ワインオープナー | あなたにとっておきのワインの情報をサッポロビールがお伝え

オシャレな人はロゼワインを選ぶ。そんな噂を聞きつけ、「UNITED ARROWS LTD. WINE CLUB」(以下、UAワイン部)のメンバーに突撃取材。ファッション業界の方々から見た、“ロゼワインの魅力”をたっぷりと語っていただきました。後編ではロゼワインの楽しみ方、ロゼスプリッツァーの可能性、UAワイン部とロゼワインの関係性などについてお届けします!

今回は9月21日に再発売した「グランポレール 余市ケルナー スパークリング2020」をご紹介します。 北海道余市で育てられたケルナー種を使用した微発泡のワインです。売れ行き好調の中、原料不足の為に惜しまれつつ約10年間休売していましたが、満を持して、2020年ヴィンテージを数量限定発売します!

「日本でも人気の国のひとつ、イタリア。イタリアワインの第一人者である林茂さんとイタリア食文化の魅力をシリーズでお伝えしていきます。第2弾は、イタリアンの巨匠「アクアパッツァ(ACQUA PAZZA)」の日髙良実シェフが登場。イタリアでの思い出やイタリア料理へのこだわり、おすすめのペアリングメニューをご紹介いただきました」

なかなか旅行に行くことが難しい今日この頃ですが、こんなときはネット上で海外旅行を楽しみませんか?今回はスペインの“マルケス・デ・リスカル”のワイナリーと美食の街サン・セバスチャンを巡るオンラインツアーをご紹介します!

「テタンジェの新しい企画がスタートしたようです。365Annversariesってどういう意味でしょうか。輸入元のサッポロビール ワイン&スピリッツ事業部のテタンジェブランド担当者にさっそく聞いてみました。」

ワインオープナーワインオープナーとは

ワインオープナーのコンセプトは、「集まれ!ワイン2年生☆」
ワインに興味はあるけれども、自信がなくて一歩踏み出せない。
そんなワイン2年生のあなたの背中を押す情報サイトです。
サッポロビールが、美味しくて、知れば知るほど面白いワインの世界をご案内します。

KNOWLEDGE知識

世界屈指のワイン生産量を誇り、「ワイン王国」としても知られているイタリア。地中海性気候で雨が少なく温暖な気候に恵まれており、ワインの生産に必要な条件が整っている国のひとつです。 国内のほぼ全地域でワインが生産されているため、ワインの種類が豊富なことも特長です。南北に細長い形をしていて、地域によって気候の特長も異なることから、栽培されているブドウの品種も異なります。 そのため、地方によって違った味わいのワインを楽しむことができるのです。 イタリアワインをもっと楽しむために、特長やおさえておくべき銘柄をチェックしておきませんか?

ボルドーワインを堪能するのであれば、産地ごとの特長や違いを知り、料理とのマリアージュについての知識を知っておくのもおすすめです。今回は、ボルドーワインの歴史や産地など、ワインについての造詣を深めるうえで役立つ情報をたっぷりお届けします。 海を越え、遠いフランスの地に思いを馳せながら、おいしいボルドーワインを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ワインといえば、フランスやイタリアをはじめとしたヨーロッパの国をイメージする方も多いのではないでしょうか。チリやカリフォルニアなどをイメージする方もいるかもしれませんね。 しかし実は、日本でもおいしいワインが造られていることをご存知でしょうか。近年はその評価も高まってきており、そのおいしさは世界でも評判となっています。 今回は日本ワインの魅力についてご紹介します!

HOW TO ENJOY楽しみ方

ワインを飲みたいけれど、おつまみをどう選んだら良いのかわからない。そんな悩みを抱えていませんか? ワインは合わせるおつまみで味の印象が変わるため、ワインの長所を最大限に引き出すためにはベストマッチのおつまみを選ぶことが大切です。 この記事では、ワインとのマリアージュが楽しめるおつまみを紹介します。コンビニやスーパーで手軽に手に入るものから簡単に作れるレシピまで紹介しますので、ぜひお試しください。

人気急上昇のスパークリングワイン。見た目だけでいえば、発泡性があるのでシャンパーニュと同じに見えますね。違いはどこにあるのでしょうか。スパークリングワインをより一層楽しめるように、シャンパーニュとの違いやその魅力についてご紹介していきます。

赤ワインはストレートで飲むのもおいしいですが、カクテルにすると、また違った味わいが楽しめます。今回は赤ワインを使ったワインカクテルのレシピを紹介します。赤ワイン好きな方も、苦手な方も楽しめるカクテルレシピなので、ぜひお試しください。

BRANDブランド

サッポロが日本ワインの魅力をお届けするプレミアムなシリーズ、「グランポレール」。北海道余市町の広大かつ優美な自然に育まれた環境の中でワイン用ブドウの栽培を行っているのが、「弘津ヴィンヤード」です。 今回は、余市産グランポレールを支える余市のワイン用ブドウの栽培家、弘津ヴィンヤードの2代目 弘津雄一氏にインタビューを行い、余市産ブドウで造られたワインのおいしさの秘密に迫りました。

フランスの有名なワイン産地といえば、二大産地とうたわれるブルゴーニュとボルドーです。この2地域に負けず高品質のワインを生産し続けている地域があることをご存知でしょうか。 ブルゴーニュとボルドーに加えて、覚えておきたい産地の1つがローヌです。ここでは、ローヌを代表する名門ワイナリー【M.シャプティエ】について紹介します。

