南米の高品質でリーズナブルなワインとして、チリと並んであげられるのがアルゼンチンワインです。 今回は、アルゼンチンワインを語るうえで外せないワイナリー、「ファミリア・ズッカルディ」の魅力とともに、アルゼンチンワインについてご紹介します。

リーズナブルで飲みやすいと人気のオーストラリアのワインブランド[イエローテイル]。ワラビーのアイコンと、カラフルなラベルが特長の[イエローテイル]は、スーパーなどのお酒コーナーでよく見かけることができます。何度か目にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。 ここでは[イエローテイル]について詳しく知りたいという方のために、基本情報・ヒストリーなどをご紹介!また[イエローテイル]の赤ワイン・白ワイン・スパークリングワインの種類とそれぞれの特長についてもお伝えします。

ホームパーティーに持っていくと、喜ばれること間違いなしのスパークリングワイン。でも、スパークリングワインを自分で開ける自信がない、失敗しそうで怖いという声をよく聞きます。そこで今回は、スパークリングワインの開け方について詳しくていねいに解説していきます。

自宅でワインを嗜む場合、ワインクーラーの代わりに冷蔵庫を使用している人もいることでしょう。 もちろん冷蔵庫でも十分に冷やすことはできますが、ワインを美味しくいただきたいなら、ワインクーラーの使用をおすすめします。 その理由の他、そもそもワインクーラーとは何なのか、美味しいワインとの関係も含め確認してみましょう!

冬にはやっぱり生牡蠣ですよね♪オイスター大好きです!ワインと牡蠣のプロが“牡蠣に合う”ワインを選んだ「オイスターワインコンテスト2019」でドメーヌ・タリケの3アイテムが見事「ベストオイスターワイン賞」を受賞しましたよ。

ワインの産地といえば、まずどの国を思い浮かべますか?フランス!という人が多いでしょうか。他にはイタリアやスペイン、ドイツ、チリやカルフォルニアあたりでしょうか。 しかし、実は最近日本で造られたワインも世界で注目を浴びているんです。輸入ワインだけでなく、日本ワインの魅力も知ることで、ワインの楽しみの幅が広がるでしょう。

ワインを買うときは何を参考にしますか?店頭であればポップや説明書きですよね。 最近ではインターネットで調べる人も多いでしょう。けれどもラベルの読み方が分かれば、どんなワインか一目瞭然です。では、どんな表記をどのように読めばいいのでしょうか。

2017年、チリワインの日本への輸入量がフランスを上回り、3年連続で1位を維持しています。 ワインショップではたくさんのチリの銘柄のワインを見かけるようになり、1位であることが実感できますよね!その中でも特に注目のワイナリー、サンタ・リタをご紹介します。

ふくろうのワイン「ミティーク」とおしゃれブーランジェリー「PAUL」のコラボレーション第2弾!ミティークに合うオリジナルサンドが9月17日からPAUL店舗で購入できますよー!

こんにちは!ワイン部のワーママ、なつです。アウトドアの季節になりましたね。アウトドアと言えば、バーベキュー。お肉を持ち寄って、豪快に焼く!食べる!至福の時間ですね。今回は、アウトドアに最適な赤ワインと、バーベキューレシピをご紹介します。

手頃な価格で買えるのに飲みやすい!アルゼンチンワインを知っていますか。デイリーなワインとして、すでに日々の食事のお供に取り入れている方も多いかもしれません。高品質かつ低価格なアルゼンチンワインの秘密はどこにあるのでしょうか。今回は、アルゼンチンワインの魅力や歴史に迫ります。

ワインの中には購入してから10年ほど熟成させることでより美味しくなるワインも数多くあります。 ここでは、未開封のワインを美味しく熟成させるための保存方法と家庭でのおすすめの保存場所、飲み残したワインの保存方法を詳しく紹介していきます。

2019年のボージョレ・ヌーボー解禁日は11月21日(木)です。毎年大好評!青山フラワーマーケットとサッポロビールコラボの【ボージョレ・ヌーボー 2019 年度限定ラベル】について、担当のお2人にお話しをうかがいました!

サッポロビールの若手ソムリエ社員がおすすめする、「私の1本」がはじまりました!お気に入りのワインの魅力を語りつくします。後半には、ベテランソムリエおぎさんによる詳しい解説もあります。ぜひ、みなさんのワイン選びのヒントにしてください。

日本ワイン「グランポレール」の新商品情報!デラウェア種の華やかな微発泡スパークリングワインと限定発売の秘蔵ワインをご紹介します。

劇団四季のミュージカルが大好きな私には、見逃せないタイアップ商品が限定発売です!激動の時代を駆け抜けたエビータを想いながら、アルゼンチンのスパークリングワインで乾杯できるなんて幸せです。

ワインは世界共通のアイテムとして、会食や接待の場で提供されることが多く、超一流ビジネスマンにとって欠かせない教養として注目を浴びています。 ワインの知識があると仕事やプライベートでの話題が豊富になり、「デキる男」として周囲から一目置かれます。ワインのことをよく知っている人は、紳士的でかっこいいと思う女性も多いようです。 しかし、間違ったワインの知識では、まったく逆効果となります。「知ったかぶり」ではなく、正しいワインの知識を持つようにしましょう。 ここでは、ワインのマナーをはじめ、ワインの選び方やこだわりのワインをご紹介します。