まさに王様!イタリアを代表する高級ワイン「バローロ」とは

イタリアワインの王様「バローロ」とは?

ワイン好きなら誰もが認める高級ワイン、バローロ。今回は知っておきたいバローロの基礎知識と、おすすめのバローロをご紹介いたします。もしもあなたがまだバローロを飲んだことがないのであれば、これをきっかけに最高のバローロに出会っていただきたいと思います。

世界はロゼを選んでる!ロゼワインの魅力をお届けします

イタリアワインの王様「バローロ」とは?

イタリアを代表する高級ワイン「バローロ」について

まずは押さえておきたい基本的な知識をお伝えします。

バローロとは

バローロとは、言わずと知れたイタリアを代表する高級ワインです。

「ワインの王」、「王のワイン」とも呼ばれ、世界中のワイン愛好家の憧れの1本といっても過言ではありません。イタリア北部のピエモンテ州に位置するバローロ村とその周辺で生産されています。

バローロの味わい

イタリアワインの王様「バローロ」とは?

バローロに使用されるのは、晩秋の霧(ネッビア)が出始めた頃に収穫できるネッビオーロ種です。北イタリアを代表する品種であるネッビオーロ種の特長は色が淡く、タンニンと酸味が多いこと。力強く、奥深いネッビオーロの特長を最大限に活かしたバローロは、赤ワインのタンニンの魅力が感じられる滑らかな飲み口です。

バローロと名乗るには、最低 3年間の熟成期間が必要で、そのうち 2年間は木樽で熟成することと定められています。近年では生産者によって製法の差別化が進み、多様な味わいのバローロが生まれていますが、基本的には酸味と渋みを活かしたワインであることが共通点です。

バローロは、しっかりと渋みと酸味が感じられることから、特にジビエ料理との相性が抜群だといわれています。そのほか、重厚な味付けのお肉のメインディッシュと一緒に味わうのにも最適ですし、食後に熟成タイプのチーズと共に楽しむのも良いでしょう。

バローロは奥深い!その製法とは

バローロと一言でいっても、その味わいは生産している村によって異なります。土壌の違いからくるブドウの特長や、製法が違うためです。

村ごとによって味わいが異なる

イタリアワインの王様「バローロ」とは?

バローロの生産地区は、大きく東側と西側に分かれます。

セッラルンガ・ダルバ、モンフォルテ・ダルバ、カスティリオーネ・ファレットなどの村がある東側では長期熟成タイプのバローロが造られます。この辺りの土壌は、鉄分を多く含んだ赤茶色の泥炭土で、造り出されるワインの特長は、重厚でパワフルな味わいが感じられることです。

一方、西側のバローロ、ラ・モッラなどの村のバローロは、香り高く上品な味わいが特長です。マグネシウム、マンガンなどを含んだ青みがかった土壌から生まれるワインは、女性的なエレガントさを感じさせます。

これらの地方は小高い丘が連なる丘陵地で、1000年以上前からワインの産地として知られていました。ブドウの栽培面積は約1,984ヘクタールで、11の村で800もの生産者がバローロを生産しています。地区によって異なる標高や土壌が、バローロの多様性を生み出し、「ワインの王」とまで言わしめるワインの産地として発展した理由かもしれません。

生産スタイルが2種類ある

イタリアワインの王様「バローロ」とは?

バローロの製法は大きく分類すると、伝統派とモダン派に分けることができます。もともと、強い酸と渋味を飲みやすくするために長期熟成させるのが伝統の製法でした。この製法を受け継ぎ、大樽熟成や長期間のマセラシオン(醸し)にこだわって生産しているのが伝統派です。できあがるバローロは、渋味がしっかりと感じられるクラシカルな味わいです。

一方、モダン派は早飲みを前提とした果実味に溢れるバローロを作っています。バリックと呼ばれる小型の樽の使用や、最新設備の導入によって、若くて果実感を全面に出した味わいを実現しています。バリックがオークでできていることから、オークの樽のニュアンスが感じられるのも特長です。

しかし近年では、伝統派・モダン派の二者択一ではなく、両方の良さを融合した新しい製法を取り入れる生産者もおり、今後、バローロがさらに多様化していく兆しが現れているといえるでしょう。バローロといっても味わいやタイプがさまざまなので、自分の好みに合ったバローロを見つけるのも楽しみの1つです。

バローロのワインを紹介

イタリアワインの王様「バローロ」とは?

最後に、おすすめのバローロとして、名門ワイナリー「テヌータ・カレッタ」のワインを紹介します。

カレッタ社は550年以上の歴史を誇る老舗のワイナリーです。自社畑で栽培したブドウのみで生産するというこだわりを持ち、ブドウの個性や良さを引き出すことに情熱を注いでいます。バローロ村のカンヌービの丘にも畑を所有しているので、最高品質のワインを味わうことができます。

550年の歴史を持つ「テヌータ・カレッタ」についてもっと詳しく知りたい方は、「創立550年のイタリアの名門ワイナリー。テヌータ・カレッタの歴史とこだわり」 をご覧ください。

 

PH58CR カンヌービ バローロ DOCGG01外観

テヌータ・カレッタ カンヌービ バローロ(参考小売価格:税抜10,008円)

バラやカカオの華やかな香りをもち、重厚でエレガントな味わいを感じられます。

 

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

PH56CR カッシーナ フェッレーロ バローロ DOCGG01外観

テヌータ・カレッタ カッシーナ フェッレーロ バローロ(参考小売価格:税抜6,508円)

柔らかく上品なタンニンの余韻を楽しむことができ、バラ、リコリス、カカオの香りが魅力的。

 

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

WINE MARKET PARTY

 

PH60CR カンヌービ リゼルヴァ バローロDOCGG01外観

テヌータ・カレッタ カンヌービ リゼルヴァ バローロ フランコ ミローリオ コレクション 2010(参考小売価格:税抜25,008円)

テヌータ・カレッタ社のバローロ リゼルヴァ コレクション限定品。全てのボトルにナンバーが付されており、スペシャルな贈り物にぴったりです。

 

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

まとめ

ワインの王様とまで呼ばれる高級ワインの代表格、バローロは、ぜひ一度は味わっておきたいワインです。近年のバローロは、重厚感のある伝統的なバローロのほかに、オークの香りと果実味が魅力的な早飲みタイプのもの、さらには両者をミックスさせた新しい味わいのものなど、多様な魅力があります。ぜひご自身のお気に入りの1本を見つけてください。

バローロのワインの購入はこちら

購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo

WINE MARKET PARTY

 

記事の先頭へ戻る

令和はロゼ!おしゃれでフレッシュなロゼはワイン初心者におすすめ!ロゼの記事一覧はこちら