フランスのワイン新興地であるガスコーニュ地方に、革命児ともいわれるワイナリー、ドメーヌ・タリケがあります。もともとはアルマニャックという蒸留酒を造っていたのですが、ワイン造りにも乗り出し、今では世界中のワイン愛好家から絶大な評価を得るワイナリーとして知られています。今回はドメーヌ・タリケの歴史と、代表的なワインをご紹介いたします。

NEWSイベント・ニュース

オシャレな人はロゼワインを選ぶ。そんな噂を聞きつけ、「UNITED ARROWS LTD. WINE CLUB」(以下、UAワイン部)のメンバーに突撃取材。ファッション業界の方々から見た、“ロゼワインの魅力”をたっぷりと語っていただきました。後編ではロゼワインの楽しみ方、ロゼスプリッツァーの可能性、UAワイン部とロゼワインの関係性などについてお届けします!

今回は9月21日に再発売した「グランポレール 余市ケルナー スパークリング2020」をご紹介します。 北海道余市で育てられたケルナー種を使用した微発泡のワインです。売れ行き好調の中、原料不足の為に惜しまれつつ約10年間休売していましたが、満を持して、2020年ヴィンテージを数量限定発売します!

「日本でも人気の国のひとつ、イタリア。イタリアワインの第一人者である林茂さんとイタリア食文化の魅力をシリーズでお伝えしていきます。第2弾は、イタリアンの巨匠「アクアパッツァ(ACQUA PAZZA)」の日髙良実シェフが登場。イタリアでの思い出やイタリア料理へのこだわり、おすすめのペアリングメニューをご紹介いただきました」

ROSEWINEロゼ

辛口のロゼワインを「スプリッツァー」にしたら美味しくてオシャレになる!?ワインオープナーでは「#やってみロゼ!」というテーマで、ロゼワインの可能性をさまざま探求しています。今回は、「ロゼスプリッツァー」とそのアレンジを検証。今回もオンライン飲み会で実践です!

「辛口のロゼワインはどんな料理とも相性抜群!」って本当なの?ワインオープナーでは「#やってみロゼ!」というテーマでロゼワインと様々な料理との相性を検証しています。今回はクリスマス編。もうじきやってくるクリスマスに向けて、ロゼワインとフライドチキン&ケーキの相性をオンライン飲み会で実践してみました!

「辛口のロゼワインはどんな料理とも相性抜群!」って本当なの?ワインオープナーでは「#やってみロゼ!」というテーマでロゼワインとさまざまな料理との相性をシリーズで検証しています。第四回目は「ロゼ×中華料理」編。今回もオンライン飲み会で実践しました!

RECIPEレシピ

こんにちは!ワイン部のワーママなつです!梅雨が明けて本格的な夏が到来しましたね。この時期は、食欲が落ちても気軽に食べられるそうめんが夏の風物詩となっているでしょう。 そうめんといえば、めんつゆで食べるのが一般的だと思われますが、ごまダレ、トマトソース、レモンやすだちなどの柑橘系の果汁など、さまざまな味付けによってアレンジを楽しめるメニューなんですよ! 今回は、そうめんを使ったバリエーション豊かなレシピ2品と、そうめんとのマリアージュを楽しめるおすすめの白ワインをピックアップしました。 家族みんなでそうめんを楽しみながら、ママは白ワインで一息ついてみませんか?

こんにちは!ワイン部のワーママなつです!夏の暑さも本格的なシーズンを迎えました。体調管理に気を付けて、元気に乗り切りたいですね。 今回は、うなぎを使った料理のレシピ2品と、うなぎとのマリアージュを楽しめるおすすめの赤ワインについて紹介します。

こんにちは!ワイン部のワーママなつです!蒸し暑い梅雨の季節が到来ですね。じめっとして空気が重たいせいか、なんとなく体も重たく感じて憂鬱な気分の日も多くなります。おいしいものを食べて、少しでも軽やかに過ごしたいものですね。今回はバーニャカウダとおいしい白ワインを紹介します。 雨が少ない地中海地方のバーニャカウダを軽やかな白ワインと合わせて、重々しい季節を一緒に乗り切りましょう。

INTERVIEWインタビュー

余市産のワインは、北海道余市町で生産されているワインの総称です。余市は北海道の中でも比較的温暖な気候をしており、多くの果樹が栽培されている地域でもあります。ブドウも育ちやすく、品質の高いワインが生産されています。 余市で主に栽培されているブドウの品種は、ケルナーやツヴァイゲルトレーベです。 今回は、そんな余市産ブドウで造られたワインの特長と魅力について、ソムリエの大越基裕さんに語っていただきました。

ソムリエ、ワインテイスターとして活躍する大越基裕さんをアンバサダーに迎えたサッポロビールのプレミアム日本ワイン「グランポレール」。“全国各地の郷土料理とグランポレールのペアリング”をテーマにした、ユニークな企画をスタートさせました。第一弾は大越さんの故郷でもある、「北海道編」。北海道の郷土料理とグランポレールのペアリングについて、さらに郷土料理とのペアリングの魅力や今後について大越さんに語っていただきました。

サッポロビールの若手ソムリエ社員がおすすめする「私の1本」。今回選ばれたおすすめのワインは、世界で愛されるシャンパーニュ・メゾン、テタンジェのプレスティージュ ロゼです。ベテランソムリエである、おぎさんからも解説します。