ワイン部2年目、みきです。 父の日にはいつもと違う特別なワインを贈りたい…そんな方にぴったりのワインをご紹介します!

[イエローテイル]の西日本エリア限定商品「ビッグ・ボールド・レッド」のイベントが広島で開催されました!どんなイベントだったのでしょうか? ワイン部2年目みきが、現地からレポートします!

日本では、お酒に合わせるおつまみといえばしょっぱいものや辛いものが定番ですが、海外では甘~いスイーツとお酒を一緒に楽しむ習慣があります。ワインもスイーツとよく合わせられていて、フルーツをワインに漬け込むサングリアのような味わい方だけではなく、ケーキやパイと一緒にワインが楽しまれているんですよ。ワインの楽しみ方として、スイーツと一緒に味わうことを新しく取り入れてみませんか。

ワインをより詳しく知るには、アサンブラージュという言葉についても理解しておくと良いでしょう。 アサンブラージュって何?と思った方も、なんとなく聞いたことはあるけれど、意味までは分からないという方も、ぜひここで学んでいってくださいね!

イタリアのスパークリングワインといえば、スプマンテを思い浮かべる方が多いでしょう。 実は、今回ご紹介する「プロセッコ」は、このスプマンテの1つです。人気もあり、乾杯の場でもぴったりな「プロセッコ」とはどのようなワインなのか、その楽しみ方もあわせて紹介します。

フランスのボルドーとブルゴーニュは、世界中のワインファンから常に熱い視線が注がれるワインの2大名産地です。 同じフランスにあっても、この2つの地域で造られるワインは見た目も味も違います。ここでは、ボルドーとブルゴーニュで造られるワインの基本的な違いについて解説していきます。

ワイン部2年目、みきです。お酒好きなお父さんへ、プレゼントはお決まりですか?お手頃ワインから本格派まで、おすすめワインをご紹介します!

ワイン部2年目みきです!創業者の奥さまの名前「ジーン」から、「シャトー・セント・ジーン」と名付けられたロマンチックなワイナリーの新商品をご紹介します。自分の名前をワイナリーの名前にしてもらえるなんて、憧れてしまいます♪ 今回新発売になるのは、カリフォルニアシリーズ4アイテム。華やかな味わいのワインですよ。 私もこのワインで、いつの日か素敵な旦那様とロマンチックなディナーを楽しんでみたいなーと妄想しちゃいます。

ワイン部2年目みきです!カリフォルニアの名門ワイナリー「ベリンジャー」から新発売されるワインをご紹介します。サッポロビールと偶然同じ年1876年に創業されたベリンジャーから、4アイテムが新登場。ブドウ品種も産地も様々だから、いろんな料理に合わせられますよ。

ワイン部2年目みきです。美味しいワインを飲みながら景品が必ず!もらえちゃう、とってもうれしいキャンペーンの応募締切が間近です。ポリフェノールや有機酸をとって日々の生活をより健やかにしながら、美味しい国産厳選おつまみをゲットできるこのキャンペーン。応募マークを集めてくださっている皆様は、締め切り前に忘れずご応募下さいね!

ボルドー!そしてシャトーワイン!お値段が高そうで自分には手が届きません!と思っているワイン2年生必見です。 ボルドーのワインメーカー、コーディア社の9アイテムが新発売。気軽に品質が確かなボルドーのワインとシャトーワインを試して世界を広げてみましょう♪

おいしいワインを飲んだあと、ボトルの底になにやら沈殿物が溜まっていることがありますよね。よく分からないけれど、なんとなく飲んではいけないような気がして口に入れないようにしている方が多いのではないでしょうか? 今回は、ワインボトルに入っている沈殿物の正体と、なるべくグラスに入れずに飲む方法を紹介していきます。

ワインボトルの絵を描いてみてください。と言われたら、栓の部分をどんな風に描きますか? 多くの方が描くのがやっぱりコルク栓ですよね!しかし、実際のワインボトルを見てみると、意外にもコルクだけに限らず、様々な栓やキャップが使われています。 ここでは、ワインに使われている栓の種類についてご紹介します。

おいしいスパークリングワインといえば、高級なイメージのあるシャンパン!という方も多いでしょう。でもシャンパンって、高くてなかなか手がでませんよね。 普段から楽しめる上質なスパークリングワインを探しているのなら、スペインのカバがおすすめです。ここでは、スペインのスパークリングワイン、カバについて紹介します。

ヴィンテージという言葉の響きから、「古いもの」「高級なもの」というイメージをもたれがちなワインのヴィンテージという表現。しかし実際の意味は異なることをご存知ですか。 今回は、おいしいワインを選ぶ時に欠かせないヴィンテージについて紹介します。

今春4月10日に、サッポロビールから発売されたばかりのフランスワイン「ドメーヌ・デュ・タリケ」。ワイナリーのオーナーであるアルミンとレミー兄弟が来日し、なんとワイン部2年目のみきが直接お話を聞くチャンスに恵まれました!おふたりともとても優しくて笑顔が素敵でドキドキしてしまいました。 ガスコーニュの革命児とうたわれる「ドメーヌ・デュ・タリケ」は歴史ある家族経営の醸造所。フランスの白ワインの歴史を変えた生産者としてたいへん有名で “ 奇跡の白ワイン専門メーカー ”とも言われているんです。 現在は5代目のおふたりがタリケを引き継ぎ、フレッシュでアロマティックな白ワインを生産しています。今回は、そんな彼らのヒストリーやタリケのワインの魅力、特長などについてお伺いします!

ドイツで開かれた世界最大のワイン展示会「PROWEIN(プロヴァイン)」に日本ワインで唯一、グランポレールが出品されました! ワイン部2年目みきが現地からリポートします!