニュはこちら!
シャンパーニュ・テタンジェ
ブリュット・レゼルヴ
オープン価格

上質な白い果実と白い花の気品のある香り、長期熟成ならではのキメ細かな泡立ちと滑らかな舌触り。複雑に絡み合う余韻の長さも一流を感じさせてくれるテタンジェの至宝。洗練された味わいが特長です。
※仕様は変更になる可能性がございます。

 

「シャンパーニュはフルートで飲む」は思い込み!?
意外な形がテタンジェのおいしさを引き出す結果に

S木:以前教えていただいたワイングラスの見つけ方の赤ワイン編白ワイン編を通して、木村さんが「どう味わいたいかで、自分のお気に入りのワイングラスは変わってくる」と仰っていたのがとても印象に残りました。私もA澤も今までの固定観念が外れて自由に楽しむようになりましたが、今回は、待望のシャンパーニュ編を教えていただくことになり、わくわくしています。

木村祐太郎さん(以下敬称略):では、最初に質問です。皆さん、シャンパーニュを飲む時はどんなタイプを選びますか?

S木、A澤:一般的にはフルートグラスでしょうか。

木村:その印象が強いですよね。でも、シャンパーニュをフルートで飲むようになったのはそれほど昔のことではないんです。

A澤:そうなんですね!

木村:なぜフルートで飲むようになったのかについては諸説あるのですが、利点としては、見ての通りボトムから飲み口までの距離があるので、飲む際にシャンパーニュが勢いよく流れていくんですよね。喉の奥まで一気に流し込む形になるので、夏の暑い日や、湿気のある雨の日などに、冷たいシャンパーニュを飲んで爽快感を味わうという飲み方には、フルートタイプはとても適しているように思います。今日、試していただきたいのは定番のフルートと、クープ、それから、全体的に小ぶりなサイズの「アビタ」というシリーズでシャンパーニュを飲むことを想定してデザインしたグラスの3つで飲み比べてみましょう。

S木:今回選んだシャンパーニュはシャンパーニュ・テタンジェ「ブリュット・レゼルヴ」です。 木村:まず、フルートで飲んでみましょうか。

ワイングラスとの付き合い方をプロから伝授 A澤:いつも飲んでいるシャンパーニュの印象です。

木村:このグラスで飲む時には顔が上の方を向きますが、その際、舌に力が入り、口のかなり奥の方にシャンパーニュが届きますね。

S木:そうですね。そのせいか、アルコール感を強く感じるし、テタンジェはボリューム感がある方ではないのですが、味わいと香りが強く伝わってきます。

木村:その余韻を残したまま、次はクープを試してみましょう。

A澤:口の中に含むと、味わいが横に広がりますね。

S木:さっきとはまた異なるボリュームを感じます。

木村:濃厚なチョコレートや、ケーキ、タルトなどのお菓子と合わせてもいいと思います。食後のデザートはコーヒーや紅茶ではなく、このグラスでテタンジェを飲みたい。

S木:フルートよりも甘味を感じます。あと意外に泡をしっかり感じます。一見、グラスの表面積が大きく見えるので、泡が抜けるのも早いのかもとイメージしていましたが、実際に飲んでみると、口の中で泡がふわっと広がります。

木村:ちょうど舌先にしっかりクリスピーな感じが出ますよね。あと、クープで飲むと贅沢な感じがします(笑)。

A澤:確かに。ちょっとリッチなイメージですね。

木村:僕はレストランに対して、ボトル1本をコースの流れと共にグラスを変えて、味わい方に変化をつけていくのはどうでしょうという提案をよくします。たとえば、シャンパーニュだとしたら、最初の1杯目は、のどごしで飲んでもらうためにフルートで。 メインのお肉料理の際には、ワイングラスで提供する。最後は、ボトルをクーラーから出しておいて、デザートの時に、クープで飲んでもらうという提案です。同じワインを時間の変化とともに味わいつつ、グラスで飲み方に変化をつけることで、気が付いたらボトルが1本開くのではないでしょうか。

