今年のボージョレ・ヌーボーは華やかでフレッシュ!手作りピザと組み合わせれば素敵なマリアージュに!

ワーママレシピ第三十九弾!フレッシュなボージョレ・ヌーボー×手作りピザのマリアージュで秋を堪能しよう

今年もこの季節がやってきました!そう、ボージョレ・ヌーボー解禁です!ワインの勉強を始めて以来、今年はどんな感じだろうと毎年楽しみにしています。ワインの味わいを楽しむだけではなく、自然の恵みに感謝する時間としても過ごしたいものですね。
さて、今年のボージョレ・ヌーボーは、ピザに合わせることにしました。大人も子供も大満足の時間が過ごせるはずですよ!

世界はロゼを選んでる!ロゼワインの魅力をお届けします

ワーママレシピ第三十九弾!フレッシュなボージョレ・ヌーボー×手作りピザのマリアージュで秋を堪能しよう

2種類のチーズの味が楽しめる!「手作りトマトソースのシンプルピザ」

この数日、冷たい木枯らしも吹き出して、もう冬がそこまで来ているのを感じます。早いもので来月はもうクリスマスですって!?クリスマスといえばわが家の一大イベントです!

子供たちに何がほしいかリサーチして、サンタさんに手紙を書かせないと。クリスマスパーティーのことも考え始めないといけないし、年末年始のもろもろのイベントもどうするか……頭が痛い!

12月の嵐のような忙しさが来る前にのんびりするなら今しかない!今日はボージョレ・ヌーボーをゆったり楽しもうと思います。

今年のラベルも青山フラワーマーケットコラボによる、とっても素敵なデザインで、見た目も期待大なんです!

なつ「今年もボージョレ・ヌーボー買ってきたよ!この時期にボージョレ・ヌーボーを飲むことがわが家のも風物詩になってきたね」

パパ「毎年楽しみだよね。おっ!また素敵なバラのラベルだね。今年も期待できそうだ」

なつ「リッチ・プレスっていうのを買ってきたの。凝縮感があってしっかりした味わいみたいだよ。」

パパ「早く飲もうよ!リッチ・プレス!!今日はどんな料理と合わせるの?」

なつ「ピザだよ!チーズやトマトソースとの相性もぴったりだと思うんだ。今日はゆっくりワインを楽しもうね!」

材料&作り方

材料(22センチ2枚分)
ピザ生地(市販品・クリスピータイプ22センチ) 2枚
エメンタールチーズ 60g
グリエールチーズ 60g
生ハム 3〜4枚
フレッシュバジル 適量
オリーブオイル 大さじ1

●トマトソース
トマト(大)2個
にんにく 2かけ
オリーブオイル 大さじ2
塩、こしょう 各少々
顆粒スープの素 小さじ2/3
ハーブミックス 小さじ1

作り方
1.トマトソースを作ります。トマトはへたを取ってざく切りに、にんにくはみじん切りにします。鍋にオリーブオイルを中火で熱し、にんにく、トマトを炒めます。塩、こしょう、顆粒スープ、ハーブミックスを加えて炒めながら煮詰めていきます。3〜4分して、とろりとしてきたら火を止めます。

ワーママレシピ第三十九弾!フレッシュなボージョレ・ヌーボー×手作りピザのマリアージュで秋を堪能しよう

2.オーブンを250℃に予熱しておきます。天板にピザ生地をのせ、オリーブオイルを塗ったら、トマトソースをのせます(好みの量で)。

ワーママレシピ第三十九弾!フレッシュなボージョレ・ヌーボー×手作りピザのマリアージュで秋を堪能しよう

3.チーズを薄く削いで全体に散らし、生ハムをちぎってのせたら予熱しておいたオーブンで8〜10分焼きます。焼き上がったらバジルをちぎってのせて、できあがり!

ワーママレシピ第三十九弾!フレッシュなボージョレ・ヌーボー×手作りピザのマリアージュで秋を堪能しよう

今回この料理に合わせるワインは…1G42LRボージョレ・ヌーボー20リッチプレス750G01外観

ラブレ・ロワ ボージョレ・ヌーボー リッチ・プレス2020

ボージョレ・ヌーボーの製造工程で約15%しか取れないプレス果汁だけで造られるボージョレ・ヌーボーです。豊かな骨格としっかりとしたタンニン、凝縮感のある味わいが楽しめます。

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

 

ボージョレ・ヌーボー解禁!ということで、この時期にはやっぱり味わっておきたいですよね。新鮮なブドウの味わいが凝縮された1本に、カジュアルなピザの組み合わせはとても相性が良いんです。

青山フラワーマーケットとコラボしたバラのラベルも本当に素敵!簡単なお料理でも食卓が華やいで、うきうきした気分で会話もはずみます。

子どもと一緒に作れば美味しさ2倍!「野菜の簡単トーストピッツァ」

ワーママレシピ第三十九弾!フレッシュなボージョレ・ヌーボー×手作りピザのマリアージュで秋を堪能しよう

スポーツの秋、芸術の秋、読書の秋と、秋は色んなことをじっくりと楽しむには過ごしやすい季節ですよね。

オンラインヨガはサボりがち、本は積ん読が増えている私は、やっぱり「食欲の秋」をテーマにして秋を楽しみつくすことにします!食べることに関してはいろんなアイデアが思いつくんですよね!

