辛口の白ワインといえばシャブリワイン!その味わいと合わせたい料理は?

白ワインといえばシャブリ?おいしさの秘密やぴったりの料理を選ぼう

シャブリといえば白ワイン、白ワインといえばシャブリ、という方も多いのではないでしょうか。日本人になじみ深く、目にすることも多いですよね。まさに辛口白ワインの代名詞ともいえるシャブリワインですが、どんな特長のワインか説明できますか?知っているようで知らないシャブリワインについてご紹介します。

白ワインといえばシャブリ?おいしさの秘密やぴったりの料理を選ぼう

シャブリワインとは ?

シャブリワインは、フランスのブルゴーニュ地方にあるシャブリ地区で造られている辛口の白ワインです。シャルドネ種のブドウのみを使って造られています。

シャブリワインの最大の特長は、さわやかでキレのある酸味豊富なミネラル感です。そして、これがシャブリワインのおいしさにつながっています。

シャブリワインがおいしい理由

白ワインといえばシャブリ?おいしさの秘密やぴったりの料理を選ぼう

シャブリワインがおいしい理由は、シャブリ地区の気候と土壌にあります。この2つの要素がシャブリワインの持つキレのある酸味と豊富なミネラル感を造り出しているのです。

シャブリ地区の気候

シャブリ地区は、ブルゴーニュ地方の最北に位置しています。冷涼な気候なため、この土地で育てられたシャルドネ種はシャープな酸味を持ちます。

そして、これがシャブリワインをおいしくしている理由のひとつです。

シャブリ地区の土壌

シャブリワインのおいしさにつながっているもう1つの要素は、シャブリの持つ豊富なミネラル感です。そして、この豊富なミネラル感を生み出している秘密が、シャブリ地区の土壌にあります。

今からおよそ1億5千年前、シャブリ地区は海の底にありました。しかし、ジュラ紀後期に地層が隆起したことにより、牡蠣や貝殻などの化石が混ざった石灰質の土壌となったのです。ちなみに、この土壌はキンメリジャンと呼ばれています。

キンメリジャンで栽培されたシャルドネ種は、土壌からミネラルをたっぷりと吸い上げるため、ミネラルの豊富なブドウに育ちます。そして、これがシャブリワインをミネラル感あふれるおいしいワインにしている理由となっています。

シャブリワインの格付け

白ワインといえばシャブリ?おいしさの秘密やぴったりの料理を選ぼう

シャブリワインは、フランスの最上級ワインであるAOCに格付けされていますが、さらに4つにランク分けすることができます。

ランクが高いものから順に「シャブリ グラン・クリュ」「シャブリ プルミエ・クリュ」「シャブリ」「プティ シャブリ」です。それぞれの特長を解説します。

・シャブリ グラン・クリュ

一番日当たりの良い特級の畑から収穫されたブドウで造られています。長期熟成に耐えることができるワインで、10年以上の熟成期間を経ると香ばしい香りとまろやかな酸味のワインになります。

シャブリ グラン・クリュは、ブーグロ、レ・クロ、レ・プルーズ、グルヌイユ、ブランショ、ヴァルミュール、ヴォーデジールという7つの畑のみで栽培されたブドウを使ったワインです。

シャブリワインのなかで最上級の特級銘柄で、生産量はシャブリワイン全体のおよそ2%と希少価値の高いワインといえます。

・シャブリ プルミエ・クリュ

特級畑の次の1級畑で収穫されたブドウから造られているワインです。牡蠣の化石が多く含まれている土壌で栽培されたブドウを使って丁寧に造られたシャブリ プルミエ・クリュは、格上のシャブリ グラン・クリュに負けない味わいが楽しめます。

シャブリ プルミエ・クリュには40ものクリマ(区画畑)があり、クリマによって気候や土壌が少しずつ異なります。そのため、クリマによって味わいの変化を楽しめるのもシャブリ プルミエ・クリュの魅力です。

・シャブリ

一番シャブリらしいワインといわれています。生牡蠣とシャブリのマリアージュをするなら、このクラスがおすすめです。

熟成させるのではなくフレッシュなうちに飲むのがおいしい飲み方で、キリッとした辛口が楽しめます。生産量はシャブリワイン全体のおよそ67%を占めており、スタンダードなワインといえるでしょう。

・プティ シャブリ

最もカジュアルなランクのシャブリワインです。お手頃価格でシャブリを楽しめるので、シャブリを試してみたいという方にもおすすめです。

シャブリワインのなかでもクラスが上のシャブリ グラン・クリュとシャブリ プルミエ・クリュは、10~12℃くらいの温度で飲むのが最適な飲み方。シャブリとプティ シャブリは、冷蔵庫でよく冷やしていただきましょう。

おすすめのシャブリワインと相性の良い料理

白ワインといえばシャブリ?おいしさの秘密やぴったりの料理を選ぼう

シャブリワインを試してみたい、シャブリを料理に合わせていただきたいという場合におすすめなのが、ラブレ・ロワ社のシャブリです。

T866LRシャブリG01外観

ラブレ・ロワ シャブリ(参考小売価格:税抜2,908円)

シャブリ特有の香りが感じられる「これぞシャブリ」という味わいのワインです。すっきりとした辛口で、牡蠣料理や魚介料理によく合います。

 

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

シャブリワインにおすすめの料理を紹介します。

■おすすめ料理

・生牡蠣

白ワインといえばシャブリ?おいしさの秘密やぴったりの料理を選ぼう

シャブリに合わせるものといえば、生牡蠣というイメージがありますよね。昔のシャブリワインは酸味が強かったため、生の魚介類の生臭さを消してくれるといわれていました。

しかし、現在はシャブリの味わいも変化して、酸味がまろやかになってきているものも増えているため、いろんな料理との組み合わせも楽しめます。

・洋食

白ワインといえばシャブリ?おいしさの秘密やぴったりの料理を選ぼう

洋食なら白身魚のムニエルやスモークサーモンといった淡白な魚料理、グラタンなどのチーズを使った料理に組み合わせてみましょう。辛口のシャブリとよく合います。

・和食

白ワインといえばシャブリ?おいしさの秘密やぴったりの料理を選ぼう

シャブリは和食との相性も抜群です。焼魚や刺身などの魚介料理や天ぷらに合わせると、素材の旨味を引き出します。天ぷらの油っぽさもシャブリの酸味とキレで洗い流してくれますよ。

※ ワインについては、記事掲載時点での情報です。

まとめ

知名度の高いシャブリの白ワイン。知っているようで知らなかったシャブリの特長とおいしさの秘密は、ブルゴーニュの中のシャブリという地区にありました。冷涼な気候と土壌がミネラル感の高いさわやかな辛口白ワインを生み出しています。

グラン・クリュやプルミエ・クリュ格付けのシャブリで、畑ごとに変化する味わいを試してみても面白いですね!

シャブリワインの購入はこちら

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

記事の先頭へ戻る