S木:ワインと料理のペアリングはありますが、グラスを変えて、ボトル1本のペアリングを提供するところはまだあまり聞かないですね。

ワイングラスとの付き合い方をプロから伝授
左から「アビタ Ch495」9,790円、「ピーボ オーソドックス」10,230円、「バッハ 7ozスパークリング」13,420円(価格はすべて税込み)

木村:では3つ目のグラスで試してみましょう。こちらは、全体的に背が低く小ぶりに作ったハンドメイドのシリーズ「アビタ」で、様々な形状は、中に注ぐワインをイメージしてデザインを考えました。こちらの形は、樽香の効いたシャンパーニュを想定しています。僕は今日試した中ではこのグラスで飲むのが一番好きですね。香りがとてもよくて、まるで、本当に花束の中に顔をつっこんでいるような気分です(笑)。それくらい豊かな香りが楽しめる。

S木:特徴的な丸みが香りを引き出すのでしょうか。

木村:この形は、お抹茶茶碗をイメージして作っているんです。香りに気持ちが緩んで、口元に全然力が入っていない状態で口に運べるということは、さっきのクープよりもさらに穏やかで緊張するところがない。

A澤:なるほど。だからでしょうか、優しい味わいですね。

S木:心なしかお出汁を飲んでいるようなうま味を感じます。こういうグラスの形状だからかもしれないですが。 木村:おそらく、お椀の形って日本人が一番親しみのある器の形状だから、つかみ方も慣れていると思うんですよ。口に含む飲み方というのは、日本人にとってとても親しみのあることですよね。

S木:口の中の広がり方はクープと似ているのですが、泡の感じ方が全然違いますね。

木村:この組合せの理想の楽しみ方は、日曜日の午後、ビターなチョコレートをお供にをちびちび飲んで、何も予定を入れないでのんびりで過ごすみたいな。

S木:いいですね!

ワイングラスとの付き合い方をプロから伝授 木村:3つの異なるタイプのグラスでテイスティングしてみましたが、お二人はいかがでしたか?

A澤:私は最後に試した「アビタ」ですね。その理由は、何かより味わい深いところを感じられるような気がしました。そして、今回は3つのグラスで同じシャンパーニュを飲み比べてみましたが、赤ワインや白ワインに続き、グラスを変えるとこんなに味わいも変わるのかと衝撃を受けました。家でゆっくり飲みたいですね。

S木:週末に1週間の疲れを癒したかったら、穏やかに飲める最後のグラスがいいなと思いました。でも、テイスティングしている今日(取材日)はまだ週の頭。月曜日なので(笑)、私は、ふくよかな泡で元気を与えてくれるクープに一票。

木村:気持ちが前のめりになるのって重要ですよね。おいしい!と感じることも気分が上がりますが、その他にも、何かこういうちょっと特別なお酒を、いつもと違った視点で選んだグラスで飲むというのも高揚感があっていいのではないでしょうか。

S木、A澤:赤ワイン編、白ワイン編に続き、シャンパーニュ編も新しい発見がありました。ありがとうございました。

ワイングラスとの付き合い方をプロから伝授 自分にぴったりなワイングラスを見つけよう! シャンパーニュ編
編集部員2人が今回のテーマ、シャンパーニュ・テタンジェ「ブリュット・レゼルヴ」で選んだマイフェイバリットグラスは、右からクープ型の「ピーボ オーソドックス」、「アビタ」でした。

 

 

泡ならこちらもおすすめ! いま飲みたいスパークリングワイン

グランポレール 余市ぶどうのスパークリング

グランポレール
余市ぶどうのスパークリング
オープン価格 ※数量限定

余市町の6戸の契約栽培農家が丹精込めて育てているぶどう3種 (ケルナー・バッカス・ミュラートゥルガウ) を最適な比率でブレンドした、飲みやすい味わいの微発泡スパークリングワイン。みずみずしくフルーティーな香りと優しい甘み、すっきりとしたぶどうの酸味が特長です。

 

 

ワインの購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

※ワインについては、記事掲載時点での情報です。