ワイン部2年目のみきです。みなさん、岩牡蠣の旬は夏だって知っていましたか?ぷりぷりの旨味たっぷりの岩牡蠣には、広島県漁連が「牡蠣に合う」と認めたタリケの白ワインを合わせましょう。連日の暑さに弱った心と体に美味しさが染みわたります。

ワイン部2年目みきです。スタミナをつけたい夏場には、ガッツリ系肉料理ですよね!合わせるならやっぱり赤ワイン!お肉料理に合うおススメは、「サンタ・リタ 120 カベルネ・ソーヴィニヨン」。チリを代表するワイナリーの魅力とともに相性が良いヒミツをお伝えします。

ワイン部2年目みきです。土用の丑の日といえば、うなぎの蒲焼きですよね! 最近はうなぎのお値段も高めなので、うなぎが食卓にのぼるとちょっと贅沢な感じがします。 今年は、うなぎを赤ワインと楽しんでみませんか。相性抜群の「ラ・キュベ・ミティーク」をご紹介します。

有名な賞を受賞したことをアピールしたワイン、よく見かけますよね。でも「結局どれが良いの?何がすごいの?」と疑問に思っていませんか?今回は国内コンクールに限定して、どのようなものがあるかをご紹介します。また、受賞ワインの多いグランポレールの魅力もあわせてお伝えします。

ワイナリーで木樽がずらっと並べられて熟成されている光景、よく写真で見かけますよね。実は、全てのワインが樽熟成されるとは限らないこと、知っていましたか。お手頃価格のテーブルワインは、発酵後に樽熟成されずにそのまま瓶詰めされることが多いです。樽熟成されるのは、高級ワインとなるべく仕込まれるワインたちなのです。ここでは、ワインを木樽で熟成するメリットや、木樽の種類、ステンレスタンクでの熟成についてご紹介します!

イタリアを代表するフルーティーな白ワイン、「ソアーヴェ」をご存知でしょうか?キャンティと並んで日本では有名なイタリアワインなので、ワイン好きの方であれば、耳にしたことがあるかもしれません。歴史も古く、古代ローマ時代から評判が高かったそうです。ここでは、ソアーヴェの特長や歴史、おすすめのワインを紹介します。

イタリアワインを代表する「バローロ」または「バルバレスコ」をご存知でしょうか?この有名な赤ワインの産地は、イタリア北部のピエモンテ州にあります。今回は、そのピエモンテ州にある老舗の名門ワイナリー「テヌータ・カレッタ」をご紹介します。

せっかくのBBQ、おいしいお肉にぴったりのワインを持ち寄って、思い切り楽しみたいですよね。そこで、BBQでワインをおいしく飲むために必要なコツやおすすめのアイテムをご紹介します!BBQにぴったりのワインもピックアップしたので、ぜひお試しくださいね。

豊かな自然の中で育まれるカリフォルニアワイン。アメリカで生産されているワインの大部分は、この地で造られています。軽やかで飲みやすく、気のおけない友人たちと笑い合いながら楽しみたい。また時には、ヨーロッパ産に負けない高級ワインをとっておきの食事に合わせる。そんなカリフォルニアワインの特長や歴史について紹介します。

イタリアワインはあまり詳しくないという方でも、一度は耳にしたことがあるのがキャンティではないでしょうか。キアンティと記載されることもあります。とても有名なキャンティですが、どのようなワインかと聞かれると、イタリアの赤ワインということ以外話せない人も多いかもしれません。今回は、イタリアの超有名ワイン、キャンティに迫ります。

ワインの説明をする時によく使われるのが、アロマという単語です。語感から何となくワインの香りについて説明されているのが分かりますよね。では、アロマの分類の1つ、「ブーケ」についてはご存知でしょうか?今回は、アロマとともにワインの印象を左右するブーケについてご紹介します。

ワイン部2年目、みきです。新発売のビオマニア<オーガニック>をご紹介します! オーガニックにこだわりをお持ちの「ワインマニア」のために、サッポロビールのワイン開発チームが世界中のワイナリーから厳選したオーガニックワインです。目印はラベルの眼鏡ですよ。

ワイン部2年目みきです。FIFAワールドカップ ロシア大会、決勝トーナメント真っ最中ですね。 実は私、先週までロシアでグループリーグを観戦してきました! FIFA公式シャンパーニュであるテタンジェとともにレポートします。

ワイン部2年目、みきです。みなさん、最近BBQしましたか? 私は、家族とGWにBBQしましたが、またしたいなぁと思っています。 合わせるワインは、BBQの本場、オーストラリアの[イエローテイル]で決まりです!

