【ボージョレ・ヌーボー】青山フラワーマーケットラベルデザイン

2019年のボージョレ・ヌーボー解禁日は11月21日(木)です。毎年大好評!青山フラワーマーケットとサッポロビールコラボの【ボージョレ・ヌーボー 2019 年度限定ラベル】について、担当のお2人にお話しをうかがいました!

世界はロゼを選んでる!ロゼワインの魅力をお届けします

2019年ボージョレ・ヌーボー青山フラワーマーケットコラボラベルを手掛けたサッポロビールのクリスさんと青山フラワーマーケットの酒井さん

【話し手】
青山フラワーマーケット 酒井 陽子さん (以下敬称略 酒井)
         ×
サッポロビール(株) ワイン事業部 シュビヤー クリストファー (以下敬称略 クリス)

2019年のラブレ・ロワ青山フラワーマーケットコラボラベル

2019年デザインコンセプト「花のように香りが咲くヌーボー」
―――クリス(サッポロ)
2017年からスタートした青山フラワーマーケットさんとのコラボも3年目を迎えました。毎年アートワークをプロデュースいただいている青山フラワーマーケットラベルデザインは大好評です。今年も素敵なデザインに仕上がりましたよね。

―――酒井(青山フラワーマーケット)
ありがとうございます。2019年のデザインコンセプトは、「花のように香りが咲くヌーボー」です。ワインも花も香りを楽しむものですよね。両方にとって大切なキーワードである香りをキーに、ワイングラスから花のように香っているボージョレ・ヌーボーというイメージで制作しました。

2019年ボージョレ・ヌーボー青山フラワーマーケットコラボラベルのワインボトル

花とワインは近しい存在であると我々は捉えています。どちらも非日常のおもてなし用のアイテムだったのが、どんどん日常化し、洋服を選ぶような自己表現のツールになってきていますよね。

コラボ3年目は、花とワインがある暮らしをイメージしやすいようなラベルを表現しようと取り組みました。ワインを日常的に楽しむ方には、花もそのような存在として食卓に取り入れてほしい。また、花を普段から楽しまれている方には、ワインがあるともっと食事が楽しくなると思ってもらいたい。2社が力を合わせれば、楽しみ方の幅を広げる一歩を踏み出すためのお手伝いができるのではないかとワクワクしています。

―――クリス
食卓に並べて絵になるラベルですよね。お花を飾っているように、食卓がぐっと華やかになるのがうれしいです。グラスとお花の両方がラベルに入り込むようにラベルを縦にしていただいたことで、スタイリッシュな印象にもなりました。

―――酒井
昨年度のお客様アンケートでは、ギフトとして贈って喜ばれたという声が多かったです。飲み終わった後も取っておきたいと思っていただけるようなラベルを目指しました。配色にもこだわり、ボージョレ・ヌーボーはフランスのワインなので、パリの街並みで目にするような洗練されたカラーリングを意識しました。

2019年注目の商品

グランド・レゼルヴ スパークリング ロゼ 青山フラワーマーケットデザインラベル

グランド・レゼルヴ スパークリング ロゼ 青山フラワーマーケットデザインラベルのイメージ

―――クリス
最初におすすめしたいのは、「グランド・レゼルヴ スパークリング ロゼ 青山フラワーマーケットデザインラベル」です。ボージョレ・ヌーボーといえば赤ワインというイメージが強いですが、せっかくなら新しいご提案をして楽しんでいただきたいと思っています。スパークリングワインもロゼワインもとても注目されているので、自信を持っておすすめします。

―――酒井
私もホームパーティーをする時の乾杯アイテムとして注目しています!このアイテム、今年から青山フラワーマーケットがラベルデザインを手掛けさせてもらうことになりました。昨年度の解禁後のワインイベントでとてもお客様に好評で、「このロゼスパークリングはコラボデザインラベルにしないの?」とお客様から声を掛けていただいたことがきっかけでした。

他のアイテムとはデザインを変えています。バラを3種類使用しているのですが、バラの蕾(つぼみ)を使ってスパークリングワインの泡を表現しています。

―――クリス
青山フラワーマーケットのバラのブーケとともに贈ったら喜ばれますよね。ボージョレ・ヌーボーの解禁日にとらわれず、いい夫婦の日やクリスマス、バレンタイン、母の日と長くギフトとして利用していただきたいです。