今回思いついたのは、ピザ生地を一から作って家族と食べること。子どもたちと一緒に作れば、楽しさも美味しさも倍になりますよ♪少しくらい不恰好でも全く問題なし!自分で作ったものを食べる、これが子供たちにもすごく大きな経験になるはずです。

材料&作り方

材料(20×25cm2枚分)
●ピザ生地
強力粉 480g
ドライイースト 小さじ1
砂糖 大さじ2
塩 小さじ1
オリーブオイル 大さじ2
湯 240〜300ml

●トッピング
ソーセージ 4本
ピーマン 2個
トマト2個
茹でて削いだとうもろこし(もしくはホールコーン) 100g
ピザ用チーズ 100g

●トマトソース
トマトケチャップ 大さじ6
にんにく(すりおろし)小さじ1
オリーブオイル 大さじ2
オレガノ(あれば) 小さじ1

作り方
1.生地を作ります。ボウルに強力粉を入れて中央をくぼませ、残りの材料を入れます。湯を少しずつ注ぎながら菜箸で混ぜ、ある程度まとまったら手でこねます。※湯の分量は生地の様子を見ながら調節してください。

ワーママレシピ第三十九弾!フレッシュなボージョレ・ヌーボー×手作りピザのマリアージュで秋を堪能しよう

2.粉がまとまってきたら、手のひらでぐっと押しつけては折り畳む動作を繰り返し、なめらかになるまで5〜10分ほどこねます。ラップで包み、そのまま10分ほどおきます。

ワーママレシピ第三十九弾!フレッシュなボージョレ・ヌーボー×手作りピザのマリアージュで秋を堪能しよう

3.トッピングとトマトソースの準備をします。ソーセージ、ピーマンは幅5mmの輪切りにします。トマトは薄い輪切りにして種を取っておきます。トマトソースの材料は混ぜ合わせておきます。

ワーママレシピ第三十九弾!フレッシュなボージョレ・ヌーボー×手作りピザのマリアージュで秋を堪能しよう

4.オーブントースターのトレイにアルミホイルを敷き、ピザ生地の1/2をのせます。中の空気を抜くようにつぶしながら手で均一に広げましょう。トマトソースを塗り、ソーセージ、ピーマン、トマト、とうもろこし、チーズを乗せてオーブントースターでこんがりするまで15分ほど焼きます。もう1枚分も続いて焼きます。
※焼いている途中で焦げそうになったら、上にアルミホイルをかぶせてください。

ワーママレシピ第三十九弾!フレッシュなボージョレ・ヌーボー×手作りピザのマリアージュで秋を堪能しよう

この料理に合わせるワインはもちろん…1G42LRボージョレ・ヌーボー20リッチプレス750G01外観

ラブレ・ロワ ボージョレ・ヌーボー リッチ・プレス2020

ちょっとつまみ食い。ついでにワインもひとくち。うーん、美味しい!

混ぜるだけの簡単即席ピザソースだけど、なかなか本格的です。そこにフレッシュなブドウの味わいが凝縮されたボージョレが合わさって、ついついふたくち目にも手が伸びそうなくらい!

野菜をたくさん盛りつけたピザは子供たちも大好きみたいです。そして何より手作りの生地が最高!小麦の香りとふわもちの食感がたまりません。これは争奪戦になること間違いなしですね!

■最後に読者に向けて一言

ボージョレ・ヌーボーとは、フランスのボージョレ地区で造られた新酒のことを指します。

ただ、ボージョレ地区で造られた新酒が全てボージョレ・ヌーボーというわけではなく、その年に収穫された黒ブドウのガメイ種を使って造られたワインのみがボージョレ・ヌーボーと呼ばれるのです。

解禁日である11月の第3木曜日は、ワイン愛好家にとって1年で最も盛り上がる日といっても過言ではありません。

さて今年はブルゴーニュ地方の名門、ラブレ・ロワ社のボージョレ・ヌーボーをラインアップしました。

特に注目したいのは、青山フラワーマーケットとコラボした、バラをあしらったラベルのシリーズです。花を日常に取り入れることが上手なフランスのライフスタイルと、ワインの楽しみ方には共通するところが多いはず。新鮮なお花とフレッシュなワインを楽しんでみませんか?

また、このシリーズは近年関心が高まっている「ヴィーガン」対応となっています(スパークリングワイン除く)。ワインを清澄する際に動物性由来の物質を使わず、珪藻土などを使っています。

※ワインについては、記事掲載時点での情報です。

まとめ

年に1度のお祭り、ボージョレ解禁はワイン好きにとっては外せないイベントですよね。難しく考えずにフレッシュなワインをカジュアルに楽しみましょう!

お料理だって簡単なものでかまいません。今回は家族みんなで作って楽しめるピザのレシピを2種類紹介しました。どちらもお馴染みのトマトソースがベースで、ボージョレのフレッシュなブドウの味わいにぴったりです。

華やかなバラのラベルを眺めながら、ちょっと特別な週末を過ごしてみませんか?

ボージョレ・ヌーボーの購入はこちら

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

 

なつさん

記事の先頭へ戻る

令和はロゼ!おしゃれでフレッシュなロゼはワイン初心者におすすめ!ロゼの記事一覧はこちら