ワインの本場では、古くから親しまれてきたワインとパンの組み合わせ。パンとワインがとっても良く合うのは、ワインもパンも同じ発酵食品だから。今回は、ワインのタイプ別に相性の良いパンと、自分でも作ってみてほしいパンレシピを合わせて紹介します。

「オレンジワイン」という言葉、最近耳にしたことはありませんか?オレンジのフレーバーなのか、それともオレンジで造られたワインなのかと思いますよね。実はこのオレンジワイン、スキンコンタクトという製法を用いて造られたワインの1つなのです。今回は、スキンコンタクトがどういった製法なのか、またその製法で造られるワインの特長について紹介します。

良いワイン造りには良いブドウが欠かせません。しかし植物であるブドウの品質は、自然現象や環境によって左右され、毎年変わります。 ブドウの品質を落としてしまう原因の中で、注意すべきものの1つが病気や害虫です。有名なものに「フィロキセラ」がありますが、耳にしたことはあるでしょうか。 フィロキセラは、ワインの歴史を変えたとも言えるブドウの害虫です。ワインの造り手たちがフィロキセラと長年にわたって戦い続けた苦労を知ると、いつも飲んでいるワインの味が変わって感じられるかもしれません。ここでは、フィロキセラについて詳しく解説します。

お盆や週末、家族のイベントでの帰省で、毎回選ぶのは無難なお菓子。いつものパターンにマンネリを感じたら、ワインの出番です!

2018年で創業160年という長い歴史をもち、スペイン王室をはじめ、多くの著名人も魅了し続けてきたマルケス・デ・リスカルは、スペインワインを語るうえでは外せないワイナリーの1つです。 マルケス・デ・リスカルの歴史とワイン、そして合わせやすい料理もご紹介します。こちらを参考にワイナリーの歴史を感じながら、スペインバル気分を家でも味わってみてください。

ワインを飲む時、順番を気にしたことはありますか?ホームパーティーで色々なワインを選べる時や、レストランでワインをグラスで注文できる時、なんとなく飲みたいものから口にしがちですよね。でも、よりワインを楽しむためには、順番がとても大切です。今回は、知っておくと便利なワインを飲む順番について紹介します。

ワインが苦手な方でも比較的飲みやすいと噂のラングドックワイン。手頃な価格でおいしいワインを飲みたい方に、ぜひ知っておいてほしいワインの1つです。 そんなラングドックワインの魅力と、合わせたい料理についてご紹介します!ラングドックワインを最大限楽しむために、参考にしてみてください。

シャブリといえば白ワイン、白ワインといえばシャブリ、という方も多いのではないでしょうか。日本人になじみ深く、目にすることも多いですよね。まさに辛口白ワインの代名詞ともいえるシャブリワインですが、どんな特長のワインか説明できますか?知っているようで知らないシャブリワインについてご紹介します。

マオリ語で「総本家」を意味し、ニュージーランドで初めてソーヴィニヨン・ブラン種を植樹したワイナリー「マトゥア」。フレッシュでおいしいニュージーランドワインの代名詞的存在です。ここでは、ニュージーランド マトゥアのこだわりのワイン造りと、どのようなワインがラインアップされているのか紹介します。

こんにちは!ワイン部2年目のみきです。暑くなってきたこの季節、冷やしておいしく飲める“夏ワイン”なんていかがでしょうか? 夏にぴったりのワイン“マトゥア”と“タリケ”に合う夏のフードメニューも合わせて紹介しちゃいます!

ワイン部2年目、みきです。何だか最近暑いですね~もう夏はすぐそこですね! 暑い夏をさわやかに乗り切るために、冷やしておいしい夏ワインの飲み方をご紹介します。 スパークリングワイン、氷を入れたワイン、サマーサングリア、ぜひ参考にしてみてください。