ボージョレ・ヌーボー 酸化防止剤無添加 青山フラワーマーケットデザインラベル

ボージョレ・ヌーボー 酸化防止剤無添加 青山フラワーマーケットデザインラベルのイメージ

―――クリス
2017年から発売をスタートして圧倒的な支持をいただいている商品です。酸化防止剤無添加ワインを造るには品質や技術面に自信がなければできません。1832年創業のラブレ·ロワ社はブルゴーニュ地域最大規模の「ネゴシアン·エルヴール※」で世界中の豪華客船や航空会社にも採用実績のある優良生産者です。※(単なるワイン商ではなく、契約農家や契約ドメーヌへの栽培・醸造指導も行うネゴシアンの呼称。)

ラブレ·ロワ社が誇る技術の高さをもって、温度管理を徹底して製造中の酸化を防ぐといった独自の製法を用いて造られ、フレッシュな仕上がりが実現しています。

ボージョレ・ヌーボー リッチ・プレス 青山フラワーマーケットデザインラベル

ボージョレ・ヌーボー リッチ・プレス 青山フラワーマーケットデザインラベルのイメージ

―――クリス
2018年に発売開始し、好評を博したアイテムです。昨年度のお客様アンケートで、今後飲みたいヌーボー1位の「濃い味わいのヌーボー」を意識して開発したオリジナルのヌーボー。ボージョレ・ヌーボーの製造工程で約15%しか取れない、プレス果汁だけで作られる凝縮感のある味わいです。

あくまでもヌーボーですから非常に濃いワイン!とまでは言い切れませんが、これまでのものとは違うしっかりとしたタンニンや、リッチ感のある豊かな味わいを楽しんでもらえます。

おすすめの楽しみ方

ボージョレ・ヌーボーの楽しみ方を語るサッポロビールのクリスさんと青山フラワーマーケットの酒井さん

―――クリス
ボージョレ・ヌーボーのおすすめの楽しみ方としては、ハム、ソーセージ、パテ、テリーヌなどのシャルキャトリやチーズと合わせるのは間違いないチョイスです。でも最近は進化系の合わせ方がはやってきていますよね。

ボージョレ・ヌーボーは酸味もあり、冷やして楽しむアイテムなので、トマトベースの鍋やもつ煮、すき焼き、塩で楽しむ焼き鳥はおすすめです。

―――酒井
面白いですね。合わせる時のポイントはあるのでしょうか。

―――クリス
甘いものを合わせるよりは、しょっぱいものの方が相性は良いです。また酸味のあるものを合わせると、ワインの酸味が抑えられて果実味が増します。例えば、トマトベースのピザやミートソース、ラザニアなどですね。ただし、辛味があるアラビアータは、あまりおすすめしません。

スパークリング ロゼはやや甘口の味わいなので、辛いお料理との相性がいいですよ。麻婆豆腐との組み合わせが私は好きです。エビチリ、餃子もいいですね。お菓子とも合わせられますよ。ローズやジャスミンフレーバーのマカロンと楽しむのが、私のお気に入りです。

青山フラワーマーケットラベルデザインの予約購入はこちら

2019年ボージョレ・ヌーボー青山フラワーマーケットコラボラベルを手掛けたサッポロビールのクリスさんと青山フラワーマーケットの酒井さんとワインボトル

―――クリス
今年の青山フラワーマーケットとのコラボアイテムは、デザインも素敵ですし、味もラブレ・ロワの歴史で間違いなくおいしいものができると思っています。ボージョレ・ヌーボーは、1年中楽しんでもらえるものです。解禁直後のフレッシュ感はもちろん、少し落ち着いて大人っぽくなったヌーボーも楽しんでみてくださいね。

―――酒井
「花のように香りが咲くヌーボー」と青山フラワーマーケットのブーケのセット、どうぞお楽しみください。プレゼントにはもちろん、自分用にもおすすめです。花とワインを日常で楽しむということにぜひ一歩踏み出してみてください。

青山フラワーマーケットラベルデザインのボージョレ·ヌーボーと花のセットの予約購入はこちらから(外部サイトにリンクします)
https://www.aoyamaflowermarket.com/item_list.html?siborikomi_clear=1&keyword=beaujolais

青山フラワーマーケットラベルデザインの商品を含む、ボージョレ・ヌーボーの購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

WINE MARKET PARTY

 

青山フラワーマーケットさんのセンスが光るコラボラベル、食卓に並べて楽しみたいですね!イメージにぴったりのブーケとのセット、11月22日のいい夫婦の日に両親へのプレゼントに選ぼうかな。

※ワインについては、記事掲載時点での情報です。

記事の先頭へ戻る

令和はロゼ!おしゃれでフレッシュなロゼはワイン初心者におすすめ!ロゼの記事一覧はこちら